シリーズ第三弾を出版しました!!

<この記事は当面、この位置に掲載します。最新記事は2つ下にあります。>

9月27日に、「図でわかりやすく解き明かす 日本古代史」シリーズ第三弾を出版しました。

前二著で、日本神話の「国譲り」「天孫降臨」から、邪馬台国の誕生、倭の五王、白村江の戦い、壬申の乱を経て、日本国が誕生するまでを、科学的視点をもって解き明かしてきました。

今回は時代をぐっと遡り、「日本人はいつ、どこからやってきたのか?」というテーマです。アフリカを出てから日本列島にたどり着き、繁栄を極めるまでを、描き出します。

今まで同様、科学的視点から切り込みますが、その結果と神話との間に、不思議な関係があることもわかりました。その関係とは?

これまでのブログの内容を編集し直し、ひとつの流れとしてわかりやすくまとめました。是非、購読賜りますようお願い申しあげます。

<目次>
第一章 中国最古級資料からみた倭人の源流
第二章 一年で二回の歳を数えたという「二倍年歴」説は本当か?
第三章 日本人は、いつどこからやってきたのか?<基礎編>
第四章 日本人は、いつどこからやってきたのか?<応用編>
第五章 日本人は、いつどこからやってきたのか?<発展編>



詳しい内容はこちらです。


続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【訪問ありがとうございます!】初めて訪問くださった方へ

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は、下にあります。>

訪問ありがとうございます。このブログは、様々な資料をもとに、日本古代史の真のすがたを解き明かしていくブログです。全体として、ひとつの読み物になってます。初めて訪問された方にわかりやすいよう、これまでの流れをまとめました。

【これまでの流れ】
日本の神話から始まり、中国史書、朝鮮史書を一通り読みながら、日本人(弥生人)の源流である倭人がどこからやってきて、邪馬台(壹)国、そして大和朝廷となったのかを、ひとつの壮大な仮説として導いてきました。その仮説のストーリーとは・・・

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古墳は語る(7)~楯築墳丘墓の不思議

弥生時代後半から、墳丘を伴った墓が増えていきますが、それらを弥生墳丘墓と呼びます。

方形周溝墓、方形台状墓、円形周溝墓、円形台状墓などがあります。
方形・円形周溝墓は、墓の四周に溝を掘り主に平地に築かれ、墓の周囲の地山を削り出す台状墓は主に丘陵上に築かれました。

そして墳丘が次第に大型化していきますが、そのなかで最大の墳丘墓が、楯築(たてつき)弥生墳丘墓です。非常に特徴的であり。また示唆に富んだ墳丘墓なので、取り上げます。

場所は、岡山県倉敷市にあり、2世紀後半から3世紀前半築造とされてます。

特徴1.形状が「双方中円形墳丘墓」である。
”円形の主丘の前後両側に方形の突出部2つが接続する形式。定型化したものが前方後円墳・双方中円墳になると見られている。”
(Wikipediaより)
「双方中円形墳丘墓」とは聞きなれない言葉ですね。簡単に言えば、普通の円墳に「前方後円墳」についている突出部が2つ付いている形です。非常に珍しいもので、弥生時代からありますが、古墳としては、香川県高松市の猫塚古墳や奈良県天理市の櫛山古墳など全国でも4つしかありません。「双方中円形墳丘墓」が発展して、「前方後円墳」になったとの見方もあります。

<楯築墳丘墓平面概略>

楯築墳丘墓


特徴2.弥生時代最大規模である。
両端72m、墳丘直径50mであり、弥生時代墳丘墓のなかで、全国最大です。周辺では、後の古墳時代中期には造山(350メートル)、作山古墳(270メートル)という大前方後円墳が築造されます。ということは、当時の周辺地域の中で、最大勢力を誇っていた首長がいた、ということになります。当然、その首長の勢力は、畿内勢力を上回っていたということになります。

特徴3.特殊器台・特殊壺の出土
特殊器台・特殊壺とは、”弥生時代の後期後葉に吉備地方で生まれ、華麗な文様を施し、丹で赤く塗るなどの装飾性に富んだ大きな筒型・壺型の土器で、首長の埋葬祭祀に使用された。これらの特殊土器類が発達し変遷して円筒埴輪の発生や成立に関係した。”( Wikipediaより)

<楯築墳丘墓出土特殊器台>
 楯築 特殊器台

”器台に壺などを載せて、祭祀に使われたのではないかと推測される。後期中葉から後期後葉に遷る頃の器台と壺の中から、特殊器台と特殊壺が生まれる。この二つは備中南部に現れ、吉備中に広がっていく。特殊器台・特殊壺は、弥生時代後期後葉の盛り土した首長墓(墳丘墓)からしか出土していない。”

特殊器台・壺は、箸墓古墳はじめ大和の古墳で出土してますが、吉備から伝播したものであることは注目です。またその後の円筒埴輪にもつながったとされることも、留意したいところです。
文様にも注目したいところです。
綾杉文、鋸歯文、綾杉文と三角形の組み合わせ、、横に走る文様は見られない。弧帯文様は帯をぐるぐる巻きにしたり、帯を潜らしたり、帯を折って反転させたり、帯を結んだりしたようにみえる。”(Wikipediaより)

特徴4.弧帯文石
もうひとつ、「弧帯文(こたいもん)石」という、面白い石があります。
”墳丘上には大正時代の初め頃まであった楯築神社に、代々伝世し、ご神体として神石(亀石)と呼ばれる全表面に毛糸の束をねじったような弧帯文様が刻まれた石が安置されていたが、現在はこの遺跡のそばの収蔵庫に祀られている。こちらは「伝世弧帯文石」と呼ばれる。 この弧帯文は、纏向遺跡の弧文円板と葬送儀礼で共通するといわれている。ここにも吉備津神社や鬼ノ城などのように温羅伝説が残っており、吉備津彦命が温羅との戦いに備えて石楯を築き、防戦準備をしたと伝わっている。”

<弧帯文石 >
楯築遺跡出土_旋帯文石(模造)  
(Wikipediaより)

弧帯文は特殊器台や特殊器台形埴輪とともに畿内に伝わっており、奈良盆地の纒向石塚古墳からは木製の弧文円板、纒向遺跡の弧文板、同遺跡東田地区から弧文石などが見つかっています。

九州でもみられますが、一般的には、畿内から伝わった、とされてます。

ところが本当にそうでしょうか。

実は、九州北部では、弥生時代から、弧帯文がみられます。
「福岡市博物館HP-装いの考古学」より、

”雀居遺跡から出土した木製の短甲(たんこう)(よろい)は背面部だけが出土したものですが、この狭い範囲に鋸歯文(きょしもん)・直弧文(ちょっこもん)・弧帯文(こたいもん)が配置されていました。これは弥生時代の人々が体に施していた入れ墨を模したモノだという説もあります。弧帯文・直弧文は縄目や帯を編んだ状態をモチーフとした文様で、結び留めるという意味が込められ、文様の持つ呪力が信じられていたと考えられます。”

雀居(ささい)遺跡は、福岡空港内で発掘された遺跡で、弥生時代から古墳時代にかけての濠をめぐらした集落や大型の掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)などがあることがわかりました。時期も紀元後2世紀中頃まで遡るとされてます。

弧帯文の他にも、多くの文様が発掘されてます。

”比恵遺跡から出土した赤彩線刻紋(せきさいせんこくもん)をもつ木製の円板には赤色顔料が塗られ、鋸歯文をアレンジした幾何学模様が線刻されていました。これは儀器の一種と考えられています。”


<赤彩線刻紋木製品>
福岡市博物館377_06

”先の拾六町ツイジ遺跡の木製腕輪には、朱漆でシダの葉の文様が力強く描かれています。植物のもつ生命力を表現することでこれを身に纏い、災厄から身を守るめの文様であったと考えられています。”


”上月隈遺跡から出土した中細(なかぼそ)銅剣は刀身が綾杉(あやすぎ)状に研ぎ分けられていました。シャーマンが祭りの時に人々の前で高く掲げると光りを反射して輝き、その輝きに畏(おそ)れを抱いたと考えられます。”

<中細銅剣>
福岡博物館377_04_1

”西区の石ヶ元古墳から出土した金銅装単凰素環大刀(こんどうそうたんおうそかんたち)の外環には、龍と単凰の装飾が施されていました。”

<金銅装単凰大刀(部分)>
福岡博物館377_05

このように、弧帯文は、九州北部雀居遺跡から出ています。さらに、雀居遺跡からは、鋸歯文、綾杉文があるものが出土してますが、同じ文様が、楯築墳丘墓の特殊器台・壺に刻まれてます。

雀居遺跡は、楯築墳丘墓より時代が古いと推定されてます。このようにみてくると、こうした文様の発祥は、九州北部の可能性がある、と言えます。

5.ストーンサークル
もう一つ興味深いのは、墳丘頂上に配置された巨石群です。埋葬施設を囲むようにして円形に配置されてます。ストーンサークル(環状列石)そのものですね。

<墳頂部>
楯築墳丘墓巨石(Wikipediaより)  

巨石は吉備津彦伝説では、鬼である温羅(うら・おんら)と戦ったときに、矢を跳ね返すために作った石の楯(たて)と言われています。吉備津彦とは、桃太郎伝説のもととなった人とされてます。吉備だんごの「吉備」でわかりますよね。それは伝説として、何らかの祭祀が行われていたということでしょう。

ストーンサークルは、縄文時代に日本各地で作られました。秋田県の大湯環状列石など有名ですね。そうした流れが、弥生時代にもなって継続されていたとなると、ますます興味が湧きますね。

以上みてみると、ストーンサークルは別として、楯築墳丘墓は、畿内の前方後円墳のもととなっている可能性があり、また楯築墳丘墓自身、弧帯文などは、九州北部から伝播している可能性があります。
「西→東」の流れですね。

↓ シリーズ第二弾を電子書籍でも出版しました。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

電子書籍(無料)の「日本史」部門でTOPになりました!

先週、拙著シリーズ第二弾「その後の邪馬台国から日本国誕生の秘密まで」を電子書籍出版しました。
日頃の感謝の気持ちをこめて、来週の20日(月)まで、無料キャンペーン中です。
おかげさまで、売上ランキング(無料)の「日本史」部門で、TOPになっております。総合でも昨日12位まで上がりました。期間限定ですので、是非みなさんも、ダウンロードしてみてください。もちろん、「無料」です!。
キンドルを使ったことがない方は、キンドル無料アプリをダウンロードすれば、PC,スマートフォンからも、読めますよ。

無料TOP3 

↓ 購入は、こちらです




テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古墳は語る(6)~甕棺分布と消滅の謎

甕棺墓の風習が、弥生時代に中国沿岸部から直接九州北部に伝播したことは、確認できました。

そして次第に周囲に広まっていくわけですが、その広まり方は、特徴的です。図示します。以下、「九州の甕棺ー弥生時代甕棺墓の分布とその変遷ー」(藤尾慎一郎)からです。」

<九州における大型甕棺分布図>

九州甕棺分布2



”全時期的には九州の西半に分布し,とくに北部九州地城に集中して分布することを示しているのである。なかでも唐津,糸島,早良,福岡・春日の玄界灘沿岸地域,向陸部地域,神埼,佐賀,小城の有明海北岸地域,熊本県白川流域に集中した分布をみせている。”
そして
長崎県対馬,福岡県宗像,遠賀川下流域,豊前,豊後,日向,大隅,天草にはまったく分布しない。”
という、極めて偏った分布になっています。

これを九州北部について、支石墓の分布範囲と重ねて、図示します。

  甕棺墓分布

見てのとおり、支石墓が福岡平野より西にしか分布していないのに対して、甕棺は、福岡平野(早良含む)やさらに東の遠賀川上流東側にまで分布しており、支石墓より範囲が広がってます。

福岡平野には、豪華な副葬品の墓が数多くあり、三種の神器(玉・鏡・剣)が出土した吉武高木遺跡・須玖岡本遺跡があります。そうしたことから、支石墓の風習をもった集団より、はるかに大きな勢力をもった集団だったと言えます。

ところがよく見ると、福岡平野の東、遠賀川下流域より東には、全く分布してません。

ということは、福岡平野を中心拠点とした集団と、遠賀川流域以東の集団とは、別の集団であったと推定されます。前に、神武天皇の東征出立地が、遠賀川下流域の岡田宮であることを、お話ししました。このことと何か関連がありそうな気がしますね。

なお、遠賀川下流域西側には、あの宗像大社があります。先般、沖ノ島を含む三つの信仰の場からなる宗像大社と沖ノ島祭祀を行った古代豪族宗像氏 が眠る新原・奴山古墳群が、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として、世界遺産 に登録され、話題になりました。宗像氏は、海人(あま)族として知られてます。一方、博多湾岸には志賀海神社があり、こちらは同じ海人族でも安曇(あずみ)族です。このことと、甕棺分布がどのように関係するのか、注目されるところです。

さて、かように流行した甕棺ですが、弥生時代後期に、なぜか急に使用されなくなり、木棺や石棺に変わっていきます。

埋葬という人生の根源にかかわる風習が変わったというからには、大きな力が働いたことは間違いありません。外来文化の影響とか、宗教上の理由とか、征服者がいたとか、いろいろ言われてますが、決め手となる根拠に欠けます。

甕棺の製作には専門家集団がいたと考えられており、製作労力・コストもたいへんなものだったはずです。当時は、内乱もあったでしょうから、次第に製作が容易な木棺や石棺に移行していった可能性もあります。

あるいは、墳丘墓へ移行するにつれ、割れやすい甕棺が避けられたとの説もあります。

何に関しても言えることですが、「理由」というのはよくわからないものです。一つの要因ということとは限らず、様々な要因が複合的に重なり、次第に消滅していったということではないでしょうか。いずれにしろ、その後、墳丘墓中心へと変わっていきます。

↓ シリーズ第二弾を電子書籍でも出版しました。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR