fc2ブログ

電子書籍になりました!

<この記事はしばらくこの位置に置きます。最新記事は2つ下になります。>

 拙著シリーズ第八巻です。
7月にペーパーバック出版しましたが、このたび電子書籍になりました。

「古事記・日本書紀のなかの史実」の第二弾になります。
題名は『天岩戸神話とスサノオの正体』です。

圧巻は最後で、議論が多くあるスサノオの正体について、科学的に解明してます。
お読みいただき感想などいただけると幸いです。

https://amzn.to/3vVicUb

スライド1


ーーーーーーーーー
・誓約(ウケヒ)はなぜわかりにくいのか?
・アマテラスはなぜ天岩戸にこもったのか?
・ヤマタノオロチとは何者か?
・古事記・日本書紀にはなぜ国引き神話がないのか?
これらを詳細に分析していくなかで、最後に明らかになったスサノオの正体とは?
科学の視点でみた日本の国の成り立ちの秘密を初公開!

<目  次>

プロローグ ~ シリーズ全体の仮説
第一章 アマテルとツクヨミ
1.前著の振り返り
2.アマテル神社とホアカリ                    
3.小船越
4.ツクヨミ          
5.月読神社

第二章 スサノオの出自 
1.スサノオ神社と須佐神社 
2.熊野大社とクマノクスビ
3.出雲と紀伊と大和
4.荒神谷遺跡がもたらしたインパクト
5.スサノオの出自
6.出雲・新羅・筑紫と「天国」

第三章 誓約
1.スサノオ黄泉の国へ行く
2.淡海の多賀とは?
3.アマテラスはもともと男神だった?
4.誓約(日本書紀)
5.誓約(古事記)

第四章 天岩戸神話
1.素朴な疑問
2.日食との関係                               
3.招日・射日神話との関係
4.ギリシア神話との関係
5.スサノオは騎馬民族?
6.神婚                                         
7.神話のリアリティ

第五章 ヤマタノオロチ退治
1.スサノオ出雲へ天降る
2.スサノオの上陸地
3.ヤマタノオロチとは何者か?
4.ヤマタノオロチとの戦い
5.草薙の剣
6.須賀と須佐

第六章 スサノオの系譜
1.日本初の歌
2.「妻籠み」とは?
3.スサノオの系譜
4.国引き神話
5.オミズヌ
6.オオクニヌシとスサノオの関係
7.スサノオからオオクニヌシの系譜
8.オオクニヌシの別名

エピローグ                                    
1.スサノオの出自を科学する(1)
2.スサノオの出自を科学する(2)

https://amzn.to/3vVicUb

スライド1

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

【訪問ありがとうございます!】初めて訪問くださった方へ

<この記事は、当面この位置に掲載します。最新記事は、下にあります。>

訪問ありがとうございます。このブログは、様々な資料をもとに、日本古代史の真のすがたを解き明かしていくブログです。全体として、ひとつの読み物になってます。初めて訪問された方にわかりやすいよう、これまでの流れをまとめました。

【これまでの流れ】
日本の神話から始まり、中国史書、朝鮮史書を一通り読みながら、日本人(弥生人)の源流である倭人がどこからやってきて、邪馬台(壹)国、そして大和朝廷となったのかを、ひとつの壮大な仮説として導いてきました。その仮説のストーリーとは・・・

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実Ⅱ (18) 天孫降臨⑦ アメノイワトワケとトヨウケ

天孫降臨の場面では、ニニギに五柱の神すなわちアメノコヤネ・フトダマ・アメノウズメ・イシコリドメ・タマノオヤが従い、さらにオモヒカネ・タジカラオ・アメノイワトワケ・トヨウケらの名が出てきます。これらのうちほとんどの神々は、天岩戸神話ですでに登場していたのですが、アメノイワトワケとトヨウケは、そこに記載はありませんでした。では、この二神について、みてみましょう。

◆アメノイワトワケ
忌部氏の伝承を記した『古語拾遺』の天の石屋の段では、石屋から引き出した天照大神を新殿に遷し、「豊磐間戸命」と「櫛磐間戸命」がその殿門の守衛を務めたとあり、ともに、忌部氏の祖神である太玉命の子神とされている。(国学院大学H「古典文化学」事業」HP 「櫛石窓神」より)


古語拾遺は、平安時代の807年の編纂ですが、そこにはアメノイワトワケが天岩戸で登場してます。古事記では登場したフトダマの子神とされていますもで、五柱の神らとの共通点はありますね。

問題はトヨウケです。トヨウケとは、
イザナギがカグツチを生み、陰部を焼かれて病み臥した際に尿から成ったワクムスビの子神で、食物(稲)の霊ともされています。

トヨウケビメ系譜

◆トヨウケ
伊勢国度会郡「度会宮」(『延喜式』神名帳)、すなわち伊勢神宮外宮の祭神で、一般に豊受大神などと称される。天孫降臨の段に、二柱の神が佐久久斯侶伊須受能宮(伊勢神宮内宮に当たる)を拝祭した、とあるのに続けて、「次に、登由宇気神、此は、外宮の度相に坐す神ぞ。」と登場する。

この記述が前後の文とつながらずに唐突に出てくることや、書き方に不審な点があること、また、同神かと疑われる豊宇気毘売神という神名が既出であることなどから、後世の改変が加わっているとする見解もある。

「内宮」「外宮」という呼称が平安中期以後のものであることから、「外宮之(外宮の)」を「度相」に対する後人の傍注が本文に紛れ込んだものとする説、あるいは、登由宇気神についての一文自体を、伊勢の度会氏による鎌倉期の竄入と疑う説がある。
一方で、当該部分を元々の原文と認めて、「外宮」を斎宮の離宮院と捉える説や、訓読を「外宮に坐す度相神」とする説もある。

いずれにせよ、外宮の祭神のことがここに置かれているのは、内宮の記述に関連づけたものと見られる。伊耶那美神の尿から生まれた和久産巣日神の子、豊宇気毘売神が同神であるかについても、本文の改竄の問題と関連するが、明確でない。
(国学院大学H「古典文化学」事業」HP 「 登由宇気神」より)

古事記では、他の神々と異なり、突然名が出てくる神であり、文脈からみて違和感があることは否めません。諸説ありますが、内宮のアマテラスのあと出てくるので、外宮のことを強調したいために、後世に挿入された可能性がありますね。

トヨウケビメに関しては、興味深い伝承があります。

”伊勢神宮外宮の社伝(『止由気宮儀式帳』)では、雄略天皇の夢枕にアマテラスが現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比治の真奈井(ひじのまない)にいる御饌の神、等由気太神(とゆけおおかみ)を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、外宮に祀るようになったとされている。即ち、元々は丹波の神ということになる。”’(Wikipedia「トヨウケビメ」より)

もともとアマテラスは大和にいましたが、地方をさまよい最終的に伊勢におさまったわけです。そのアマテラスが、丹波の国にいるトヨウケビメを呼び寄せた、という伝承です。この話がどれだけ史実を伝えているかは不明ですが、少なくとも当時、丹波の国が大きな力をもっていたことの反映と考えられます。

もうひとつ面白い話が伝わります。

”『丹後国風土記』逸文には、奈具社の縁起として次のような話が掲載されている。丹波郡比治里の比治山頂にある真奈井で天女8人が水浴をしていたが、うち1人が老夫婦に羽衣を隠されて天に帰れなくなり、しばらくその老夫婦の家に住み万病に効く酒を造って夫婦を富ましめたが、十余年後に家を追い出され、漂泊した末に奈具村に至りそこに鎮まった。この天女が豊宇賀能売命(とようかのめ、トヨウケビメ)であるという。”(同上より)

有名な羽衣伝説です。世界各地に同様の話が伝えられており、日本でも静岡県の三保の松原など各地にあります。なぜ丹後地方に伝わったのか、そしてなぜ天女がトヨウケビメなのか、興味深いところです。


↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!

スライド1

https://amzn.to/4b4OkEZ


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

神武天皇即位はいつだったのか?【ゆっくり解説】

 
YOUTUBE第十弾です!

『神武天皇即位はいつだったのか?』

神武天皇は実在したのか?
実在したとしたら、即位年はいつだったのかについて、科学的に推測しています。

楽しんでいただければ幸いです。
高評価、コメントもよろしくお願いいたします!!





テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実Ⅱ (19) 天孫降臨⑧ 三種の神器と真床覆衾

天孫降臨といえば、三種の神器を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

三種の神器とは、勾玉・鏡・剣のセットのことですが、古事記ではたしかに 「八尺の勾璁(やさかのまがたま)、鏡、また草薙(くさなぎの)剣」をアマテラスがニニギに授けています。
いわば「皇位の象徴・シンボル」であるわけです・

ところが、日本書紀においては本文にはその記載はありません。一書にも、A系統の第四・第六には記載がなく、B系統の第一に曲玉・剣・鏡、第二は鏡のみです。

天孫降臨神話異伝

一書(第二)
「わが子がこの宝鏡を見るのに、丁度私を見るようにすべきである。共に床を同じくし、部屋をひとつにして、つつしみ祭る鏡とせよ」(「全現代語訳 日本書紀」(宇治谷孟)より)

”倉野氏は、この勅において初めて鏡が護身の呪物として祭祀の対象になり、
しての地位を確立した、とする。”
”いうならば、”天
によって与えられる皇位の証明・権威は、アマテラスに依拠するものだ、との印象を与えうる。”
”ここで鏡は、ただ現代における天皇の地位を保証するだけでなく、皇室系譜にのっとった天皇の地位・権威を、永続性を持つものとして保証する役割も果たしている。”( 「天孫降臨神話について」(安藤美紀)より )

ここで疑問が浮かびます。これほどまでに大事な鏡を含む「皇位の象徴・シンボル」である三種の神器が、なぜ日本書紀では軽く扱われているのでしょうか。

非常に興味深いことに、三種の神器が記載されていない日本書紀本文・一書(第一・第二)では、真床覆衾(まとこおうふすま)が記載されています。

衾(ふすま)とは、
”掛蒲団の役目をする。なかに蒲(がま)の穂綿や絹わたなどをいれた布や革製の寝具。”(世界大百科事典(旧版)内の衾の言及【寝具】より)

衾
日本書紀本文
「タカムスヒは、真床追衾(玉座を覆うフスマ)で、ニニギを包んで降らせられた。」


何かに包まれた形で降臨することは、朝鮮始祖神話にもみられ、卵生神話として分類されるが、真床覆衾は、これらの神話に共通して、ある神の依代のイメージ、新生・再生のイメージを強く持つだけでなく、ただ皇孫とのみ結ぶつくものとして、皇位を証明する役割をも同時に果たしている。皇位を証明する点では鏡と同じだが、鏡には新生・再生のイメージがないのに比べ、衾の保証のやり方は現実の親子関係に基づいた、呪術的・原始的で素朴な信仰によるものだといえよう。”
(「天孫降臨神話について」(安藤美紀)より)

そして大嘗祭と結びつけた研究もなされている、として次のように述べています。

”折口信夫『大嘗祭本義』に、
「此真床襲衾こそ、大嘗祭の褥衾を考えるよすがともなり、皇太子の物忌みの生活を考えるよすがともなる。物忌みの期間中、外の日をさけるためにかぶるものが真床襲衾である。此を取り除いた時に完全な天子様となるのである。」
と述べられているのは、衾をつけて臥すことが、まさに神としての聖性を備えたものとして再生するための儀式であることを意味している。

古代新嘗の祭神は、タカムスビ・ミケツノカミであり、本来アマテラスはまつられていなかったとされている。そうすると、大嘗祭で天皇が衾を着けて臥すことは、タカムスビと一体化することであり、タカムスビと衾との関係は、ここにおいても認められるだろう。”

”祭神がアマテラスになった理由については、伊勢神宮が天武朝期に皇祖神化・国家神化したのに伴い、朝廷でのアマテラスの祭祀的地位が向上したため、とする説もあるが、
タカムスビとの原始的・呪術的結びつきを象徴する真床覆衾と、アマテラスとの人工的・政治的結ぶつきを象徴すると、祭祀にも呪術性と政治性の二面があり、祭祀の政治的色彩が強くなるにつれて、政治性を象徴するアマテラスとその関連要素が浮上してきた、とする方がよりふさわしくないだろうか。

皇位の象徴が真床覆衾と鏡の二種だったのが、後世鏡のみとされたことは、降臨の司令がのちにアマテラス一神のみだと考えられるようになったことと対応するだろう。”(同上論文)

通説の立場からこのように解釈しているわけですが、小難しい理屈のように感じます。古事記・日本書紀成立の経緯を踏まえて、もっとシンプルに考えてもいいのではないでしょうか。

具体的には、前にお話ししたように、
を記載するB系統より真床覆衾を記載するA系統が古いと考えられる。日本書紀本文は古いA系統を採用した。のちにアマテラスが皇祖神化する動きが強まるにつれ、アマテラスと関連が強いB系統が重視されるようになった。”
という解釈です。

このように考えてほうが、すっきり理解できるのではないでしょうか。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!

スライド1

https://amzn.to/4b4OkEZ


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。

拙著です!
---
最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR