後漢書倭伝から翰苑(かんえん)までのまとめ ~ 浮かびあがってきた九州王朝の姿

ここまで、後漢書倭伝、宋書倭国伝、隋書俀(たい)国伝、旧唐書倭国伝・日本国伝、新唐書日本伝、翰苑(かんえん))を、読んできました。
日本について書かれている中国史書として、魏志倭人伝の他にもこれだけ多くの史書があることを知って、驚かれた方もいらっしゃると思います。
編纂された時代や編者の立場も異なるので、すべてぴったり、というわけにはいきませんが、中国人がとらえた日本の姿はほぼ一貫していることがわかります。


内容が膨大になってますので、ここでおさらいをしておきましょう。各史書のポイントをまとめますが、魏志倭人伝などに既出の内容は、重複しますので割愛します。
魏志倭人伝のまとめは、
「魏志倭人伝を読む まとめ ~ 邪馬台国の真の姿が見えてきた!(2015/5/28号)」
を参照ください。


【後漢書倭伝】
・前漢の武帝の頃、三十国ほどが使者を遣わしてきた。
・大倭王は邪馬臺国(邪摩惟(やまゐ)の訛りと思われる)に住んでいる。
・倭の地は、中国の会稽東冶(かいけいとうや)の東にある。
・朱崖(しゅがい)、耳(たんじ)に近く、制度・風習も同じものが多い。
・57年、倭奴(いど)国の使者が、光武帝のもとに朝貢してきた。
・倭国は南海を極めたので、倭国王に金印を賜った。
・107年、倭国王の帥升(すいしょう)が朝貢してきた。
・女王国から東、海を渡って千里に 奴(こぬ)国がある。
・会稽郡の海の彼方に東鯷 (とうてい)国がある。二十余国である。
・同じく会稽郡の海の彼方に夷州(いしゅう)、州(せんしゅう)がある。秦の始皇帝が徐福を派遣したところである。
・夷州、州の人々は、たまに会稽の市に来る。


【宋書倭国伝】
・421年、高祖武帝が倭国王讃(さん)に官職を授けた。
・425年、讃が朝貢した。
・讃の弟の珍(ちん)が後を継ぎ、朝貢した。安東将軍・倭国王に任命した。
・443年、倭国王の済(せい)が朝貢した。安東将軍・倭国王に任命した。
・451年、倭王済に、使持節・都督倭新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事の官職を加えた。
・世継ぎの興(こう)が朝貢した。
・462年、安東将軍・倭国王に任命した。
・興の弟の武(ぶ)が倭王となった。
・478年、武は上表文を奉った。
・上表文の内容は、「東方では毛人の国55国、西方では衆夷の国66国、海を渡って北の95国を征した。高句麗が百済を攻めたので、戦おうと思う。自分を開府儀同三司に任命していただきたい」
・武を、使持節・都督倭・新羅任那加羅秦韓慕韓六国諸軍事・安東大将軍・倭王に任命した。

【隋書俀(たい)国伝】
・国の境界は五か月行程、南北は三か月行程。東方は高地で西が低い。
邪靡堆(やまたい)に都を置いている。これが「魏志」の「邪馬臺(やまだい)」である。
・146-189年の頃には、戦乱があって王が定まらなかった。
・600年、俀王で姓は阿海(あま)、字は多利思北孤(たりしほこ)阿輩雞弥(あほきみ)という者が、使者を派遣してきた。
・俀国王の妻は雞弥(きみ)という。
・王の後宮には女が六、七百人いる。
・太子は、利歌弥多弗利(りかみたふり)という。
・中央官の位階に十二等級ある。
・阿蘇山という山があり、突然噴火する。
・607年、多利思北孤が朝貢してきた。国書には「日出ずる処の天子から、日没する処の天子へ」とあり、煬帝は不機嫌になった。
・608年、煬帝は使者裴世清(はいせいせい)を、俀国に派遣した。
竹斯(ちくしこく)に至り、また東に行き秦(しん)王国に着いた。秦王国の人々は、中国人と同じである。そこが夷州(いしゅう)と思われる。
・十余国を過ぎて海岸に達する。
竹斯国から東の諸国はみな俀国に属している。
・俀国王は裴世清らを迎えさせ饗応した。
・こののち往来は途絶えた。

【旧唐書倭国伝】
・倭国は古の倭奴(いど)国である。
・倭国王の姓は阿海(あま)氏で、一大率を置いて諸国を取り締まらせている。
・631年、倭国王は朝貢した。
・高表仁(こうひょうじん)を倭国に派遣したが、倭国の王子といさかいをおこした。
・648年、倭国王は新羅の使者にことづけて上表文を届けにきた。

【旧唐書日本国伝】
日本国は倭国の別種である。
・日本とつけたのは「太陽が昇るかなたにあるから」「倭国という名が雅美でないから」「日本はもと小国であったが、倭国の地を併合した」と言われる。
・唐に入朝した日本人は自慢を言い、信用のおける事実を挙げて質問に答えようとしないので、信用できない。
・703年、日本国の大臣粟田朝臣真人(あわたあそんまひと)が来朝して朝貢した。
・713-741年の初め、再び使者がやってきた。
・副使朝臣仲満(なかまろ)は朝衡(ちょうこう)と改め、日本に帰国しなかった。
・753年、また朝貢にやってきた。
・804年、使者がきた。空海らを滞在させた。
・839年、また朝貢にやってきた。

【新唐書日本伝】
・日本は古の倭奴(いど)国である。
・国王の名は阿海氏、初代の国王は天御中主(あめのみなかぬし)、彦瀲(ひこなぎさ)に至るまで三十二代、すべて尊(みこと)と呼ばれ、筑紫城に住んでいた。
・彦瀲の子の神武が立ち、あらためて天皇と呼ぶようになり、都を大和に遷した。
・650-656年の初め孝徳が即位し、年号を白雉(はくち)と改め、朝貢してきた。
・662年、蝦夷人とともに入朝してきた。
・670年、使者を遣わしてきて、唐が高句麗を平定したことを慶賀した。
・701年、国王に文武が立ち、大宝と改元した。
・日本国の東海の島々の中にがあり、は、邪古(やこ)・波邪(はや)・多尼(たに)の三つの小国の王がいる。
・国王は、神武の次の綏靖(すいぜい)から光孝(光孝、885年即位)まで続いている。

【翰苑(全訳)】
a.倭国は、山をよりどころとし、海に接したところに、国の鎮めを置き、そこを「馬臺(またい)」と称して都を建てている。
b.官職を分って任命され、女王に統率されてそれぞれ「~部」という形に分けられている。
c.卑弥呼は妖(あや)しい術によって民衆を惑わしている、とわたしたち中国人に見えるが、それはかえってこの国の民衆の心にかなっているようだ。
d.臺与(たいよ)は、まだいとけないうちに即位したが、ちょうどそのとき多くの人々の(内乱終結)への望みをかなえ、やわらげた。
e.倭人は、身体にも顔にも入れ墨をしており、さらに呉(ご)の太伯(たいはく)の子孫だと称していた。
f.隋代には、倭国の王「阿輩雞弥(あはきみ)」は、自ら天児の称を名乗って上表してきた。
g.中国の「礼」「義」や「智」「信」といった徳目によって官職名をつけ、それを倭国内の官僚組織としている。
h.倭国の都は、ななめに伊都(いと)国に直接届き、その向こうに斯馬(しま)国が連なる、という地理的位置に存在している。
i.倭国は、後漢の中元年間(光武帝の末年)に金印紫綬の栄を受け、
j.魏の景初年間にあや錦をうやうやしく献上するといったふうに、中国の天子との淵源は深い。


いかがでしょうか?。
書かれている内容に多少の齟齬はあるものの、ほぼ整合性がとれていると言えるのではないでしょうか?。
そしてここに書かれていることは、
”北部九州を中心とした領域に国々があり、それらの国々を総称して倭国と呼んだ。それらの国々を治めていたのが、博多湾岸にあった邪馬台国(九州王朝)であり、その女王が卑弥呼や壹与であった。かつて「漢委奴国王」の金印を紫綬されたのも九州王朝の王である。

九州王朝の後の王が、倭の五王と呼ばれた王であり、「日出ずる処の天子」として隋の煬帝に国書を送ったのも、九州王朝の王であり、多利思北孤(たりしほこ)、阿輩雞弥(あほきみ)である。

一方、神武も九州筑紫の出身であり、大和へ都を遷した。
倭国から日本国へと国名が変わったが、その経緯はよくわからない。”

概略こんな内容です。
ここでいまひとつはっきりしないのが、大和へ都を遷したとしている神武天皇と、九州王朝の関係です。中国側も、倭国から日本国へと国名を変えた経緯について、疑いをもっています。
どうしてそうなったかというと、日本国の使者が明確に説明しなかった、あるいはできなかったからです。ここに、大きなポイントがあると言えます。

そのあたりを解明するには、今度は日本の史書、すなわち古事記、日本書紀なども研究する必要があります。それは今後のお楽しみということになりますが、だいぶ先になりますので、気の早い読者のためにとりあえず結論を先に言ってしまいます。

九州王朝は、7世紀まで続きます。一方、畿内に進出した神武天皇は大和で基盤を築き、次世代以降次第に勢力を増していきます。ただしあくまで九州王朝の一分派の位置づけです。
白村江の戦い(663年)で敗れた九州王朝は力を失い、代わって畿内勢力が台頭、ついに701年をもって九州王朝は消滅し、大和朝廷が日本を治めることになりました。”

図で示すと、このようなイメージです。


<前>倭国領域
倭国領域 (2) 
<後>倭国から日本国へ
倭国から日本国へ

このブログを以前から読まれている方にとっては、納得しうるストーリーでしょうが、初めて読まれた方にとっては、単なるトンデモ説の一つと思われた方も多いと思います。

これから、ひとつひとつ掘り下げてお話していきたいと思いますが、その前に、そもそも九州王朝がどのようにしてできたのか、次回からはそのあたりを探っていきたいと思います。


*当ブログにおいて、著作を数多く引用させていただいている古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)が、
  去る10月14日に天寿を全うされました。謹んでご冥福をお祈りいたします。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ


温泉アドバイザーで最安値検索
国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

古田先生について

古田武彦氏の著作に初めて出会ったのは40年以上前のことです。以来20数年市民の会も含め著作を追っていましたが、18年ほど前諸事情により古代史の世界から遠ざかり、今日このブログで10月にお亡くなりになったことを知りました。存命中に古田説が認められることを願っていましたが、残念です。

Re: 古田先生について

コメントありがとうございます。
古田氏が、邪馬台国をはじめとした日本古代史に対して一石を投じ、今の古代史ブームに火をつけたことは、間違いないでしょう。
古田氏に対する評価はさまざまであり、というよりマイナスの評価が多いと思いますが、ひとつひとつに対して、膨大な資料を徹底的に読み込み、事実を積み上げ論理展開しながら真実を解き明かしていく姿勢は、鬼気迫るものがありました。
私は、古田氏の主張をすべて肯定しているわけではありませんが、学問に対する真摯な態度は、大いに評価すべきと考えます。古田説はまだまだ世に知られていませんが、思想信条にとらわれず自由闊達に議論を交わし、真実に近づこうとすることこそ、古田氏が望まれたことだと思います。そうした考えのもとこのブログも進めますので、今後ともよろしくお願いいたします。

日本書紀から現代まで

翌日にRe が書き込まれていることを知らず失礼しました。
色々勉強されているようで敬意を表します。
細かい部分では異論もありますが、大筋では全面的に賛成致します。
私自身は研究者ではなく、長年古田武彦を中心に各歴史学者の著作を追って来ただけではありますが、その中で感じて来たことは、今の政治家達のその場凌ぎのごまかし、原子力発電に関する虚偽、戦時中の大本営発表の大嘘、ほか様々な日本人特有のごまかしの遺伝子の根本は、前代の王朝の存在を抹殺した日本書紀にあると思っているのです。
エジプトや中国の歴史が数千年まである程度明らかになっているのに、日本の歴史が西暦3~7世紀のことですら曖昧なのは、九州王朝の存在を抹殺した日本書紀にあることは明白なのです。
昨今の「戦争法案反対」のうねりは、それはそれで結構なことであるが、江戸時代の本居宣長や松下見林から、維新の水戸学に発し、明治の平田篤胤らによる国粋教育、戦後弾圧されたことをもって神聖化された津田左右吉とその学徒らによって、いわゆる進歩的知識人が19世紀の遺物である実証主義をなぞり、九州王朝のものである神話を全面否定したことにより日本の古代史は闇の中に閉ざされたのだ。
今、九州王朝の存在を明らかにして、日本の歴史を再構築しなければ、新たな未来は訪れないとさえ思える。
そんな中でこうしたブログで啓蒙されている貴方のような存在は貴重だと、深く敬意を表するとともに、今後の活躍を期待したい。
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR