結局邪馬台国はどこにあったの? 今までの説を整理すると・・・

ブログを始めて今回が11回目となりました。いろいろ試行錯誤しながらやってます。何かと不充分なこともあろうかと推測しますが、長い目で見ていただければ幸いです。感想などいただければ参考にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

これまでの話をまとめます。
▪️神話は、権利者がある目的をもって作っている(場合がある)。
▪️ある目的とは、自らの権力を正当化するためである。
2015/3/11
▪️神話は、ある史実を象徴的に伝えている。
2015/3/11②2015/3/22015/3/7
▪️日本の神話も、何がしかの史実があったことを示している。
▪️高天原にいた天照大神が日本上陸を企て、大国主命に国譲りを迫り、成功して孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)筑紫の日向に上陸した。
▪️初代天皇の神武天皇は、日向から東征し、大和に居を構えた。
▪️日本神話に邪馬台国や卑弥呼は出てこない。
2015/3/122015/3/18
▪️邪馬台国が出てくる最初の中国史書「魏志倭人伝」には「邪馬台国」という国名はなく、「邪馬壹国」と記載されている。
2015/3/22
▪️当時の中国は三国志の時代で、東アジア情勢は緊迫していた。
2015/3/272015/4/1

こんなところです。

それではそろそろ最大の関心事である「邪馬台国はどこにあったのか」に入っていきます。
まずは、今までの説をおさらいします。

ご存知のとおり、大きく分けて、九州説畿内説があり、九州説には博多湾岸説、山門説他、それにもともと九州にあったが畿内へ移ったとする東遷説も加わります。
それ以外にも、沖縄、愛媛、徳島、長野、石川、千葉などの他、海外でもジャワ・スマトラ、エジプトなど、あるようです。
ようはどこでもありうる的な様相を呈している、ということです。

とはいえ、九州説と畿内説が主流ですので、まとめてみます。論者としては、よく名前が出る方を挙げてます。

A.九州説
  本居宣長
  津田左右吉(九州筑後山門郡)
  白鳥庫吉、和辻哲郎、森浩一、安本美典、
  井沢元彦(東遷説)
  武光誠、古田武彦
  他

B.畿内説
  松下見林
  新井白石(後に九州筑後山門説に転じる)
  内藤湖南
  小林行雄
  他

マスコミなどでは、畿内説が優勢のような印象をうけますし、学会も同様と聞いてます。しかしながら昨今本を出版するなど精力的に発表している方は、どちらかと言うと九州説が多いと思われるのは、気のせいでしょうか?

次回から、詳しくみていきます。

参考ですが・・・
卑弥呼はいずこにいたのか?
安田靫彦画伯による二人の卑弥呼(左が九州の卑弥呼、右が大和の卑弥呼とのことです。)です。

左側-卑弥呼-1968-右側-大和のヒミコ女王-1972 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

神功皇后(卑弥呼)は政略結婚で魏に贈られた人質。
狗邪韓国経由で魏に贈られたが後に魏が黄旗を授けて傀儡として
仲哀、忍熊、弟媛の支配する正統邪馬台を滅ぼして女王となった。
確かに国中服さず反乱を起こされたのは当たり前だね?
後に黄旗は神格化され八幡神になったと思われるがいかがか?
弥生時代~古墳時代は騎馬民族時代とするべき。

結論、邪馬台国は魏の傀儡政権だった。

Re: No title

「神功皇后=卑弥呼=魏の人質」とは、奇想天外な説ですね。昔から「神功皇后=卑弥呼」説はあり、というよりも日本書紀では、あたかも「神功皇后=卑弥呼」であるかのように、記載してます。それに対しては、たとえば、年代が合わない(卑弥呼は3世紀前半、神功皇后は4世紀前半)など、説明のつかない事柄が多々あるため、私としては、ありえないと考えております。
ただし、いずれにしても、神功皇后は、日本書紀においても記載が非常に多く、各地の伝承も豊富であるなど、古代史において特異な存在です。今後取り上げる予定ですので、またコメントください。
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR