後漢書倭伝を読む その1~ ここに歴史上初めて邪馬臺国の国名が出てくるのだが・・・

前回まで、三国志魏志倭人伝を紹介してきました。魏志倭人伝など信用できない、という意見もありますが、何せ、当時の日本の姿を詳細に記している最古の資料です。こうした史書がなければ、想像すらできなかったことが、たくさん書いてあるわけですから、有難いことです。

さて、当時の日本を記している中国史書は、時代は新しくなりますが、他にもあります。それらをじっくり読み、魏志倭人伝と同じ記載のところ、異なる記載のところなどを、比較検討していくことにより、より真実に近づいていけると、思います。

当時の日本を記している中国史書は、
・後漢書倭伝
・隋書俀国伝
・旧唐書
・新唐書
・翰苑(かんえん)
などです。

今回から、後漢書倭伝を、読んでいきます。「倭国伝(藤堂明保、竹田晃、影山輝国全訳注)」をもとに、自分なりの解釈を入れてます。

後漢書は、正式名称は後漢書東夷列伝倭条といい、宋の役人だった范曄(はんよう) により、432年に成立しました。後漢書の滅亡(220年)から200年以上経ってから成立しており、後漢のあとの時代を記述している三国志の成立が280年頃ですから、三国志より150年ほど遅れて成立したことになります。
つまり、 後漢書を書いた范曄 は、三国志を書いた陳寿のはるか後輩ということになります。
それまでにあった七、八種類の後漢書をまとめて、史記や三国志呉書の記述も取り入れ、独自の考えで書き改めたと言われてます。
つまり、范曄の解釈がかなり入っているとみなすべきであり、留意しなくてはいけません。


倭は、韓(朝鮮半島南部)に東南方の大海中にある。倭人は山の多い島に村落をつくっており、全部で百国余りある。
前漢の武帝が衛氏朝鮮(えいしちょうせん)を滅ぼしたあと、漢に使者を派遣してきたのはそのうち三十国ほどである。それらの国の首長は、それぞれ王を名乗り、王は世襲制である。その大倭王は、邪馬臺国[考えるに、邪摩惟(やまい)の訛りであろう]に住んでいる。
 
*[    ]内は、唐の章太子による注釈。
【解説】
冒頭は、魏志倭人伝の、漢の時代から交流があった、という記載とほぼ同じです。そしてつぎに大倭王のいるところとして、邪馬臺国という表記が出てきます。ここで邪馬国という国名が歴史上初めて登場します。
すでにお話ししたとおり、魏志倭人伝には、邪馬国と書かれてますが、後漢書では邪馬国となっていることから、壹は臺の書き誤りとされているわけです。
注目すべきことは、後年の唐の章太子による注釈文に、[邪摩惟(やまい)のなまり音である。]と書いている点です。つまり、邪馬臺国は、もともと「やまい」と発音されていたということです。わざわざ注釈したのは、当時から読み方について混乱があり、それをスッキリさせるために敢えて入れた、ということでしょう。そこで、はっきりと邪摩惟(やまい)と断定しているわけです。となると邪馬国という表記が、がぜん現実味を帯びてきます。
では、なぜ邪馬壹国が邪馬臺国になったのか、等々の詳しい話は、回を改めてお話しします。


後漢書東夷列伝倭条版本
後漢書東夷伝2 

楽浪郡の境界は、邪馬臺国から一万二千里離れており、また西北界の狗邪韓国(くやかんこく)から、七千里余り離れている。倭の地は、ほぼ中国の会稽郡(かいけいぐん)・東冶県(とうやけん)の東方に位置し、朱崖(しゅがい)や儋耳(たんじ)とも近い。そのため倭の制度や風習は、朱崖や儋耳と同じものが多い。
【解説】
次に邪馬台国の位置について、距離の記載は、魏志倭人伝とほぼ同じです。
問題は、つぎの会稽東冶(かいけいとうや)です。魏志倭人伝で会稽東治(かいけいとうじ)とあるのを、東冶と修正してます。
下の図のとおり、会稽東冶の東ですと、はるか南方になってしまいます。「だから魏志倭人伝は信用できない。方角がいい加減だ。」等々の話になってくるわけです。また、この記載を根拠に、邪馬台国沖縄説を唱えている方もいます。
古田武彦氏は、中国史書を徹底的に読み分析した結果、「会稽東治とは、下の図にある地域を示している。」としてます。その東がちょうど倭にあたるわけです。ただし歴史的にも事情が複雑であるため、後代の范曄が勘違いをした、としており、一理あると考えます。
范曄が勘違いなどするのか?とも思えますが、次の記載を読むと、納得します。
「朱崖(しゅがい)や儋耳(たんじ)とも近い。」とあります。これは、地図をご覧になれば一目瞭然ですが、朱崖や儋耳は、はるか南の地名であり、明らかな間違いです。魏志倭人伝では「倭の制度や風習は、朱崖や儋耳とほぼ同じである。」としか書いてありません。地理的感覚がない范曄が、思い込みで余計なことを書いた、としか言いようがありません。もっとも、范曄は、宋の役人であり、外の世界のことなど想像するしかなかったでしょうから、同情すべきことではあります。


後漢書地名2

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ











スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

おじゃまします。章太子曰く、壹と臺の違いは訛りからなんですか。三国志と後漢書の成立年代の差が約150年でも、その間に王朝が栄枯盛衰を繰り返していますから、支配する人達(民族) が替わった可能性は大ですね。当然、言葉が変化したと私は思います。以前、漢民族の周囲には50以上の民族がいたという話を、石平さんか金文学さんの著書を読んで知りました。以外なところで役に立ちましたよ。一見何の繋がりも無さそうな壹と臺、重要な鍵ですね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
「壹」と「臺」は、魏志倭人伝最大のデーマのひとつですね。他の記事でお話ししましたが、わたくしの見解は、時代とともに、使い方が変わっていったというものです。つまり、
(邪馬)倭=委=壹(い、ゐ)国 が、大倭(たいい、たいゐ)国になり、それが、邪馬臺(たい)国
と、なったと考えます。

しかしながら、これにも疑問が残ります。「臺(たい)」は、本当に「倭」「委」「壹」(い、ゐ)の訛音なのか、です。「い、ゐ」が訛ると、「臺」(たい)の音になるのか、です。中国語に関してはまったくわからないので、何とも言いようがありません。
実は、自分なりに仮説はあるのですが、それはいずれブログで取り上げたいと思います。
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR