【シリーズ第二弾 出版しました!!】

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は二つ下をご覧ください。>

みなさまにお知らせです。3月27日に、シリーズ第二弾「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~その後の邪馬台国から日本国誕生まで」を出版しました。

昨年8月に、「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~神話の世界から邪馬台国まで」を初出版いたしました。読まれた方々から、
「今までもやもやしていた日本古代史が、よく理解できた」
「多くの図表があり、とてもわかりやすかった。」
「邪馬台国の位置が、どうして今まで結論が出ていないのか、不思議。」
など、多くの感想をいただきました。この場を借りまして、深く御礼申し挙げます。

さてそれでは、邪馬台国はその後どうなったのでしょうか?。そして、大和朝廷との関係は?・・・。
学校の歴史の授業でも、そのあたりはさらっと流したのではないでしょうか。

その問いに答えたのが、今回の本です。

他にも、
・なぜ金印「漢倭奴国王」は、福岡県の志賀島で発見されたのか?
・倭の五王とは、本当は誰だったのか?
・日本国はいつどのように誕生したのか?
など、さまざまな疑問について、科学的に解き明かしていきます。



詳しい内容はこちらから・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【訪問ありがとうございます!】初めて訪問くださった方へ

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は、下にあります。>

訪問ありがとうございます。このブログは、様々な資料をもとに、日本古代史の真のすがたを解き明かしていくブログです。全体として、ひとつの読み物になってます。初めて訪問された方にわかりやすいよう、これまでの流れをまとめました。

【これまでの流れ】
日本の神話から始まり、中国史書、朝鮮史書を一通り読みながら、日本人(弥生人)の源流である倭人がどこからやってきて、邪馬台(壹)国、そして大和朝廷となったのかを、ひとつの壮大な仮説として導いてきました。その仮説のストーリーとは・・・

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(3) ~ 縄文土器から弥生土器、土師器、須恵器への変遷

前回、縄文土器と弥生土器の決定的な違いが、製作方法であることをお話ししました。具体的には、縄文土器が、地面上、掘った穴から、直接焼く「野焼き」であるのに対し、縄文土器は、草や土で覆って焼く「覆い焼き」であるということです。


さて、縄文土器から弥生土器は、そのように変遷を遂げていくわけですが、もう少し詳しく見ていきましょう。


縄文末期の土器として、「突帯文(とつたいもん)土器」があります。”直口縁をもつ煮沸用土器の口縁部や胴部に突帯を貼り付けて めぐらせる文様を主文様とする土器”で、その名のとおり、口縁部や肩部に突帯(とったい)と呼ばれる粘土の帯を貼り付けた特徴をもつ土器です。


九州北部で言えば、「夜臼(ゆうす)式土器」があたります。「夜臼式土器」とは、福岡県糟谷(かすや)郡新宮町の夜臼遺跡から出土した土器です。そして、それが弥生土器である「板付(いたづけ)式土器」へ変遷していきます。

「板付式土器」とは、福岡市博多区にある板付遺跡から出土した土器です。板付遺跡は、佐賀県唐津市の菜畑(なばた)遺跡に次ぐ、日本で二番目に古い水稲耕作跡があった遺跡です。また最初期の環濠集落があったことでも知られてます。

<夜臼式土器(右)と板付式土器(左)>

夜臼・板付式土器 


(福岡市埋蔵文化財センターHPより)

”煮沸用の土器、甕の口縁部と胴部に刻目のある突帯文をめぐらすタイプ(正面右)は、夜臼式(ゆうすしき)とよばれる。ゆるく外反する口縁端部に刻目を加えるタイプは、板付式土器とよばれ、両者は、縄文時代から弥生時代へ移行する過渡期において共存することが確認されている。”

とあります。

ここで注目すべきは、夜臼式土器から板付式土器は、急激に変化したのではなく、並行して使用されていた、という点です。夜臼式土器は、板付式土器より古いタイプですから、縄文系の人々が使用していたことになります。一方、板付式土器は、弥生系の人々が使用していたわけです。

二つの土器が併存していたということは、”縄文系の人々と弥生系の人々が、共存していた”ことになります。つまり、新しい文明(弥生土器)が入ってきた際、ただちに古い文明(縄文土器)を破壊・消滅させるのではなく、ゆるやかに移行していったということです。このあたりに、縄文時代→弥生時代への移行の特徴が表れていると言えます。

板付式土器ののち、九州北部においては、掘ノ越式→須玖式→高三潴式→下大隈式→西新式を経て、よく知られている土師器となります。土師器あたりから、古墳時代(3世紀中頃?~)にはいります。

一方、畿内では、まったく別の分類(編年)をしています。夜臼式の時代は、船橋式、板付式の時代が第一様式、以下第Ⅵ様式まであり、これが下大隈式の時代です。古墳時代に入り、よく知られている庄内式→布留式へとなります。庄内式・布留式は、また纏向1式~5式と分かれます。

<庄内式土器>

庄内式土器(豊中市) 

(大阪府豊中市HPより)

”底の形が尖りぎみで、底にも煤(すす)がべっとりと付いています。これは煮炊きをする時に、土器を台のようなものに載せて浮かし、土器の真下で火を炊いたことを示しています。弥生時代の平底から古墳時代の丸底へという、移り変わりの中間の特徴を示しています。
庄内式の甕は、弥生時代後期の伝統的な甕のつくり方の上に、ケズリや底を丸くするといった新たなわざを取り入れてできました。そのわざとは、当時最も発達した土器文化をもった吉備地方(現在の岡山県)からもたらされたものでした。庄内式の甕は、当時としては最先端の土器だったのです。
土器を薄くし、真下から火をあてることで、より早く煮ることができる…。この炊事時間の短縮という変化は、単に生活文化の変化というにとどまらず、それを必要とした社会の要請があったことを示しています。”(大阪府豊中市HPより)

庄内式土器2 

                                                          (大阪府豊中市HPより)




厚さが非常に薄い(なかには2~3mmのものもある)という技術の進歩もさることながら、その技が吉備地方(岡山県)からもたらされたというところに注目です。吉備と言えば、神武天皇が九州から東征した際の中間居留地であり、また「桃太郎」の伝説地でもあります。巨大古墳があることでも知られていますね。つまり、吉備は当時、畿内をもしのぐ巨大な支配勢力があった可能性があるということです。


<布留式土器>


布留式土器

(天理参考館HPより)

布留式土器は、奈良県天理市の布留遺跡から出土した土器です。布留遺跡は、初期大和王権の軍事を担った物部氏が本拠を置いた集落遺跡と言われています。初期大和政権の拠点とされる纏向遺跡の北方にあり、東側には、物部氏が古くから祭祀を司った石上神社があります。玉工房や武器工房との関連を示す遺物や渡来人とのかかわりを示す遺物も多数出土しており、布留式土器がどのように伝わったかについて、ヒントがあると思われます。

庄内土器、布留土器などの土師器ののち、須恵器の時代となります。
須恵器とは、
”日本で古墳時代から平安時代まで生産された陶質土器(炻器)である。土師器までの土器が日本列島固有の特徴(紐状の粘土を積み上げる)を色濃く残しているのに対し、須恵器は全く異なる技術(ろくろ技術)を用い、登窯と呼ばれる地下式・半地下式の窯を用いて還元炎により焼いて製作された。考古学的には、須恵器の出現は古墳時代中期、5世紀中頃とされる。日本列島で最古の窯は大阪府堺市大庭寺窯跡であるが、最初に須恵器生産が始まった場所(窯跡)として大阪府堺市南部、和泉市、大阪狭山市、岸和田市、にまたがる丘陵地帯に分布する陶邑窯跡群、福岡県の小隈・山隈・八並窯跡群が知られている。これらの系譜は、いずれも伽耶系である。”(Wikipediaより)

とあります。土師器までと違い、ろくろを使い窯で焼くという当時としては画期的な製法です。最初に須恵器生産が始まった場所として、大阪府の陶邑(すえむら)窯跡群が有名ですが、福岡県にも当初期の窯跡群があります。いずれも朝鮮半島南部の伽耶系であることは、ポイントですね。
 
<日下部遺跡(兵庫県神戸市)から出土した飛鳥時代の甕>
須恵器 


(兵庫県立考古博物館蔵、Wikipediaより)

以上、一通り、土器の変遷をみてきました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(2) ~ 縄文土器と弥生土器は何が違う?

前回、一口に縄文土器、弥生土器と言っても、外見だけからは、その違いは一般人にはよくわからない、という話をしました。

では、縄文土器と弥生土器は、具体的にどのように違うのでしょうか?。ここで整理します。

■形
縄文土器は、口が広くて底が深い形(深鉢形(ふかばちがた))が多いといわれますが、壺型や注口型(上写真)、浅鉢、香炉形、高杯、、皿形など様々な形があります。
弥生土器は、壷・甕(かめ)・鉢、皿を台の上に載せた形状の高坏(たかつき)などの簡素な形をしたものが多いです。

■模様
縄文土器は、名前の通り、縄を押し付けてつける縄目の模様がありますが、縄文を使わないものもあります。
弥生土器は、シンプルなデザインが多くなりました。

■製作方法
どちらも紐作りで作成します。紐作りとは、ひも状に伸ばした粘土を積み上げていく技法のことです。
縄文土器は、窯を使わない平らな地面あるいは凹地の中で、やや低温(600℃~800℃)の酸化焼成します(野焼き)。そのため赤褐色系で、比較的軟質です。
弥生土器は、藁や土をかぶせる焼成法でした(覆い焼き)。これが窯の役目を果たし、焼成温度が一定に保たれて縄文土器にくらべて、良好な焼き上がりを実現できました。縄文土器と比べて、明るく褐色で、薄くて堅くなってます。

■使用目的
どちらも、食料資源の調理・加工・盛り付け・貯蔵、祭祀目的で使用されたようです。弥生時代に特徴的なものといえば、九州北部の墓で多くみられる甕棺としての利用でしょう。

<弥生土器>

弥生土器 高松市 
(高松市HPより)

この写真をご覧になればわかるとおり、縄文土器と同じような形のものも多いわけです。他にも、縄文土器、弥生土器とも似たような特徴をもっており、明確な差がはっきりしません。

もちろん、専門家から見れば、いろいろあるのでしょうが、正直一般人からみて、よくわからないと感じます。

その要因は、「弥生土器」の定義があいまいだからではないでしょうか?

「弥生土器」とは、
” 縄文土器のあとに続き ,古墳時代の土師器 (はじき) や須恵器より古い土器。弥生時代を通じて製作,使用され た。”(「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」より)
とあります。

以上のとおり、”弥生時代に作られた土器”としかないわけです。その弥生時代すら時代が数百年遡るなどの議論が出ており、弥生時代の定義があいまいになってます。

その弥生時代ですが、
”日本において縄文時代に続く時代で,弥生土器が使用された時代。”(同上より)
です。

ようは、
「弥生土器とは、弥生時代につくられた土器」
であり、
「弥生時代とは、弥生土器がつくられた時代」
としています。

これは、数学的に見ると、不思議な定義です。お互いにお互いを定義し合ってますね。議論があやふやになるのも頷けます。

最近、日本における水耕稲作の時期が、従来より数百年さかのぼり、紀元前1000年頃とする説が発表されました。

こうしたことから、最近は、

”弥生時代の開始時期=水耕稲作が開始された時期”

となってきてます。
そうなると、

”弥生土器=水耕稲作の時代に作られた土器”

となります。だいぶ、すっきりしてきました。

とはいえ、当時の人々が、”今日から弥生時代になった。今までの土器作り(縄文土器)をやめて、新しい土器(弥生土器)を作ろう。”などと考えて、日本国中、突然弥生土器を作り始めたなどということが起こりうるはずがありません。

弥生時代に入り、弥生土器を作り始めた人々がいた一方で、頑なに縄文土器を作り続けた人々が多数いたはずです。むしろ初めは、そのような人々の方が多かったはずです。そうなると、その土器は、何と呼ぶのか、という問題が出てきます。

ようするに、肝心の土器の実態としての定義がないと、このような混乱が起こるわけです。もう少し、科学的に明確化する必要があると考えます。


では、二つの土器の決定的な違いとは何か、です。

もちろん、弥生土器は、水耕稲作用に作られた土器とも言えますが、祭祀などに使用される場合もあったわけですから、そうとも言い切れません。形、模様、、使用法による分類など
は、先にみてきたとおり、たいへんわかりにくいです。私は、もっとも特徴的なことは、製作法の違いにあるのではないか、と考えます。

つまり、縄文土器が「野焼き」なのに対して、弥生土器は藁や土をかぶせる「覆い焼き」です。その違いこそ、薄手で硬質な品質を可能にしたわけです。まさに、技術革新、イノベーションですね。

<覆い焼きの窯作成の様子>
弥生土器(覆い焼き) 
(秋田県秋田市HPより)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村











テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること (1) ~ 縄文土器の素晴らしさ

前回まで、銅鐸の分布などから、古代日本列島における権力移動をみてきました。そこからわかることは、明らかに、”「西→東」への移動があった”、ということです。そしてその結果は、史書や遺跡、科学的データとも一致しています。

では次に、土器についてみていきましょう。

土器の発明は、私たちの祖先の生活に画期的な変化をもたらしました。それまでの大型動物などを捕獲して食糧とするスタイルから、植物採集による食糧自給が可能となり、生活が安定しました。土器により、生では食べられないどんぐりや山菜を、柔らかくしたりアクを抜いたりするために砕いたり煮込んだりして加工することができるようになり、また貯蔵ができるようになったからです。

縄文土器が世界最古級であることは、前にお話ししました。青森県の大平山元Ⅰ(おおだいやまもといち)遺跡から出土した土器片が、16500年前と判定され、当時は世界最古とされました。その後中国において、20000年前とされる土器が出土したとの報告がありました。その真偽について論争はあるようですが、少なくとも、日本の土器が世界最古級であることは、間違いありません。


縄文土器は、弥生時代(紀元前5世紀頃)になるまで、14000年間もの長い間にわたり、日本各地で作られました。

北は北海道、南は沖縄諸島まで広い地域で、長い期間にわたり作られたため、様々な形のものがあります。

縄文時代を通じて派生した型式数は数え切れない程だが、それらを整理して様式としてまとめると70程度とされる。さらに時間軸でまとめると6期に区分され(後述)、時代を通じて概ね継続する地域文化圏ないし領域が日本列島全域で7~9あったようである。

草創期:約16,000年前~(ただし、縄文文化的な型式の変遷が定着するのは草創期後半から)
早期:約11,000年前~
前期:約7,200年前~
中期:約5,500年前~
後期:約4,700年前~
晩期:約3,400年前~(ただし、晩期から弥生時代への移行の様相は地域によって相当に異なる)”
(Wikipediaより)


”前期中頃までは煮沸用の深鉢が唯一の基本となるが,前期後半から浅鉢などの形式が加わり,さらに中期以降,晩期には注口土器,皿,壺など器種が豊富になる。”(「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」より)

縄文土器というと、真っ先に、「火焔(かえん)型土器」を思い出します。あの生命力がみなぎっているような豪快なデザインの土器ですが、縄文土器と言っても、すべてあのような形をしているわけではありません。素人からみると、一見して、弥生土器と間違えてしまうような縄文土器も多数あります。

<火焔型土器(深鉢形土器) 、縄文中期 伝新潟県長岡市関原町馬高遺跡出土>

 火焔土器 
 (東京国立博物館蔵)

<丸底深鉢形土器、 縄文草創期 横浜市都筑区花見山遺跡出土>

縄文土器深鉢  
(東京国立博物館蔵)

<人形装飾付壺形土器、 縄文後期 青森県弘前市十腰内出土 >

縄文土器壺  
( 東京国立博物館蔵)

縄文土器というと、特徴あるものとして、「亀ヶ岡式土器」があります・

”亀ヶ岡式土器(かめがおかしきどき)は、亀ヶ岡遺跡(青森県つがる市)の土器を基準とする東北地方の縄文時代晩期の土器の総称。亀ヶ岡式文化(かめがおかしきぶんか)は、今から約3000年ほど前に始まり、紀元前3-4世紀に終末を迎えた。亀ヶ岡式土器の大きな特徴は、様々な器形に多様で複雑怪奇な文様が描かれ、赤色塗料が塗布されている点である。西日本でもみられる土器だが出土は限られている。”(Wikipediaより)

<注口土器、 縄文晩期 青森県つがる市亀ヶ岡遺跡出土>
亀ヶ岡土器
(ギメ美術館蔵)

なかでも「遮光器土偶(しゃこうきどぐう)」は、世界的に有名ですね。

<遮光器土偶>
遮光器土偶  
(東京国立博物館蔵)

土偶は、女性をかたどっており、安産などの祈願に使用されたのではないかと考えられてます。こうしたことから、縄文時代は、女性崇拝文化だったのではないか、さらには女系社会だったのではないか、との説が出てくるわけです。

そのテーマは別の機会に譲るとして、今年に入り、ビッグニュースが飛び込んできました。

亀ヶ岡土器が、亀ヶ岡遺跡から約2000km離れた沖縄県北谷町の平安山原B遺跡から出土したのです。

”縄文時代晩期(約3100~2400年前)の東北地方を代表する「亀ケ岡式土器」と一致する特徴を持つ、沖縄県北谷町で出土した土器片について、調査した弘前大は19日、「西日本で作られた可能性が高い」と発表した。沖縄まで亀ケ岡文化が伝わったことが分かり、当時の交流を示す手掛かりとなるとしている。
土器の模様が、北陸や関東で作られた亀ケ岡系土器に似ているため、「北陸や関東に住んでいた人が、西日本へ移動し製作したのではないか」と同大の関根達人教授(考古学)は推定。”(河北新報オンライン、2017年5月20日)



亀ヶ岡土器、沖縄1 


亀ヶ岡土器、沖縄2 

(「河北新報オンライン、2017年5月20日」より)

縄文人が日本列島において広く移動し、交流していたことを裏付ける発表であり、興味深いところです。

以上、縄文土器が、外観だけみても、非常に多様性に富んでいることが、理解いただけたと思います。
また、日本列島北から南までの広い範囲にわたり、14000年もの間、継続して作られました。これだけ一つの文化が、長い期間にわたり存続した例は、世界的にみても珍しいわけで、縄文文化の素晴らしいところだと思います。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR