魏志倭人伝を読む その4 ~ 倭の風俗 倭人は年に二回歳をとっていた!?

倭の風俗について、続きます。

人が死ぬと棺桶には入れるが、おおげさな墓室のようなものはない。埋めてから土を盛って塚を作る。葬式では、十日ちょっと喪に服して、そのあいだは、肉も食べない。喪主は大泣きするが、まわりの連中は、酒を呑んで、歌ったり踊ったりする。埋葬が終わると、家中みなで水に入り体を洗うが、お清めをしているようである。
【解説】
人が亡くなったときの様子です。棺桶とは、当時は甕棺(かめかん)です(下の絵を参照ください。)。回りの連中は、酒を呑んでうたったり踊ったりする、とあります、今でもお通夜のときは、酒を飲んでにぎやかにするのが故人の弔いになる、という地方もあるようで、こうした風習が元になっているのかもしれません。

ちなみに当時の庶民の墓地は、このようなものでした。

吉野ヶ里歴史公園HPより
吉野ヶ里 墓地


かれらは、どこかへでかけたり、海を渡って中国へやってきたりするとき、ある一人だけを選んで、髪の手入れ、シラミをとること、衣服の洗濯、肉食、婦人に近づくことなどを禁じる。まるで、喪に服しているようである。この男を持衰(じさい)と呼んでいる。もし旅行がうまくいけば、人々は、この男に奴隷や財産を与える。しかし、病気になったり、なにかの損害を受けたりすれば、この男を殺そうとする。なにもかも、持衰の男が、身を慎まなかったせいだとするからである。
【解説】
持衰という風習は、現代の感覚からみれば野蛮だ、と思ってしまいます。しかしながら、古代では、国が治められないと、たとえそれが天候や疫病によるものだとしても、指導者の責任にされたという話が出てきます。科学が発達しておらず、他に頼るものが何もない時代ですから、致し方なかったのでしょう。


真珠、青メノウが採れる。山では辰砂(硫化水素)がでる。木では、クス、トチ、クスノキ、ボケ、クヌギ、スギ、カシ、ヤマグワ、カエデなどがある。竹では、シノダケ、ヤダケ、カズラダケがある。また、ショウガ、タチバナ、サンショウ、ミョウガなどがあるものの、調味料として使うことを知らないようだ。
オオザル、クロキジもいる。
【解説】
倭国で採れるものを記載してます。かなり詳細に記しているところをみると、現地調査団のような役目をもっていたことがわかります。


この国の風俗のことだが、何かを行ったり、何かを命令したりするときは、まず骨を焼いて、卦を立ててみる。それから吉凶を占って、その結果を告げる。この占いの方法は、中国の亀卜(きぼく)と似ている。焼いてできたヒビ割れの状態を見て、占うからである。
【解説】
亀卜とは、亀の甲羅を焼いて、そのひび割れの形で、吉凶を占うものです。古代中国の殷の時代(BC17世紀~BC11世紀)に盛んに行われました。亀の甲羅に刻まれる文字を、歴史の授業で「甲骨文字」として習いましたよね。

亀卜
亀卜 


倭人の会合、席次には、父子、男女の区別がない。人々は、生まれつき酒が好きなようである。(魏略には、「正月や暦のうえの春夏秋冬を知らない。ただ春に耕すことと、秋に収穫することを、年紀としている。」といっている。)。偉い人に敬意を表す時、どうするかというと、手を打ってから跪くのである。この国の人は、みな長生きで、百年も生きたり、八、九十年も生きたりすることがある。この国の風俗だが、偉い人は、たいてい四,五人の妻があり、庶民でも二、三人は妻を持っている。婦人は、淫らではなく、嫉妬したり、言いつけに背いたりしない。盗難、訴訟等は、あまり起こらない。もし法を犯した場合、軽い罪なら妻子を取り上げる。重い罪なら、一族を皆殺しにする。つまり親類まで、連座させられるのである。

【解説】
秩序だった社会であることがわかります。法を犯した場合、とあり、簡単な決まりのようなものがあったことを示しています。
さて、倭人の寿命について、八十歳から百歳と記載してます。今考えてもずいぶんと長命であり、「だから魏志倭人伝はいい加減だ。」という根拠の一つに挙げられています。ところが文中にある、魏略(中国古代史書)の記述を根拠にして、「当時の年齢の数え方は一年で二回歳を数えていた。」とする二倍年暦説を古田武彦氏が提唱し、一気に真実性が現実味を帯びてきました。確かに二倍年暦説だと、寿命は四十歳から五十歳になり、不自然ではありません。詳細はいずれお話しします。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR