後漢書倭伝を読む その2 ~ 日本人は古代から酒好きだった!

今回は、倭の風俗です。書かれている内容は、ほぼ魏志倭人伝と同じです。

倭の土地は、稲・麻・養蚕に適しており、倭人は糸をより、布を織ることを知っていて、絹布をつくっている。倭の地からは、白珠や青玉を産出し、山には丹がある。
気候は温暖で、冬でも夏でも野菜ができる。牛・馬・虎・豹・羊・かささぎはいない。
倭人の武器としては、矛・楯・木の弓・竹の矢などがあり、動物の骨で鏃(やじり)をつくることもある。
倭人の男は、みな顔や身体に入れ墨をしており、その模様の位置や大小で身分をつけている。倭人の男の衣服は、みな布を横にして身体につけ、針や糸を使わずに結び合わせている。女子は髪を左右に振り分け、耳の上で曲げて輪に結び、衣服は単衣のうちかけのようで、穴から顔を出して着ている。みな丹朱(たんしゅ)を身体にまぶしているが、これは中国で白粉(おしろい)をつけているようなものである。
砦(とりで)や家屋がある。家の中では父母兄弟が別々の部屋にいるが、集会などのときは、男女の別はない。
【解説】
これらの描写は、魏志倭人伝とほぼ同じです。多少の差異は、范曄が参照した元の後漢書がそうなっていたのか、あるいは当時の伝聞をもとに范曄が加えたことによるものと思われます。
ひとつ注目したいのは「集会などのときは、男女の別はない。」という記載です。魏志倭人伝にも、「会合、席次には、父子、男女の区別がない。」という記載がありました。
これを素直に読むと、厳しい身分社会ではあったが、同じ身分においては、男女間の差別はなかったのではないか、とも考えられます。これは興味深いテーマです。
古田武彦氏は、「縄文から弥生時代まで、女性を中心とした(女系)社会だった。」との説を唱えています。たしかに縄文時代を代表する土器である土偶は、大半が女性を模したものですし、卑弥呼や壹与を立てたのも、女性を崇拝する土壌があったからでしょう。そしてその伝統は、天皇制の時代になり、推古天皇や持統天皇などの女性天皇にも続いていきます。そもそも日本人の祖とされている天照大神は、女性です。
となると、女性中心と言い切れるかどうかは別として、少なくとも女性を崇拝する社会であったとは、言えるかのではないでしょうか。
これらはとても深いテーマなのですが、今回は問題提起をするにとどめます。


飲み食いするときは、箸(はし)を使わず手づかみで食べるが、竹皿や高坏(たかつき)はある。
一般にみなはだしで歩き、目上の人に対するときは、蹲踞(そんきょ)の姿勢をとって敬意を示す。倭人はみな酒を好む。
長生きの人が多く、百歳以上に達するものが、沢山いる。男と女では女の方が多い。諸国の有力者はみな妻を四、五人持ち、それ以外の者でも二、三人の妻をもっている。女性はふしだらではなく、やきもちもやかない。
また一般に、泥棒がおらず、争いごとも少ない。法を犯した者は、役人がその妻子を取り上げて奴隷にし、罪が重い者は、一族皆殺しにしてしまう。
【解説】
風俗について続きます。内容は、魏志倭人伝とほぼ同じです。
泥棒がおらず、争いごとも少ない。とあり、規律ある社会であったとあります。いっぽうで、法を犯した者には、厳罰があった、とあります。魏志倭人伝では、奴隷にされるとありますが、一族皆殺しにされる、とさらに厳しい表現となってます。
いずれにしても、こうした厳しい厳罰があったから、規律が保たれていた、という可能性はあります。
なお魏志倭人伝と同じくここにも「酒を好む」と記載されています。中国人も酒を好むわけで、あえて書いたのは、しょっちゅう目立つほど飲んでいた、ということでしょうか。
現代においても、日頃は真面目な日本人が、宴会でハメを外して騒いだり、酒の席でしか本音を言わなかったりなど、外国人の眼には不思議に映る、と言われます。
ある意味、酒を通じてコミュニケーションをとっているわけで、これを評して、ある外国の方が、「日本は酒の文化だ。」と言っているのを聞いたことがあります。
こうした文化は、古代から続いているのかもしれませんね。

ちなみに当時の酒の作り方ですが、「加熱した穀物を口でよく噛み、唾液のジアスターゼで糖化、野生酵母によって発酵させる「口噛み」という原始的な方法を用いていた」そうで、「酒を造る「醸す」は、噛むが語源とか。また、「口噛み」の作業を行うのは巫女に限られており、酒造りの仕事の原点は女性からであることがうかがえます。」とのことです。(日本酒サービス研究会、酒匠研究連合会HPより)
以上、酒にまつわる豆知識でした。

当時のものつくりは、このようなところで行われていたようです。

吉野ヶ里歴史公園HPより
吉野ヶ里 ものづくり

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

生き生きしてますね

こんにちは。いつもお世話になっております。
日々の生活のお話は、楽しいですね。祭礼と戦いに明け暮れた訳ではなく、その間には生活があって。「今で言うロハスですねー。羨ましい」とは、丹後の古墳公園の説明。

口噛み酒、よくもまぁ、発見したものだと感心します。化学的に考証すると理に叶っていたんだ!すごい!っと経験から知ることって、理科の基本だと思うんですよー。
あ、これ、実はそんなすごいことだったの?と繰り返して、学ぶ。
楽しいですね。

考証が苦手で、現地に行けば何かあるさーっと放浪しておりますが、どこを訪れてもやはり、日本っていいなぁ、と思うのです。
受験勉強では学ぶことのなかった様々な歴史を知るなんて、大人になるのも悪くないですね。

記事、とても楽しいです。次は何なのかなー?うふふ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 生き生きしてますね

つねまるさんへ
コメントありがとうございます。
歴史というと、ともすると、権力者を中心に考えてしまいます。ところが、権力者などは、ごくごくわずかの割合しか占めておらず、ほとんどは、一般庶民だったわけです。そして逆にそれら一般庶民によって、権力者も支えられていたわけです。
私も、そうした一般庶民が、何を考えながら生きていたのだろうか?と、よく考えます。
当時の生活は、今からみれば、想像もできないほど厳しかったでしょう。かといって、いつも下を向いて、暗い顔をして暮らしていたばかりではなかったのではないか。むしろ、束の間の休息の時間では、案外面白おかしく生活していたのかもしれません。
そういうことに思いを馳せるのは、ロマンがありますよね。


プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR