【シリーズ第二弾 出版しました!!】

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は二つ下をご覧ください。>

みなさまにお知らせです。3月27日に、シリーズ第二弾「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~その後の邪馬台国から日本国誕生まで」を出版しました。

昨年8月に、「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~神話の世界から邪馬台国まで」を初出版いたしました。読まれた方々から、
「今までもやもやしていた日本古代史が、よく理解できた」
「多くの図表があり、とてもわかりやすかった。」
「邪馬台国の位置が、どうして今まで結論が出ていないのか、不思議。」
など、多くの感想をいただきました。この場を借りまして、深く御礼申し挙げます。

さてそれでは、邪馬台国はその後どうなったのでしょうか?。そして、大和朝廷との関係は?・・・。
学校の歴史の授業でも、そのあたりはさらっと流したのではないでしょうか。

その問いに答えたのが、今回の本です。

他にも、
・なぜ金印「漢倭奴国王」は、福岡県の志賀島で発見されたのか?
・倭の五王とは、本当は誰だったのか?
・日本国はいつどのように誕生したのか?
など、さまざまな疑問について、科学的に解き明かしていきます。



詳しい内容はこちらから・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【訪問ありがとうございます!】初めて訪問くださった方へ

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は、下にあります。>

訪問ありがとうございます。このブログは、様々な資料をもとに、日本古代史の真のすがたを解き明かしていくブログです。全体として、ひとつの読み物になってます。初めて訪問された方にわかりやすいよう、これまでの流れをまとめました。

【これまでの流れ】
日本の神話から始まり、中国史書、朝鮮史書を一通り読みながら、日本人(弥生人)の源流である倭人がどこからやってきて、邪馬台(壹)国、そして大和朝廷となったのかを、ひとつの壮大な仮説として導いてきました。その仮説のストーリーとは・・・

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本人は、どこからやってきたのか?(23) ~ 古代日本は最先端技術の集積地だった!!

日本出土の「磨製石器」が4万年に近い前のものであり、世界最古であること、「土器」も東アジアが起源であり、16500年前のものが日本で出土し世界最古級であること、などをお話してきました。

こんなにも古代日本において、当時の世界最先端技術とでも言うべきものが存在したのか、と驚かれた方も多いと思います。他にもないのか、もう少しみていきましょう。

たとえば、「漆(うるし)」です。

”長江河口にある河姆渡遺跡で発掘された木弓は、放射性炭素年代測定で約7500~7400年前と確認されたことから、漆器は中国が発祥地で技術は漆木と共に大陸から日本へ伝わったと考えられていた。

北海道函館市南茅部地区から出土した漆の装飾品6点が、米国での放射性炭素年代測定により中国の漆器を大幅に遡る約9000年前の縄文時代早期前半の装飾品であると確認された。縄文時代の集落と生活様式の変遷が確認できる垣ノ島遺跡からは、赤漆を染み込ませた糸で加工された装飾品の他に、黒漆の上に赤漆を塗った漆塗りの注口土器なども発見されている。

さらに、福井県(鳥浜貝塚)で出土した漆の枝は、放射性炭素(C14)年代測定法による分析の結果、世界最古の約 12600年前のものであると確認された。更なる調査で技術的に高度な漆工芸品である「赤色漆の櫛」も出土、この他に、木製品、丸木船、縄、編物、その加工に用いられた工具なども相次いで出土しており、漆工芸品も含めた木材加工の関連品が発見されている。化石証拠から縄文時代早期末以降にウルシが自生していたとされる。”(Wikipediaより)

中国最古の漆器については諸説ありますが、今のところ8000年前を遡るものは発見されてません。それを上回る9000年前の漆の装飾品が、北海道函館市の垣ノ島遺跡から出土しました。

<垣ノ島B遺跡出土の漆副葬品>

垣の島 漆1 

<同上肩当て部分>
垣の島 漆2 

さらに、福井県鳥浜貝塚から、12600年前の漆の枝が出土しました。

<鳥浜貝塚出土の漆の枝>

鳥浜貝塚 漆枝 

また、時代はやや新しくなりますが、「赤色漆の櫛」も出土しました。

<鳥浜貝塚出土の赤色漆の櫛>

鳥浜貝塚 漆塗り櫛(表)(掲示)

(福井県報道発表資料、平成28年3月8日より)

この漆塗技術について、「「福井県史」通史編1」において、以下の見解が示されてます。
”従来、漆塗りの技術は大陸から伝播したとなかば信じられてきたようであるが、鳥浜貝塚とよく比較される中国浙江省の河姆渡遺跡では、赤色漆の木製の椀が出土している。その年代については、放射性炭素による年代測定で、今から約六二〇〇年前とされている。浙江省は福井県と友好関係にあり、漆の古さにおいても、その技術についても、歴史的に深いつながりがあったことになる。これまでの諸先学の研究成果でも、かならずしも中国大陸が漆文化の発祥の地とは断定し難いようである。中国河姆渡遺跡の漆と鳥浜貝塚のそれとは、同じような古さであり、さらに両者の技術の内容を比較しても、種類といい赤色漆・黒漆の使用といい、鳥浜貝塚の方が多彩で内容の濃い漆文化があったといえるからである。話は大きくなるが、漆文化をはじめ栽培植物の問題などから、縄文文化も東アジアのなかでお互いの文化交流の足跡がみえてくるようである。”

同年代の中国浙江省の河姆渡遺跡と深い交流があり、むしろ鳥浜貝塚のほうが技術的に上回っているのではないか、という指摘です。となると、日本で世界最古の漆の枝が出土したこと、垣の島遺跡の漆副葬品も、中国最古のものより古いことから推察すると、漆技術は、日本から中国に伝わった可能性が高いと言えます。 

ところで福井県といえば、眼鏡生産で有名な鯖江市の「越前漆」が知られています。
越前漆器の起こりは、約1500年の昔にさかのぼるといわれています。

”大和・飛鳥時代に、継体天皇が今立郡味真野の郷に来た際、冠の塗り替えを片山町の 塗師に頼んだところ、黒漆の椀も併せて献上した。その光沢の見事さに深く感銘して、大いに奨励されたことが越前漆器の始まりと伝えらる。”(Wikipediaより)

とあり、1500年の歴史があると言われます。もしかすると、12000年前から連綿と継承されてきれてきた技術かもしれませんね。

なお、「漆」というと、工芸品を連想しますが、実は古代の人々にとり、ある重要な役割を果たすものでした。それは、「漆」の強力な接着力を利用した「接着剤」としての役割です。「漆」を用いて、武器、土器などの生活用具を作ったと考えられてます。
それが時代とともに、装飾品としても利用されるようになったのでしょう。

また以前紹介しましたが、沖縄県南城(なんじょう)市のサキタリ洞(どう)遺跡で、世界最古となる2万3千年前の釣り針が見つかりました。

<出土した釣り針と未完成の釣り針(中)。(右)は素材となる巻き貝の破片>
サキタリ洞遺跡 釣り針(東京新聞) 
 
(東京新聞WEB版(2016年9月20日)より)

”県立博物館・美術館によると、貝製の釣り針は東ティモール(東南アジア)のジェリマライ遺跡でも1万6千~2万3千年前とされる先端部が出土しているが、今回見つかった釣り針は年代がより確実で保存状態もよいという。”
(朝日新聞DEGITAL,2016年9月20日)

世界最古級であることは、間違いありません。また、石鏃(せきぞく)についても、青森県大平山元(おおだいやまもと)Ⅰ遺跡から出土したものが、世界最古とされているようです。
”石鏃も世界でもっとも古いもので、これは世界で最も古い弓矢の使用を示す。”(Wikipediaより)
ちなみに大平山元遺跡は、日本最古の土器(16500年前)が発掘された遺跡です。

このように見てくると、日本列島には、古代から当時の世界の最先端とも言うべき技術があったことがわかります。整理すると、

■磨製石斧   38,000年前

■釣り針    23,000年前
■土器       16,500年前

■石鏃、弓矢 16,500年前?

■漆          12,600年前

まさに、「技術立国」と言えますね。

もちろん、これらすべてが世界最古というわけではありません。今後、世界中で発掘が進めば、これらを上回る古いものが発見される可能性はあります。また、氷河期には現代より100m以上海水面が低かったので、多くの遺跡が海底に沈んでいます。特に、日本人の故郷とでも呼ぶべき「スンダランド」は、古代において、東南アジアから台湾、黄海にいたるまで陸地でつながっており、当時人々が住んでいたと考えられる海岸沿いの地域は、現在はすべて海面下にあり、発掘できません。こうした地域に、より古い遺物が埋まっている可能性はあります。

とはいえ、少なくとも、日本で発掘されているものが世界最古級であることは間違いないでしょう。となると、こうした技術が、日本から大陸へ伝播していったことになります。当然、人の移動も伴ったことでしょう。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本人は、どこからやってきたのか?(22) ~ 世界最古の土器が語ること

「日本列島→大陸」という人の移動はなかったのか?、というテーマで、世界最古とされる3万数千年前の「磨製石斧」が、日本列島で多数発掘されていること、それと併せて「海上の道」があったのではないか?、さらに「貝の道」とでも言うべきルートを使い、台湾・琉球諸島の人々が、古代中国の殷・周王朝へ運んでいた、という話をしてきました。

だいぶ話が広がったので、話を戻します。

まず皆さんに質問です。

はるか昔から世界中で「土器」が使用されてきたわけですが、「世界最古の土器」は、どこで発掘されたものでしょうか?。

かつて私などは、何となくメソポタミア文明かなあ?、と思っていました。なんといっても世界四大文明の一つですから。ところが、地域最古の土器は、南アジア、西アジア、アフリカが約9千年前、ヨーロッパが約8500年前といったところです。もちろん、これだけでもかなり古いのですが・・・。

ところがです。ここ
日本の「縄文土器」は、それをはるかに上回り古い土器が、次々と発掘されています。

日本最古の土器は、大平山元Ⅰ(おおだいやまもといち)遺跡から出土したものです。大平山元Ⅰ遺跡は、”青森県外ケ浜町にある縄文草創期の遺跡で、縄文土器に付着した炭化物のAMS法による放射性炭素年代測定法[2]の算定で16,500年前(暦年較正年代法による)とされる。 ”(Wikipediaより)。ちなみに、”同遺跡から出土した石鏃も世界でもっとも古いもので、これは世界で最も古い弓矢の使用を示す。”(同上)とあり、これも興味深いです。


太平山本I_土器破片

(Wikipediaより)

少し前までは、この大平山元Ⅰ遺跡から出土した土器が世界最古とされていましたが、最近、中国で最古とされる土器が発見されました。

”世界最古となる約2万年前の土器片を、中国・江西省の洞窟遺跡で発見したと、北京大や米国などの研究チームが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。これまで日本を含む東アジア各地で見つかっていた、最古級の土器より2千~3千年古いという。洞窟からは280個以上の土器の破片が出土。多くに焦げた跡があり、チームは「現生人類の祖先が、料理に使ったのではないか」と推測している。 チームは、破片が見つかった地層を詳しく調べ、地層に含まれる動物の骨や炭などの炭素を解析。古い地層は氷河期とされる1万9千~2万年前と結論付けた。”(日本経済新聞WEB版、2012年6月29日付)


また、ロシアのグロマトゥーハ遺跡などでは、約1万5千年前と考えられる土器が見つかっています。

中国の発見については、土器の付着物ではなく地層の分析であることから、疑問の声もあるようですが、それはさておき、今のところ日本を含めた東アジアのものが世界最古であることは、間違いありません。しかも、南アジア、西アジア、アフリカの約9千年前、ヨーロッパの約8500年前に比べて、けた違いに古いですね。

となると、ここで疑問が浮かびます。

「そもそも土器は、東アジアで発明され、西に伝播したのではなかろうか?」

この疑問に対して、小山修三氏(元吹田市立博物館館長、国立民族学博物館名誉教授)の、興味深いコラムがありますので、紹介します。
「小山センセイの縄文徒然草 第10回 土器の起源:年代と拡散 (小山修三)」(「JOMON FAN」(青森県企画政策部 世界文化遺産登録推進室運営サイト)より)

要約すると、”総合地球環境学研究所のプロジェクトで、土器の始まりと拡散について、P.ジョーダン氏が発表した。氏は、各地の古いC14年代を高さとみなし、等高線を引いた地図を描き出している。それによると、東アジアからユーラシア大陸を横切って中東、ヨーロッパへと土器が伝播していった道筋があらわれる。”
ジョーダン氏作成図面です。


土器伝播

やや見にくいですが、色が薄い(白~黄色)ほど土器の使用が早く、濃くなるに従って(赤~紺色)土器の使用が新しくなります。東アジアの色が薄い、すなわち時代が古いことがわかります。特に日本、ロシア極東、中国東方が、古いですね。その一方、西のヨーロッパの色が濃く、時代が新しいことがわかります。

この地図を自然に解釈すれば、”土器は東アジアで発明され、次第に西に伝播していった”、となります。

もうひとつ注目すべきことがあります。


”最近北アフリカで1万年前後の土器遺跡が続々と見つかっていることだった。時間的、空間的に、これを東アジアと関係付けることは無理なので、アフリカでも土器文化が発生していたと考えざるをえない。”

確かに、地図をみるとアフリカに色の薄い地域が見えますね。そこでは時代の古い土器が発見されてることを示しています。またそのエリアは、東アジアから伝播していったエリアとは、隔絶されています。このことから、土器の発明は東アジアであり、それが西に伝播していった一方で、それとは別に、アフリカでは独自に土器が発明された、ということになります。


いずれにしろ、日本の土器文明が世界最古級であることは間違いありません。そして日本を含む東アジアから土器が西に伝播したのであれば、人もまた「東アジア→西」へ移動した可能性が高いと考えられます。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ




テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本人は、どこからやってきたのか?(21) ~ 「倭人」は東アジアの交易を担っていた!? 

前回は、台湾周辺を含めた琉球諸島から中国周王朝へ、キイロダカラガイを「貝の道」で運んでいた、という話でした。この話を聞くと、あの中国史書「論衡(ろんこう)」に記載されている有名な文章を思い出します。

の時代、天下は太平で、倭人がやって来て暢草(ちょうそう)を献じた。”(異虚篇第一八)

成王(せいおう)の時代、越常(えっしょう)を献じて、倭人暢草を献じた。”(恢国篇第五八)

「暢(鬯)草」ですが、「鬯」とは「にほいざけ」で、くろきびで作った酒、神に供える酒だ、と言います。そして
「鬯草」とは、その神酒にひたす、香りのいい草のことですが、具体的によくわかっていません。
そして問題は、この「倭人」です。この「倭人」が誰を指しているのか、もわかっていません。わかってませんが、「倭人」が周王朝(紀元前1046年頃~紀元前256年)に「暢草」を朝貢したのは確かです。
ちなみに「越常」とは、今のベトナム付近に住んでいた人々と考えられてます。その「越常」と「倭人」が、対比して描かれているわけです。このことから、周王朝は、「越常」と「倭人」を、同列とみなしていたことがわかります。

「暢草」を、日本列島に自生するウコンだとして、日本列島に住んでいる「倭人」が、周王朝に朝貢したのだ、とする説もあります。確かに、沖縄は日本におけるウコンの主要生産地です。もっとも、日本にウコンが伝わった経緯は、「平安時代に中国から琉球に伝わった」とされてるようです(「ウコンについて(食品成分有効性評価及び健康影響評価プロジェクト解説集)」(永田 純一 (国立健康・栄養研究所 食品機能研究部)より)。そうなると、「暢草」=「ウコン」説は成立しませんね。

一方、前に「論衡(ろんこう)」についてお話したときに、張莉氏(元同志社女子大学准教授)の論文から、

”暢(ちょう)は鬯艸(ちょうそう)のことであり、「鬯」と同意の「鬱」について、説文解字五下に
「一に曰く、 鬱鬯は百艸の華、遠方鬱人の貢ぎする所の芳艸なり。これを合醸 して、以って神を降ろす。 鬱は今の鬱林郡なり。」とある。
 鬱林郡は今の広西省桂平県に当たり、「鬯」の産地が中国南方にあったことが知られ、「論衡」の 鬯艸 とつながる。「三国志」魏書倭人条の中には、 鬯草の記録はない。周王朝に鬯草を献上した倭人のことは著者陳寿も必ず知っていたはずで鬯草が日本産であるならば、1988文字の長文で書かれた倭人条内に特産物としてそのことが記されないはずがない。したがって「論衡」の倭人とは、中国南部に定住していた越族の中の倭人を指すと思われる。”
(「「倭」「倭人」について」より)
という考え方を紹介しました。
詳細は、
「論衡(ろんこう)の中の倭人 ~ 倭人が周王朝に献じたものとは?」(No.51)  
を参照ください。

確かに、「三国志魏志倭人伝」には、「ウコン」の記載はありません。それほど貴重なものであり、特産品として古代から中国王朝に献じていたものであるならば、当然記載されるべきものです。このように考えると、張莉氏の説のほうが、説得力があると思われます。つまり、「周王朝に朝貢したのは、中国南部に定住していた越族の中の倭人である。」ということです。

中国南部の越族の中の倭人が、「暢草」をどのルートで周王朝まで運んだのかはわかりません。しかしながら、鬱林郡が海の近くにあったことを考えると、海岸沿いに舟で運んだ可能性もあります。そのルートは、前回お話した「貝の道」とも重なってきます。となると彼らは、台湾・琉球諸島から、周王朝にキイロダカラガイを運んだ人々と同じ「海洋民族」であった可能性が大です。

前に、「倭人」について、弥生時代に日本列島にやってきた「渡来系弥生人」と定義しました。「縄文人」と区別するために便宜上、そのように定義したわけですが、もう少し広くとらえて、”「倭人」とは、中国南部から揚子江下流域、台湾、琉球諸島にかけて住んでいた「海洋民族」の総称である。”としてもいいかもしれません。

そしてもしかすると、「倭人」は、当時の日本列島にも九州をはじめとした地域に住んでいたかもしれません。何せ、当時の日本の人々は、海洋民族が多かったわけですから・・・。

となると、”「倭人」の住んでいた領域は、私たちの考えるよりはるかに広大なエリアであった”ということになります。その「倭人」が、中国をはじめとした東アジア圏の海洋交易を担っていた可能性があります。なんとも壮大な話になりますね。

<倭人の活動範囲イメージ>
倭人活動領域

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR