宋書倭国伝を読む その3(最終回) ~ 倭国が征したという東方の毛人の国々とはどこにあったのか?

宋書倭国伝の最終回です。


順帝の昇明二年(478年)に、倭王武は使者を遣わして上表文をたてまつって言った。
「わが国は遠く辺地にあって、中国の外垣となっている。昔からわが祖先は自らよろいかぶとを身に着け、山野を超え川を渡って歩きまわり、落ち着くひまもなかった。東方では毛人の五十五カ国を征服し、西方では衆夷の六十六カ国を服属させ、海を渡っては北の九十五カ国を平定した。
皇帝の徳はゆきわたり、領土は遠く広がった。代々中国をあがめて入朝するのに、毎年時節をはずしたことがない。わたくし武は、愚か者ではあるが、ありがたくも先祖の偉業を継ぎ、自分の統治下にある人々を率いはげまして、中国の天子をあがめしたがおうとし、道は百済を経由しようとて船の準備も行った。
【解説】
武は、上表文を、中国の皇帝に奉ります。中国皇帝に対し、いかに忠義を尽くしてきたかを切々と訴える気迫が、伝わってきます。
各地を征服した、とありますが、海を渡った北の国々とは、九州より北、朝鮮半島の南半分あたりの国々でしょう。
西方の衆夷の国々とは、西日本とみていいでしょう。
では、毛人の国々とは、どこにあった国々のことでしょうか。

漢字の使い方から言って、毛深い人々をイメージします。
実は、今後お話しする中国史書「旧唐書日本国伝」のなかに、
「その国界は、東西・南北それぞれ数千里、西界と南界はいずれも大海に達し、東界と北界にはそれぞれ大きな山があって、境界をつくっている。その山の向こう側が、毛深い人の住む国なのである。」
との記載があります。
西界の海は東シナ海、南界の海は太平洋のことでしょう。東界と北界の大山とは、日本アルプス を指すものと思われます。その外に毛人の国がある、というのですから、毛人の国々とは、関東以北にあった国々のことになります。実際、群馬県、栃木県を含むエリアは、毛野と呼ばれていました。
また古くは、蝦夷のことを、毛人と記していたことも、根拠になります。

それぞれの、エリアを推測しました。

倭国が征した国々

ところが高句麗は無体にも、百済を併呑しようと考え、国境の人民をかすめとらえ、殺害して、やめようとしない。中国へ入朝する途は高句麗のために滞ってままならず、中国に忠誠を尽くす美風を失わされた。船を進めようとしなくても、時には通じ、時には通じなかった。私武の亡き父済は、かたき高句麗が中国へ往来の路を妨害していることを憤り、弓矢を持つ兵士百万も正義の声を上げて奮い立ち、大挙して高句麗と戦おうとしたが、そのとき思いもよらず、父済と兄興を喪い、今一息でなるはずの功業も、最後のひと押しがならなかった。父と兄の喪中は、軍隊を動かさず、そのため事を起こさず、兵を休めていたので未だ高句麗に勝っていない。
【解説】
ここから、高句麗についての話題になります。倭国の友好国である百済を侵略しようとし、さらに中国への進路を妨害していると、訴えます。
似たような話が、以前出てきましたね。そうです、卑弥呼の時代、魏への使いが、公孫淵によって妨害されました。詳しくは、
「魏志倭人伝を読む その6 ~ 倭の政治 卑弥呼の使いに魏の皇帝が感動した理由は?(2015/5/16号)」
を参照ください。 

また、注目すべきは、武の父済と兄興は、高句麗との戦いで戦死した、と言っていることです。前回、一般的に、済は允恭天皇、興は安康天皇と比定されていると、お話ししました。ところか、古事記、日本書紀とも、両天皇が、高句麗との戦いで戦死したとの記載はありません。このことからも、倭の五王を、天皇に比定するのは、無理があると言わざるをえません。
そもそも、両天皇の時代に高句麗と戦ったとの記載はないし、さらに中国に対する朝貢の記載も、ないに等しいです。このことは、何を意味するのでしょうか?。


しかし、今は喪があけたので、武器をととのえ、兵士を訓練して父と兄の志を果たそうと思う。義士も勇士も、文官も武官も力を出しつくし、白刃が眼前で交叉しても、それを恐れたりはしない。もし中国の皇帝の徳をもって我らをかばい支えられるなら、この強敵高句麗を打ち破り、地方の乱をしずめて、かつての功業に見劣りすることはないだろう。かってながら自分に、開府儀同三司(かいふぎどうさんし)を帯方郡を介して任命され、部下の諸将にもみなそれぞれ官爵を郡を介して授けていただき、よって私が中国に忠節を励んでいると。」
そこで順帝は詔をくだして武を、使時節(しじせつ)・都督倭(ととくわ)新羅(しらぎ)任那(みまな)加羅(から)秦韓(しんかん)慕韓(ぼかん)六国諸軍事(りっこくしょぐんじ)・安東将軍・倭王に任命した。
【解説】
戦いにかける思いは、鬼気迫るものを感じます。そして中国皇帝が後ろ盾にいることを示すために、自らへは開府儀同三司(かいふぎどうさんし)という役職、部下へも官爵を切望します。
結果として、中国皇帝は、武に対し、使時節・都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓・六国諸軍事・安東将軍・倭王に任命します。
開府儀同三司の願いはかなわず、また 百済を入れることも認められませんでしたが、安東将軍と、大が新たに付け加えられました。半歩前進した、というところですが、武の心中は、いかばかりだったでしょうか?。
ちなみに、上表文は、中国の皇帝に宛てたものですから、当然のことながら、漢字で書かれていたことになります。つまり、この時代、日本に漢字は伝わっていたということです。卑弥呼の時代も同様だったと考えるのが、自然でしょう。

以上で、宋書倭国伝は終わりです。
次回から、時代は 200年ほど下り、隋書俀 国伝(ずいしょたいこくでん)を、取り上げます。

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ



温泉アドバイザーで最安値検索
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

宋書倭国伝を読む(その2)~倭の五王とは本当は誰だったのか?

では、倭の五王とは、具体的に誰なのでしょうか?。

学界では、さまざまな説があるものの、おおむね以下のとおり各天皇に比定しています。

は、履中(17代)、もしくは仁徳(16代)、
           もしくは応神(15代)
は、反正(18代)、もしくは仁徳(16代)
は、允恭(19代)
は、安康(20代)
は、
雄略(21代)

歴史の教科書でも習いましたよね。でもずい分と、わかりにくて覚えにくいなあ、と思いませんか?。なぜなら、同じ名前の人が、一人もいないからです。

比定した根拠を例示すると(「失われた九州王朝(古田武彦著)」より)、
・・・履中説は、履中の本名である去来穂別
    (イサホワケ)の第二音「サ」を「讃」と表記
    
した。〈松下見林説〉
  ・・・ 仁徳説の場合は、仁徳の本名である大鵜鶴
    (オホササギ)の第三、四音の「サ」(または
    「ササ」)を「讃」と表記
した。〈吉田東伍説〉
・・・反正説は、反正の本名である瑞歯別
    (ミズハワケ)の第一字「瑞」を中国側が
    まちがえて「珍」と書いてしまった。
    
〈松下見林説〉
・・・允恭の本名である雄朝津間稚子
    (ヲアサツマノワクコ)の第三字「津」を
    中国側でまちがえて「済」と書いてしまった。
    
〈松下見林説〉
  ・・・允恭の第三、四音の「津間ツマ」は「妻ツマ」
    であり、この音「サイ」が「済」と記せられた。
    
〈志水正司説〉
・・安康の本名である穴穂(アナホ)がまちがえ
    られて「興」と記せられた。
松下見林説〉
  ・・・「穂」を「興」(ホン)とあやまった。
    〈
新井白石説〉
・・・雄略の本名である大泊瀬幼武
    (オホハツセワカタケ)の第五字(最終字)
    「武」をとった
。〈松下見林説〉
などです。
最後の雄略が武というのは、なんとなくわからなくもありませんが、あとはずい分とこじつけているように思えるのは、私だけでしょうか?。

倭の五王の系譜と天皇の系譜を比較すると、下図の通りです。なお、珍と済の関係は、宋書倭国伝には書かれていないのでわかりません。しかし後に書かれた梁書倭国伝に、同様の記載があり(珍は弥と表記)済は珍(弥)の子とされてるので、そのとおりで間違いないでしょう。


倭の五王系譜

武は雄略天皇で異論がないとされているので、それを基に考えても、系譜のうえで、ぴったりとはあてはまりません。済を珍の弟とすれば、あてはめることは可能ですが、梁書倭国伝を見る限り、無理やり感は否めません。その他矛盾は多々あり、これで納得しろと言われても、はいそうですか、とはとてもじゃないが言えません。

それでは、なぜこのようなことになってしまったのでしょうか?。

答えは、シンプルです。なんのことはない、出発点が間違っているのです。つまり、始めに、「倭の五王=天皇」と決めつけ、当てはめようとしているところに、間違いがあるのです。
本来なら、倭の五王の系譜や時代を基に可能性のある系譜を探し、そこに該当者がいなければ別の系譜を探すのが、科学的アプローチでしょう。それを結論ありきで検討してますから、無理が出るのも致し方ありません。

そもそも、日本書紀には、倭の五王の話が出てきません。これだけ熱心に中国皇帝に対して官職を求め、ほぼ願いがかなったわけですから、当然誇らしげに書くでしょう。ところが、その手の話は、一切ありません。

では、具体的に誰なのか?です。

前回宋書倭国伝の倭国は、邪馬台国を系統にもつ勢力(古田武彦氏のいう九州王朝)である、という話をしました。となれば、倭の五王とは、当然その九州王朝の王ということになります。
そして九州王朝に、讃、珍、済、興、武という一字の名前をもつ王がいた、ということです。

それに対して、「九州王朝など、ほんとうにあったのか?」という疑問が湧くでしょう。
その疑問に対しては、「宋書倭国伝の倭国がどこにあったのか?。」を考える必要があります。九州にあったのであれば、九州王朝があったことになります。それがはっきりすれば、倭の五王の正体も明らかになる、ということです。
そしてそれは、今後、少しずつ、明らかになっていきます。

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ





テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

宋書倭国伝を読む その1 ~ 倭の五王が中国皇帝に求めたものとは?

今回から、宋書倭国伝に移ります。時代としては、邪馬台国より後の話ですが、邪馬台国がその後どのようになっていったのかを解明するうえで、とても重要な資料です。

宋書は、中国南朝の宋(429-479)について書かれた史書で、宋、斉、梁に仕えた沈約(441-513)が、斉の武帝に命ぜられて編纂しました。
倭国伝は、そのなかの列伝第五十七 夷蛮伝のなかにあります。


倭国は、高句麗の東南の大海の中にあって、その王は代々貢物を持って来朝した。
【解説】
倭国は代々貢物をもってやってきた、とあります。当然のことながらこの倭国とは、魏志倭人伝や後漢書にある倭と同じ系統の王朝ということでしょう。
となると邪馬台国が博多湾岸にあったのならば、倭国の首都もその近辺にあったことになります。ちなみに、古田武彦氏は、邪馬台国に続く王朝を、九州王朝と名づけてます。


宋の永初二年(421年)、高祖武帝(ぶてい)は、詔していった。
倭国の王、讃(さん)は、万里の遠きより貢物をおさめている。その遠距離をもいとわぬ誠意は、高く評価してよろしい。ゆえに官職を授ける。」と。
元嘉二年(425年)、倭王讃は、太祖文帝にまた司馬の曹達(そうたつ)を使者として遣わし、上表文を奉り、倭の産物を献上してきた。
讃が死に、その弟の珍(ちん)が後を継いだ。そして使者を派遣して貢物をたてまつった。自分で使持節(しじせつ)・都督倭(ととくわ)百済(ひゃくさい)新羅(しんら)任那(にんな)秦韓(しんかん)慕韓(ぼかん)六国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称しており、珍は上奏文をたてまつって、正式にこの官職に任命されるよう求めた。そこで、安東将軍・倭国王に任命する詔を出した。
珍はまた、自分の臣下の隋ら十三人に、平西・征慮・冠軍・輔国などの将軍号を正式に授けるよう求めてきた。文帝は詔を出して、すべて許可した。
【解説】
有名な倭の五王の話が出てきます。
倭の王珍は、使持節(しじせつ)・都督倭(ととくわ)百済新羅任那秦韓慕韓六国諸軍事・安東大将軍・倭国王という長たらしい官職名を、求めます。要は、倭のみならず、百済・新羅・任那・秦漢・慕韓合わせて六国を統治することを認めて欲しい、と要求したわけです。ちなみに、秦韓はかつての辰韓、慕韓はかつての馬韓で、この時代には併合されていました。
ところが、認められたのは、安東将軍・倭国王という官職のみ。つまり、要求は、認められなかったということです。さぞかし、がっかりしたことでしょう。


元嘉二十年(443年)、倭国王の済(せい)は、使者を派遣して貢物をたてまつった。そこでまた、安東将軍・倭国王に任命した。
元嘉二十八年(451年)、倭王済に、使持節・都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事の官職を加え、安東将軍はもとの通りとした。ならびに上奏された二十三人を将軍や郡長官に任命した。
倭王済が死に、世嗣の興(こう)が使者を遣わして貢物をたてまつった。大明六年(462年)、世祖孝武帝(こうぶてい)は詔を下して言った。
「倭王の嗣子の興は、代々重ねてきた中国への忠節を大切にし、外垣を外海につくり、中国の感化を受けて辺境を安らかにし、うやうやしく貢物をもって来朝した。興は新たにその遠い地を治める仕事を嗣いだのだから、爵号を授けて、安東将軍・倭国王とせよ。」
興が死んで、興の弟の武が倭王となった。自分で、使持節・都督倭百済新羅任那加羅秦韓慕韓七国諸軍事・安東大将軍・倭国王と称していた。
【解説】
済も、安東将軍・倭国王に任ぜられますが、ついに使持節・都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事安東将軍の官職を与えられます。まさに執念で、勝ち取った官職です。ただし、百済の代わりに、加羅となってます。つまり中国は、百済を一つの国として、認めていたということです。
済の子興に続き、弟の武が王となります。自称は、使持節・都督倭百済新羅任那加羅秦韓慕韓七国諸軍事・安東大将軍・倭国王であり、百済を加え、七国諸軍事と国が一つ増えてます。百済へのこだわりが、うかがえますね。

出てきた国は、下の地図のとおりです。

朝鮮半島・日本

では、倭の五王とは、具体的に誰のことでしょうか?。
次回、お話します。

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村

日本史 ブログランキングへ





テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR