【シリーズ第二弾 出版しました!!】

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は二つ下をご覧ください。>

みなさまにお知らせです。3月27日に、シリーズ第二弾「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~その後の邪馬台国から日本国誕生まで」を出版しました。

昨年8月に、「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史の謎~神話の世界から邪馬台国まで」を初出版いたしました。読まれた方々から、
「今までもやもやしていた日本古代史が、よく理解できた」
「多くの図表があり、とてもわかりやすかった。」
「邪馬台国の位置が、どうして今まで結論が出ていないのか、不思議。」
など、多くの感想をいただきました。この場を借りまして、深く御礼申し挙げます。

さてそれでは、邪馬台国はその後どうなったのでしょうか?。そして、大和朝廷との関係は?・・・。
学校の歴史の授業でも、そのあたりはさらっと流したのではないでしょうか。

その問いに答えたのが、今回の本です。

他にも、
・なぜ金印「漢倭奴国王」は、福岡県の志賀島で発見されたのか?
・倭の五王とは、本当は誰だったのか?
・日本国はいつどのように誕生したのか?
など、さまざまな疑問について、科学的に解き明かしていきます。



詳しい内容はこちらから・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【訪問ありがとうございます!】初めて訪問くださった方へ

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は、下にあります。>

訪問ありがとうございます。このブログは、様々な資料をもとに、日本古代史の真のすがたを解き明かしていくブログです。全体として、ひとつの読み物になってます。初めて訪問された方にわかりやすいよう、これまでの流れをまとめました。

【これまでの流れ】
日本の神話から始まり、中国史書、朝鮮史書を一通り読みながら、日本人(弥生人)の源流である倭人がどこからやってきて、邪馬台(壹)国、そして大和朝廷となったのかを、ひとつの壮大な仮説として導いてきました。その仮説のストーリーとは・・・

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (5) ~ 最古の銅鐸が出土した場所とは?

論文では、外縁付鈕式銅鐸からの解析でした。なぜかと言えば、最古の菱環鈕式銅鐸については、出土数が少なく、統計的に解釈できないからです。菱環鈕式銅鐸は、これまで出土地がわかっているもので、銅鐸そのものが7個、鋳型が2個出土しています。


<銅鐸>

a.島根県出雲市斐川町神庭 荒神谷遺跡

b.兵庫県姫路市夢前町神種字西川

c.兵庫県洲本市中川原町清水二ツ石
    兵庫県南あわじ市

d.岐阜県大垣町十六町

e.福井県坂井市春江町井向島田

f.三重県鈴鹿市高岡町東ノ岡 高岡遺跡


<銅鐸鋳型>

g.京都府向日市鶏冠井石橋 鶏冠井遺跡

h.愛知県名古屋市西区中沼町 朝日遺跡第14次調査


出土地を地図に落としました。


<菱環鈕式銅鐸・銅鐸鋳型分布図>

菱環鈕式銅鐸


ご覧のとおり、畿内には鋳型が一つしか出土してません。しかも、京都府(g)です。あとは、広い地域に分散していることがわかります。


このなかで最古のものはどれなのかについては、簡単には断定できません。この点について、春成秀爾氏(はるなりひでじ、国立歴史民俗博物館名誉教授)が、詳細な検討をしています。(「弥生農耕の起源と東アジアー炭素年代測定による高精度編年体系の構築」)

一部を要約しますと、
愛知県名古屋市の朝日遺跡から出土した銅鐸鋳型(h)は、最古級であるが、島根県荒神谷遺跡から出土した神庭5号銅鐸(a)の文様と共通する。ただし朝日遺跡の鋳型は、神庭5号銅鐸の文様構成よりも、簡略化されているので、新しいと考えられる。一方、兵庫県洲本市中川原出土の中川原銅鐸(c)の文様構成は、朝日銅鐸の鋳型よりもさらに簡略化が進んでいる。以上から、神庭5号銅鐸(a)→朝日遺跡銅鐸鋳型(h)→中川原銅鐸(c)の順に変遷したと考えられる。”

とされてます。時期も紀元前4世紀中頃~後半としましたが、畿内との関係など、わからない点も問題提起されました。

そして、その後、画期的な発見がありました。

朝日銅鐸鋳型に刻まれている文様と同様の文様をもつ木製の杵が発見されたのです。

その場所はと言えば、何と意外にも、石川県小松市の八日市地方遺跡から発見されたのです。

<八日市地方遺跡出土の杵>

八日市地方遺跡 


このことから、、”銅鐸を作る技術も材料も、日本にはなかった。二つの遺跡の出土品から、材料と技術をもった人が朝鮮から濃尾平野にやってきて、北陸の集団もかかわり生み出したーとの仮説を春成さんは描き出した。”(以上「朝日新聞WEB版、2008年4月6日」より)

さて、皆さんは、この仮説について、どう考えますか。

「銅鐸材料と技術をもった人々が朝鮮から濃尾平野にやったきた」というのは、わかりますが、はたして朝鮮から他の地域を飛び越して、直接濃尾平野に来るものでしょうか?。

もちろんその可能性もありますが、普通に考えれば、”日本列島のどこかに上陸して、少しずつ移動して、最終的に濃尾平野に住み着いた。”となるのではないでしょうか?。

そしてそのルートとして考えられるのは、
1.朝鮮半島(あるいは中国本土)から、瀬戸内海を通過し、畿内を通り、濃尾平野に到着。
2.対馬海流に乗り、日本海側から上陸し、濃尾平野に到着
です。

1の場合は、その途上に、最古の銅鐸が出ている兵庫県の淡路島があります。
2の場合は、その途上に、同じく最古の銅鐸が出ている島根県荒神谷遺跡、福井県坂井市春江町があります。福井県坂井市春江町は、上で紹介した石川県小松市の八日市地方遺跡の近くですね。

このように考えると、伝播ルートとしては、
山陰地方(島根)or北陸地方(福井、石川)or瀬戸内海沿岸(淡路島)  ⇒ 濃尾平野
の可能性が高くなります。

ちなみに、先にもお話ししましたが、2015年6月に淡路島から出土した銅鐸が、島根県荒神谷遺跡出土の銅鐸と同笵(どうはん、同じ鋳型)であることが話題となりました。このことから出雲と淡路島の強い結びつきが、推定されます。となると、
島根→淡路島→畿内→濃尾平野
という伝播ルートの可能性が高いかもしれません。

↓ご購読賜れば、幸いです。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (4) ~ 銅鐸分布からわかること②

前回の続きです。

5.突線鈕式(とっせんちゅうしき)銅鐸の密度分布(下図11~15)
”全体の分布域は、前段階からわずかに東へ移行する程度でほとんど変わらないが、密度分布に大きな変動がある。すなわち、畿内地域と、これまで明確な集中を見せなかった三河・遠江地域において、密度分布の高まりを形成する(図11)。
(1)突線鈕式(1・2式)
畿内地域から近江地域を中心に密度分布の高まりが形成される(図12)。これは、大岩山遺跡出土25個中の9個によるもので、畿内地域の少なさとも相まって、北に偏った密度分布となっている。また、吉備地域などにやや集中傾向が残るなど、迷走派流水文銅鐸群との対応もみられ、後半段階への過渡的様相を示している。
(2)突線鈕式(3から5式)
畿内・近江地域に加え、むしろより高密度の地域として、三河・遠江地域が登場し、さらに、紀伊地域あるいは阿波・土佐地域に集中傾向が認められる(図13)。”

<解説>
さらに時代が新しくなるにつれ、東へ移動して、三河・遠江地域まで広がります。図で見る限り、最終的には、三河・遠江地域のほうが、密度分布が高いですね。



銅鐸分布3 
銅鐸分布4 
”この段階は、近畿式と三遠式という銅鐸群に2分され、それぞれの密度分布を別々に示した。
・近畿式
畿内・近江地域・紀伊地域、そして三河・遠江地域という3箇所に密度分布の高まりが見出せる(図14)。
・三遠式
一部で日本海沿岸まで分布を広げるものの、尾張・三河・遠江地域集中し、その他は密度分布の高まりを見せない(図15)。しかも、その三遠式の分布の中心は、近畿式の密度分布の高まりに一致する。決して、三遠式が単独で排他的に分布圏を形成していないのである。”

<解説>
突線鈕式の最終段階において、近畿式と三遠式に分けて、分析してます。三遠式については、近畿式との関連を強調してますが、図を見る限りにおいて、三遠式(図15の○)は独立して存在しており、そこまで言い切れるのかなという気はします・・・。



銅鐸分布5

↓ご購読賜れば、幸いです。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

銅鐸にみる「西→東」への権力移動 (3) ~ 銅鐸の分布からわかること

前回は、銅鐸の形式についてお話ししました。今回は、それらの銅鐸が、日本全土でどのように分布しているのかをみていきます。

銅鐸の分布というと、昔歴史の授業で習った、「銅鐸圏」、「銅矛圏」の話を思い出します。銅鐸、銅矛の分布には地域的に大きな偏りがあり、畿内を中心とする「銅鐸圏」と、九州北部を中心とする「銅矛圏」に分けられる、というものです。

その後、「銅矛圏」内とされてきた島根県の荒神谷遺跡と加茂岩倉遺跡で多くの銅鐸が発見され、また佐賀県吉野ヶ里遺跡でも銅鐸が発見されるなど、かつての説は成立しなくなりました。

ただし、青銅器による分布が大まかな傾向を示しているのは間違いなく、教科書でも下のような図が使われているようです。


銅鐸分布
上の図は、あくまで全体の傾向であり、時間の変遷を考慮していないので、それらがどのような推移をしたのかが、よくわかりません。そこで、銅鐸の各形式がどのように分布し、どのようは盛衰をしたのかを追いかけます。出典は、引き続き、「弥生銅鐸のGIS解析ー密度分布と埋納地からの可視領域ー」(吉田広、増田浩太、山口欧志)および「銅鐸分布考」(WEB版)です。

最も古い菱環鈕式銅鐸は、出土地が明確なものが少ないため、密度分布図は作成されていません。次の外縁付鈕式からです。

1.外縁付鈕1式銅鐸の密度分布(下の図5)
 中四国地方東部から東海地方の広範囲に、銅鐸分布の広がりが確認できる。なかでも、密度分布の高まりを、特に出雲地方に認められるが、これは加茂岩倉遺跡出土39個中の19個によるものである。他地域出土銅鐸とも同笵関係(同じ鋳型で製作されたもの)もあるが、同笵関係の結節点はむしろ畿内地域に集まり、出雲地域を分布の中心地、あるいは進んで製作地とまでみなす必要はない。他方、出雲地域ほどではないが、畿内地域と尾張地域にも密度分布の高まりが認められる。”

<解説>
出雲地方の密度分布が高いのは、島根県加茂岩倉遺跡から多くの銅鐸が発掘されたからわかるのですが、図5を見る限り、”同笵関係の結節点が畿内に集まっている”とは言えないのではないでしょうか?。福井県(越の国)出土銅鐸にしても、図6では、出雲銅鐸と同笵関係にあるわけですから。
さらに、2015年に淡路島にて発見された銅鐸が、加茂岩倉遺跡のほか、同じく島根県荒神谷遺跡出土との銅鐸と同笵関係にあることがわかっています。となると、やはり分布は、出雲を中心に考えるべきではないでしょうか?。むろん、淡路島との関係も見逃せませんね。


2.外縁付鈕2式銅鐸の密度分布(下の図6)
”分布全体の広がりは、前段階とほとんどかわらない。出雲地域については前段階と同様に説明できるが、この段階から畿内地域の密度分布が高まる。銅鐸群としての型式学的まとまりが成立し、それに応じた銅鐸製作地が畿内地域の南北に想定されるのもこの段階からであり、畿内地域での製作・流通が、密度分布にも対応した格好である。
同笵関係の結節点も、やはり畿内地域を中心とし、因幡地方や讃岐・阿波地域などで密度分布の高まりを認められるが、同笵関係において、いずれも畿内地域との連関を示す。”

<解説>
出雲地方から畿内に中心が移っていく様子が、見てとれます。一方、鳥取県東部(因幡地方)や、四国北東部(阿波・讃岐地方)、また数は少ないものの福井県(越の国)との関係も、注目ですね。



銅鐸分布1 


ようは、図5、図6を単純にみると、出雲地方から東へと移行していると言えます。


3.扁平鈕1式銅鐸の密度分布(下図7)
”全体分布が、わずかながらも東西に拡大する。加茂岩倉の余波により出雲地域にまだ高密度を残すが、基本的に畿内地域を中心に高密度分布域を形成する。しかし、前段階と異なり、紀伊地域から阿波・讃岐地域、そして吉備地域へと同様の高密度地域が続く。製品での分布密度は高くないが、播磨地域において鋳型出土があり、畿内地域以外での製作が確実に存在する。製品の密度分布における畿内地域以外の高まりも、銅鐸製作地拡散による可能性が想定できる。実際、同笵関係も前段階とは大きく変動し、同笵関係自体が減少し、しかも畿内地域を外れた連関を示している。”

<解説>
畿内への移行とともに、阿波・讃岐に続き、紀伊・吉備に広がってます。


4.扁平鈕2式銅鐸の密度分布(下図8~10)
”点数自体が最大になるとともに、全体分布がさらに拡大し、銅鐸分布のほぼ最大範囲となる。密度分布は、前段階よりやや後退して、畿内地域への集中が再び強まったようにも見える。しかし、阿波・讃岐地域になお高密度地域が舌状に広がる(図8)。これを、亀山や名東といった特徴的な銅鐸群別で見てみると、畿内地域よりも東四国地域に中心をおくことがある(図9・10)。前段階の製作地拡散を考慮し、鋳型出土は欠くものの、密度分布には明確に表れない特徴的な銅鐸群も存在し、畿内地域以外での製作が強く想定される。”

畿内への集中が再び強まっているように見えますが、亀山・名東といった特徴的な銅鐸が東四国に集中してます。この地域に、畿内とは一線を画す巨大勢力があったことを推測させますね。

銅鐸分布2 

銅鐸分布3 



↓ご購読賜れば、幸いです。



最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村






テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR