日本人は、どこからやってきたのか?(22) ~ 世界最古の土器が語ること

「日本列島→大陸」という人の移動はなかったのか?、というテーマで、世界最古とされる3万数千年前の「磨製石斧」が、日本列島で多数発掘されていること、それと併せて「海上の道」があったのではないか?、さらに「貝の道」とでも言うべきルートを使い、台湾・琉球諸島の人々が、古代中国の殷・周王朝へ運んでいた、という話をしてきました。

だいぶ話が広がったので、話を戻します。

まず皆さんに質問です。

はるか昔から世界中で「土器」が使用されてきたわけですが、「世界最古の土器」は、どこで発掘されたものでしょうか?。

かつて私などは、何となくメソポタミア文明かなあ?、と思っていました。なんといっても世界四大文明の一つですから。ところが、地域最古の土器は、南アジア、西アジア、アフリカが約9千年前、ヨーロッパが約8500年前といったところです。もちろん、これだけでもかなり古いのですが・・・。

ところがです。ここ
日本の「縄文土器」は、それをはるかに上回り古い土器が、次々と発掘されています。

日本最古の土器は、大平山元Ⅰ(おおだいやまもといち)遺跡から出土したものです。大平山元Ⅰ遺跡は、”青森県外ケ浜町にある縄文草創期の遺跡で、縄文土器に付着した炭化物のAMS法による放射性炭素年代測定法[2]の算定で16,500年前(暦年較正年代法による)とされる。 ”(Wikipediaより)。ちなみに、”同遺跡から出土した石鏃も世界でもっとも古いもので、これは世界で最も古い弓矢の使用を示す。”(同上)とあり、これも興味深いです。


太平山本I_土器破片

(Wikipediaより)

少し前までは、この大平山元Ⅰ遺跡から出土した土器が世界最古とされていましたが、最近、中国で最古とされる土器が発見されました。

”世界最古となる約2万年前の土器片を、中国・江西省の洞窟遺跡で発見したと、北京大や米国などの研究チームが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。これまで日本を含む東アジア各地で見つかっていた、最古級の土器より2千~3千年古いという。洞窟からは280個以上の土器の破片が出土。多くに焦げた跡があり、チームは「現生人類の祖先が、料理に使ったのではないか」と推測している。 チームは、破片が見つかった地層を詳しく調べ、地層に含まれる動物の骨や炭などの炭素を解析。古い地層は氷河期とされる1万9千~2万年前と結論付けた。”(日本経済新聞WEB版、2012年6月29日付)


また、ロシアのグロマトゥーハ遺跡などでは、約1万5千年前と考えられる土器が見つかっています。

中国の発見については、土器の付着物ではなく地層の分析であることから、疑問の声もあるようですが、それはさておき、今のところ日本を含めた東アジアのものが世界最古であることは、間違いありません。しかも、南アジア、西アジア、アフリカの約9千年前、ヨーロッパの約8500年前に比べて、けた違いに古いですね。

となると、ここで疑問が浮かびます。

「そもそも土器は、東アジアで発明され、西に伝播したのではなかろうか?」

この疑問に対して、小山修三氏(元吹田市立博物館館長、国立民族学博物館名誉教授)の、興味深いコラムがありますので、紹介します。
「小山センセイの縄文徒然草 第10回 土器の起源:年代と拡散 (小山修三)」(「JOMON FAN」(青森県企画政策部 世界文化遺産登録推進室運営サイト)より)

要約すると、”総合地球環境学研究所のプロジェクトで、土器の始まりと拡散について、P.ジョーダン氏が発表した。氏は、各地の古いC14年代を高さとみなし、等高線を引いた地図を描き出している。それによると、東アジアからユーラシア大陸を横切って中東、ヨーロッパへと土器が伝播していった道筋があらわれる。”
ジョーダン氏作成図面です。


土器伝播

やや見にくいですが、色が薄い(白~黄色)ほど土器の使用が早く、濃くなるに従って(赤~紺色)土器の使用が新しくなります。東アジアの色が薄い、すなわち時代が古いことがわかります。特に日本、ロシア極東、中国東方が、古いですね。その一方、西のヨーロッパの色が濃く、時代が新しいことがわかります。

この地図を自然に解釈すれば、”土器は東アジアで発明され、次第に西に伝播していった”、となります。

もうひとつ注目すべきことがあります。


”最近北アフリカで1万年前後の土器遺跡が続々と見つかっていることだった。時間的、空間的に、これを東アジアと関係付けることは無理なので、アフリカでも土器文化が発生していたと考えざるをえない。”

確かに、地図をみるとアフリカに色の薄い地域が見えますね。そこでは時代の古い土器が発見されてることを示しています。またそのエリアは、東アジアから伝播していったエリアとは、隔絶されています。このことから、土器の発明は東アジアであり、それが西に伝播していった一方で、それとは別に、アフリカでは独自に土器が発明された、ということになります。


いずれにしろ、日本の土器文明が世界最古級であることは間違いありません。そして日本を含む東アジアから土器が西に伝播したのであれば、人もまた「東アジア→西」へ移動した可能性が高いと考えられます。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

世界最古となる約2万年前の土器片を

>世界最古となる約2万年前の土器片を、中国・江西省の洞窟遺跡で発見したと、北京大や米国などの研究チームが29日付の米科学誌サイエンスに発表した。

〇今回も興味深い記事でした。
 中国の土器が一番古いというのは新しい情報でした。
 でも、そのうち、もっと古い土器が日本で見つかる感じがします。
 草々

Re: 世界最古となる約2万年前の土器片を

レインボーさま
コメントありがとうございます。

中国の土器については、疑問を呈する学者もいます。そのあたりは今後の研究発表を待ちたいですね。

日本の土器が最古だと夢は広がります。期待したいです。

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR