神話って単なる作り話なの?(1)~シュリーマンの法則

前回は、神話はある目的をもってつくられた、という話をしました。

ところで、その作られた神話は、単なる作り話なのでしょうか?。古代の人の想像のたまものなのでしょうか?
それとも何がしかの事実をもとに作られたものでしょうか?

現在の歴史の専門家の間では、「古事記」「日本書紀」など日本の史書は、古代人の創作とみなされているようです。

ここで一人の有名な人物を挙げましょう。その人の名前は、ハインリッヒ・シュリーマン(ドイツの考古学者、実業家、1822年1月6日 - 1890年12月26日)。幼少期に聞かされたギリシャ神話に登場する伝説の都市トロイアが実在すると考え、実際にそれを発掘によって実在していたものと証明しました。(WIKIPEDIAより)

Heinrich_Schliemann.jpg

それまでは、ホメロスの「イーリアス」のトロイ戦争(紀元前1200年頃?)は創作とされていましたが、長年にわたり不屈の精神で発掘活動を続け、ついに古代都市トロイアの発見に成功しました。

LION_G~1

トロイ戦争と言えば、「トロイの木馬」が、あまりにも有名ですね。
ちなみにトロイの木馬の話とは、トロイ戦争(トロイアVSギリシャ)において、攻めあぐんだギリシャが、ギリシャ兵が中に入った巨大な木馬を作ってトロイアに送り込み、敵の油断のすきにギリシャ兵が木馬から出てきて、味方兵を呼び寄せ、トロイヤ軍を破った、という伝説です。
転じて、内通者を使って巧妙に相手を陥れる罠のことを、「トロイの木馬」といいますね。

Giovanni_Domenico_Tipeolo,_Procession_of_the_Trojan_Horse_in_Troy__1773_

実際には、シュリーマンの発見した遺跡は、トロイ戦争の時代ではなく、さらに古い時代のもの(紀元前2000年以前)でありましたが、シュリーマンの業績が、画期的であったことは間違いないでしょう。

神話が史実を示している一つの事例です。

古田武彦氏は、「シュリーマンの法則」という言い方をしています。

つまり
「神話は、何らかの史実があったことを伝えている。したがって神話と考古学上の遺跡や発掘物等は一致する。」ということです

もちろん、昔の人の創造という神話も多いでしょうが、こうした視点をもって考えていくことも、意義があると思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。皆さんの応援が、励みになります。




にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

神話の価値を知らない日本人

 そんなことは日立金属 のK博士に聞けばすぐわかる。

Re: 神話の価値を知らない日本人

コメントありがとうございます。ところで、日立金属のK博士とは、どのような方なのでしようか?。本とかを出版されているのでしょうか?。

立派な歴史家だと思われます。

 たぶん玉鋼とかたたらなんかの研究もやっている方でしょう。しかし、本業は高性能な鉄鋼材料の開発なので、そこが意味深・・・。よく探すと
博士(島根大学の客員教授)のメアドあるから頑張ってみて。

Re: 立派な歴史家だと思われます。

>  たぶん玉鋼とかたたらなんかの研究もやっている方でしょう。しかし、本業は高性能な鉄鋼材料の開発なので、そこが意味深・・・。よく探すと
> 博士(島根大学の客員教授)のメアドあるから頑張ってみて。

せっかくのコメントですが、調べてみたものの名前がわかりません。表に名前が出せない方なのでしょうか?。

十神山

 私はジブリ、ラピュタ、たたら、安来、古代出雲、特殊鋼、スサノオというキーワードを聞くだけでぞくぞくしてしまいます。

Re: 十神山

コメントありがとうございます。島根は、以前は神話の国に過ぎないという認識でしたが、荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡、出雲大社巨大柱など、驚くべき発掘が続出してます。これらは、全体から見れば、ほんの一部に過ぎないと思います。
今後の新たな発見に期待したいですね。

電気製鋼の発祥の地

 ここは近代製鉄史における電気製鋼法の発祥の地でもあり、日立金属と中国電力の前身の一つの会社が、高速度鋼(高速度工具鋼;高級特殊鋼の一種)を東洋で初めて開発にせいこうしたところでもあります。

Re: 電気製鋼の発祥の地

>  ここは近代製鉄史における電気製鋼法の発祥の地でもあり、日立金属と中国電力の前身の一つの会社が、高速度鋼(高速度工具鋼;高級特殊鋼の一種)を東洋で初めて開発にせいこうしたところでもあります。

コメントありがとうございます。出雲といえば、たたら製鉄を思い浮かべます。その歴史は、神話の世界までさかのぼるとも言われていますね。いずれ日本神話も詳しくみていきたいと考えてますが、その際に、いろいろお話できればと思います。

切れ味抜群最強パンチ

 神話の話を最先端の開発者に求めるのもどうかとおもう。要点だけ述べるとしたら、最強金属は特殊鋼であり日本は世界一といっていい。この愛すべきマルテンサイト鋼がJISのおバカ分類により分断さて定義されダイス鋼の良さを見失う方向に誘導されている。

ハイテンパンチはSLD-MAGIC

 そんなことは分かっている。しかし大同のコーティング技術は恥の上塗りとしか思えん。

品質には格がある

 コティングレスでも切れ味抜群。やはり文部科学大臣とか経済産業大臣とかの名がつく発明は本格的な性能を誇るものだ。

Re: 品質には格がある

>  コティングレスでも切れ味抜群。やはり文部科学大臣とか経済産業大臣とかの名がつく発明は本格的な性能を誇るものだ。

専門外なので詳しいことはわかりませんが、日本の鉄鋼の技術は世界トップクラスということでしょう。古代からのたたら製鉄などの技術が継承されてきたからかもしれませんね。
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR