邪馬台国までの道程をたどる(9)~「水行10日、陸行1月」の中身はこれだ!!

前回までで、”邪馬台国までの道程と位置、また帯方郡から邪馬台国までが、距離で12000里(短里で約900km)、日数で水行10日・陸行1月であり、それが等しい”ことをお話しました。

ところで、読者の皆さんのなかには、「”距離で12000里(短里で約900km)、日数で水行10日・陸行1月であり、それが等しい”とあるが、では、実際にそれが整合しているのか?」との疑問をもたれた方も多いと思います。もう少し、掘り下げていきましょう。

改めて、おさらいをします。

1.帯方郡を船で出た一行は、韓国西北端に上陸、陸を歩き、狗邪韓(こやかん)国に到着します。ここまでで7000余里(約525km)、詳細は不明ですが、船で1000余里(75km,2~3日)、陸を歩いて6000余里(450km,20数日)ほどでしょうか。
2.狗邪韓国から、船で、対海(たいかい)国を目指し、対海国の西北端に到着します。この間、1000余里(約75km、2~3日)です。
3.対海国に上陸した一行は、島内を歴観しつつ、島の南東部へ到着。この間、800里(約60km,3日)ほど。
4.対海国南東部から乗船、島の南端まで進み、そこで一泊、翌日、一大(いちだい)国へ到着。この間、1000余里(75km,2~3日)。
5.一大国北西部から上陸、島内を歴観して、島の南西部へ到着。この間、600里(45km,2日)。
6.一大国南東部から乗船、末蘆(まつろ)国へ向かいます。。途中、馬渡島で一泊、翌日、唐津へ到着。この間、1000余里(75km,2~3日)。
7,唐津から、上陸、歩いて伊都(いと)国へ500里(37.5km,2日)。
8.伊都国から、不弥(ふみ)国へ100里(7.5km,1日)。
9.不弥国から邪馬台国へ100里未満(7.5km未満,0~1日)。

なお、魏志倭人伝には、対海国と一大国の島内歴観距離は具体的に記載されていませんが、島を正方形とした一辺の距離の2倍として計上してます。以上を表にして、整理します。

邪馬台国行程内訳

12000里のうち、水行が4000里で10日、陸行が8000里で1月すなわち30日となります。
ここから、1日あたり進んだ距離は、
・水行の場合
  4000里÷10日=400里/日=400里/日×75m/里=30,000m/日=30km/日
・陸行の場合
  8000里÷30日=267里/日=267里/日×75m/里≒20,000m/日=20km/日
ですから、妥当な速度ではないでしょうか?。

もちろん、これは目安の数字であって、たとえば帯方郡から狗邪韓国までの7000里の水行、陸行距離を変えれば、それぞれの総距離も変わりますが、おおまかなイメージは、つかめたかと思います。

ここまで、魏志倭人伝を基に、魏の一行が、邪馬台国に到着するまでの道程をたどってきました。あまりに、すんなりと解釈されているので、驚かれた方もいると思います。皆さんのなかには、「こんなに簡単に結論が出るなら、どうして長年の論争に決着がつかないのか?」と、不思議に思われたかたも多いと思います。まさにその通りなのですが、少なくとも「魏志倭人伝を素直に読むと、こうなる。」ということです。

もちろん、反論も多々あろうかと思います。ただし、実際には結論は、なかなか出にくいでしょう。なぜなら、今回は、魏志倭人伝の原文を分析していきましたが、本当に当時の中国人が、このように読んだのか、はわからないからです。たとえば、原文分析は、言ってみれば、数学の方程式を解くようなものですが、本当に当時の中国語の記載方式が、私たちの考えるような数学的な考え方にしたがっていたものなのか、はわかりません。当時の中国人にでも聞いてみないと・・・という話になってしまいます。
また、現代の日本人が、現代の常識をもって解釈するわけですから、おのずと限界もあるでしょう。当時の中国人が、今の私たちの及びもつかない考え方をしていた可能性は、充分にあります。何せ、今から1700年以上前の、文献ですから。

したがって、仮説の検証をする上では、自分たちの枠にとどまらず、巾広い観点からみていくことが必要です。そういう意味では、古代中国語研究者の、専門的見地からの意見は大いに参考にすべきでしょう。

ここで、以前のブログで紹介した張莉氏(元同志社女子大学准教授)の論文(「倭」「倭人」について)を、再度見ます。張莉氏は、古代中国の甲骨文字等の研究対象としている中国人です。「古事記」「日本書紀」などの日本の史書をさしはさまず、中国文献からのみ検証するという方法を採って、論文を書いてます。
その論文中、「翰苑」を引用しています。「翰苑」とは、660年に編纂された中国史書です。わずか、92文字の中に、日本古代史の要諦が見事に凝縮されている、たいへん貴重な文献です。

【原文】
a.憑山負海鎮馬臺以建都
b.分職命官統女王而列部
c.卑弥娥惑翻叶群情
d.臺与幼歯方諧衆望
e.文身黥面猶太伯之苗
f. 阿輩雞弥自表天児之称
g.因禮義而標秩即智信以命官
h.邪届伊都傍連斯馬
i. 中元之際紫綬之栄
j. 景初之辰恭文錦之献
 
この、hの「邪届伊都傍連斯馬」は、読み下し文は、「邪(ななめ)に伊都に届き、傍(かたわら)斯馬(しま)に連なる」です。この解釈について、張莉氏は、
”この文の主語は「邪馬臺(壹)国」を経て「俀国」に至までの一連の倭国か或いは「俀国」であり、その都は北九州の伊都に接していたことが書かれている。”
と述べています。ここで、「俀国」とは、「倭国」のことであり、ようするに、
倭国の都、邪馬台国は、伊都国に斜めの方向で接していた。”
ということです。
なお、斯馬国とは、糸島半島にあった旧斯馬郡であり、「傍ら斯馬に連なる」の「連なる」とは、「間に国がある」ことを示しているので、「向こうに斯馬国がある」との意です。
図示すると、下図の位置関係になります。

邪馬台国まで(13)
張氏の見解は、ここまでの邪馬台国の位置比定結果と、ぴったり一致しています。つまり、ここまでの仮説の正しさを、充分に後押ししてくれていると言って、いいのではないでしょうか?

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
等身大フィギュアに囲まれてセレブ体験! マダム・タッソー東京




スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

「余」

記載されている距離はどれも有効数字1桁で「余」が付いています。
この「余」が10%とすると13000里を超えてしまいます。
私も距離の計算をしてみましたが(詳細はURL参照)、伊都国までで12000里を超えちゃうんです。
この余についてはどう考えていますでしょうか?

Re: 「余」

ブログ始められたのですね。早速、拝読しました。伊都国の中に邪馬台国がある、とは面白い説ですね。
さて、質問の件ですが、確かに「余」を考慮すると、距離算定が難しくなります。ただし、それは我々現代人の目で見るからでしょう。当時は地図などなく、したがって、我々のように、地図を開いて距離を測って、などやりようもなかったわけです。
ブログにも書きましたが、特に船の場合、距離はあくまで目安であり、1日で、水行500里、陸行300里で計算する、ということでしょう。
「余」のついているのは、水行があるところですから、私は、1000余里とあれば、2〜3日かかったとしています。帯方郡から狗邪韓国までは、ブログに書いた通りです。そうすれば、今回のブログに載せた表に示したように、計算が合ってきます。

2点質問です

いつも配信有難うございます。
今回の内容でお聞きしたいことがあります。
一大国から末蘆国の途中に馬渡島に留まったとしていますが、なぜ この島なのかお教えいただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Re: 2点質問です

オンジーさん
コメントありがとうございます。お久しぶりですね。ご質問の件ですが、
> 一大国から末蘆国の途中に馬渡島に留まったとしていますが、なぜ この島なのかお教えいただきたいと思います。

2点あります。
ひとつは、一大国から千里となると、唐津あたりと考えます。そこまで1日で行けませんから、途中の中継地点という意味です。
もうひとつは、一大国から末盧国の間には、海の難所で知られる壱岐水道があります。そこを渡るために、一度途中の島に寄り、休み、潮待ちしてから、本土に上陸する、と考えました。
潮の流れを考慮して馬渡島としましたが、周辺の他の島の可能性もあります。
いすれにしろ、あくまで想定であり、全体ルートと距離感をつかんでもらえればと考え、記載しました。

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR