FC2ブログ

土器が語ること(6) ~ 突帯文土器と遠賀川式土器

前回までで、土器の型式、実年代、どこから伝わったのか、などについて、概略をまとめました。

今回から、そうした基礎知識を基にして、いくつかの興味深いテーマについて、掘り下げていきます。

今回は、突帯文(とつたいもん)土器・遠賀川(おんががわ)式土器についてです。


突帯文土器については、すでにお話ししましたが、おさらいをしますと、。”直口縁をもつ煮沸用土器の口縁部や胴部に突帯を貼り付けて めぐらせる文様を主文様とする土器”で、その名のとおり、口縁部や肩部に突帯(とったい)と呼ばれる粘土の帯を貼り付けた特徴をもつ土器です。

九州北部でいえば、「夜臼(ゆうす)式土器」などがあたります。

かつては、縄文時代晩期の土器とされていましたが、弥生時代の始まりを”水耕稲作が始まってから”となってきたため、最近では、弥生早期の土器とされています。


もうひとつ、とてもよく知られている土器に、「遠賀川(おんががわ)式土器」があります。

”西日本の前期弥生土器の総称。福岡県遠賀川の河原から発見された立屋敷遺跡より,多くの資料が得られたのにちなんで 1939年,小林行雄によって名づけられた。北部九州から近畿地方に及ぶ地域を中心に分布し,地域間での共通性が非常に強い土器様式である。土器の特徴から北部九州の板付式土器が最も古いと考えられる。”(「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」より)


<夜臼式土器(右)と板付式土器(左)>

夜臼・板付式土器


時代で言うと、突帯文土器が縄文晩期(弥生早期)、遠賀川式土器が弥生前期ですから、突帯文式土器のほうが先行します。


では、それぞれの土器は、誰が作り使用したのでしょうか?

こうした疑問に対して、興味深い論文があります。
「福岡平野における弥生文化の成立過程 狩猟採集民と農耕民の集団関係」(藤尾慎一郎,国立歴史民俗博物館研究報告 第77集 1999年3月)
   
藤本氏によれば、突帯文土器は、在来の狩猟民が縄文土器の系統を引き、半島から得た製作知識をもとに作り始めたとしてます。では、その知識をどのように得たのかです。

論文で、福岡平野における弥生文化の成立過程を説明しうる面白いモデルを紹介してます。


”狩猟採集民の農耕民化を説明するモデルの一つに非農耕民(この場合は地元の狩猟採集民とすでに農耕民化した集団(この場合は朝鮮無文土器時代の人びととの相互交流の結果,非農耕民が農耕民化するという相互関係モデル(interaction model)がある。もともとヨーロッパ北西部の辺境地域における新石器文化の成立過程を説明するモデルとして考え出されたもので,いろいろなケースが想定されている〔ピーターソン 1981〕〔ゼベルビル・ローリーコンウィ 1984〕〔デンネル 1985〕〔ソルベルグ 1989〕〔グリーン・ゼベルビル 1990〕。”

ここで、非農耕民(地元の狩猟採集民)とは「縄文系弥生人」、農耕民とは「渡来系弥生人」、ということになります。(論文中では、弥生時代に生きていた人々は、すべて弥生人と定義してます。)
そして、
”弥生文化の成立過程の場合は多数を占める在来の狩猟採集民が少数の農耕民との関係のなかで農耕民化していくケースにあたり,その意味でデンネルのフロンティア理論にもっとも近いパタ-ンを示すと考えられる。”
としてます。

”在来の狩猟採集民がいる平野に渡来人がやってきた場合,両集団が何らかの関係をとりむすぶ可能性は高い。何かのきっかけによって渡来人と狩猟採集民の一部が一緒になって,これまで利用されていなかった下流域に占地し水稲農耕に専業化したと考えるのが自然である。”

在地人つまり日本列島の縄文人が、朝鮮半島の無文土器時代の人々と交流するなかで得たのではないか、としてます。もちろん、渡来人が実際にやってきて伝えたのでしょうが、その人数は少なく、藤本氏は、全体の人口の1割程度という数字を挙げてます。

そうしたなかで、突帯文土器も製作するようになった、と考えられます。ただし、あくまで在地の縄文系の人々が主体であったことは、間違いないでしょう。”考古学的に渡来人のコロニーが存在した証拠が得られていない”ことからも、明らかです。

このようにして形成された農耕集団が農耕社会化していくなかで、
”地域の環壕集落を形成して地域の拠点集落となり,その後も地域の核として発展し有力首長を生み出していく板付タイプの集団が生まれ、板付Ⅰ式甕の生産と供給をになった可能性がある"としてます。

なお"板付Ⅰ式土器の祖型となる「祖形甕」は、韓国の前期無文土器(検丹里式)の影響のもとで成立した"、としてます。

ここで、板付遺跡の環壕(かんごう)ですが、
”板付遺跡は,古諸岡川や那珂古川(現御笠川)がつくった谷底平野や氾濫原に囲まれた標高12~15mの中位段丘上に,長径が110mほどの内環壕に囲まれた居住域と,そのまわりに広がる貯蔵穴,甕棺墓地,さらにその外側をめぐる幅10mの外環壕と灌漑施設を備えた水田からなる。環壕は南北370m,東西170mに達する巨大な二重環壕である。”

そして"弥生Ⅰ期の終わりには、青銅器を副葬される首長集団をもつにいたった"としてます。

環壕、青銅器などは、大陸から伝わったものであることは確実です。

つまり、遠賀川式土器は、渡来系弥生人主体の集団の人々が作り、使用していたと言えます。

渡来系弥生人は、高身長、高顔であり、甕棺分布域と響灘(ひびきなだ。日本海南西部の海域で、東側は山口県西部、南側は福岡県北部で限られ、大島(福岡県宗像(むなかた)市)を境に玄界(げんかい)灘に続く)沿岸に分布することが、知られています。

板付遺跡はその分布域圏内ですから、渡来系弥生人主体の集団といえましょう。

以上のとおり、突帯文土器と遠賀川式土器は、形や文様などの型式のみならず、製法、そして作り始めるに至った経緯など、大きな違いがあることが、わかります。(なお論文では、遠賀川式土器と板付Ⅰ式土器を分けていますが、話をシンプルにするため、ここでは板付Ⅰ式土器も、遠賀川式土器に含めるとします。)

そして、弥生早期に、在地の縄文系の人々により突帯文土器製作が始まり、やがて渡来系の人々の数が増えて、遠賀川式土器を製作するようになったわけです

そのあたりは、どのような経緯だったでしょうか?。

これはあくまで推測になりますが、2つ考えられます。

A.当初は渡来系の人々の数は少なかったが、渡来系の人々の割合が増すにつれ、次第に渡来系文化に染まっていった。
B.途中から、遠賀川式土器製作の技術のほか、環壕、青銅器などの文明をもった集団がやってきて、勢力を拡大して、地域を支配した。

Aは「穏便な進化」、Bは「急進的な進化」とでも言えましょう。

進化という観点では、大きな社会変革と言ってよいくらいのものですから、Bの可能性が高いと考えますが、皆さんはどのように考えますか?。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村







テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(5) ~弥生土器はどこから伝わったか?

前回、縄文晩期から弥生時代、古墳時代までの土器の実年代について、お話しました。さらに、特に弥生時代の開始時期について、”水田稲作が開始された紀元前10世紀頃”として、土器もそれに合わせた較正年代も紹介しました。

ところで、その弥生時代から作られ始めた「弥生土器」は、どこから伝わってきたのでしょうか?

弥生土器の最大の特徴を、”「覆焼き」で作られた土器”とすれば、それと同じあるいはそれの進化形の「窯焼き」が、それ以前にどこで行われていたかを調べれば、すぐにわかります。

その前に、日本最古の「弥生土器」はどこで出土したのか、みていきます。

「弥生土器」といっても、実は明確な定義はなく、”弥生時代につくられた土器”としかないのですが、ここでは、「板付Ⅰ式土器」を最古の弥生土器とします(福岡市博物館HPより)。その名のとおり、福岡県福岡市博多区板付から出土した土器です。

<板付Ⅰ式土器>
板付Ⅰ式土器

(福岡市埋蔵文化財センターHPより)

となると、その土器の製作技術は、大陸から伝わったと考えるのが自然な流れですね。

中国は、古代より世界の陶磁器をリードしてきました。英語のチャイナ(China)という単語が、普通名詞の「磁器」を意味することをご存じの方も、多いと思います。「ボーン・チャイナ」も有名ですね。ちなみに、「ボーン・チャイナ」とは、”骨灰磁器。動物,おもに牛の骨灰を磁土やカオリンと混ぜて焼成したイギリス独特の磁器。”です(世界大百科事典第2版より)。つまり、”ボーン=bone(骨)”という意味です。私はかつて、”ボーン=born(生まれた)”であり、”「ボーン・チャイナ」=中国で生まれた”という意味だと思い込んでました・・・(汗)。

それはさておき、中国でいつごろから窯を使った陶器が作られ始めたのかです。

華北では、河南省新鄭市(しんてい-し)の裴李崗(はいりこう)遺跡(紀元前7000-同5000年頃)では中国最古級の窯跡が検出されてます。また、陝西省(せんせいしょう)西安市半坡遺跡(はんぱ いせき、BC4000年頃)は、環濠を伴う集落遺跡で、共同墓地や窯が検出されています。

<彩文土器、仰韶文化半坡類型>

彩文土器 

こうした文化は、その後の殷王朝(紀元前17世紀-同11世紀)にも引き継がれました。


<印文白陶壺、殷時代>

印文白陶壺 
              (ともにWikipediaより)

一方、朝鮮半島をみてみます。

朝鮮半島では、考古学上の年代を大きく分けて、櫛目文(くしめもん)時代(紀元前8000年-同1500年)、と無文(むもん)土器時代(紀元前1500年-紀元後300年)の、2つがあります。

櫛目文土器とは、その名のとおり、土器に櫛の歯のようなもので模様がつけられことから命名されました。朝鮮半島では、紀元前4000年頃に出現しました。

<櫛目文土器、ソウル市岩寺洞遺跡出土>

櫛目文土器 

           (Wikipediaより)

もともとの櫛目文土器ですが、
”ユーラシア大陸北部の森林地帯で発達し、バルト海沿岸、フィンランドからボルガ川上流、南シベリア、バイカル湖周辺、モンゴル高原、遼東半島から朝鮮半島に至るまで広く分布する。
最古のものは遼河文明・興隆窪文化(紀元前6200年頃-紀元前5400年頃)の遺跡から発見されており、フィンランドでは紀元前4200年以降、朝鮮半島では紀元前4000年以降に初めて現れることから、遼河地域を原郷にして朝鮮や、西はシベリアを経て北欧まで拡散していったようである。
日本の縄文土器にも類する土器(曽畑式土器)があり、また、弥生土器にも似た文様をもつものがある。”(Wikipediaより)

とあります。

つまり、もとは中国の内モンゴル自治区一帯で栄えた遼河文明で製作が開始され、それが朝鮮半島、そして日本列島にも伝わった可能性が指摘されてます。また興味深いのは、その文明が西へ伝播し、北欧のフィンランドまで伝わったことが推定されていることです。これはいずれ取り上げます。

さて、朝鮮半島では、紀元前1500年頃から、無文土器の時代となります。無文土器とは、その名のとおり、表面に模様をもたない様式の土器です。

<中期無文土器、大坪遺跡出土>
無文土器  
                           (Wikipediaより)

無文土器時代の前期(紀元前1500年-同850年)には、無文土器の他、支石墓、甕棺墓などが生まれましたが、同様のものが九州北部でも多くみられることから、九州北部との結びつきが強いと考えられます。


これをもって、朝鮮半島の無文土器は、九州北部から伝わったとする論者もいるようですが、無文土器では製法において「覆い焼き」の技法も使われていたので、無理筋のような気はします。


以上のとおり、中国から直接あるいは朝鮮半島を経て伝えられたのは、間違いありません。


なお、そのうちどちらのルートかについてですが、中国ではすでに窯を使った土器製作がされていたわけですから、中国から直接伝われば、日本でも弥生時代初期から、窯を使った土器製作をしていてもよさそうですが、その痕跡はありません。となるとやはり、朝鮮半島から伝わった、ということになりますね。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(4) ~ 土器の実年代

ここまで、縄文土器から始まり、弥生土器、そして古墳時代の須恵器までみてきました。

これらを、時代の流れとともに表にまとめたものが「土器編年表」です。

「土器編年」とは、わかりやすく言うと、土器が出土した地層、土器の紋様、器形などにより、土器を細かく分類して、古いものから新しいものまで並べたもの、です。土器を時代順に並べただけですから、簡単なように見えますが、実はここに、大きな落とし穴が潜んでいます。

たとえば、”須恵器の登場を紀元400年とし、弥生時代終末を紀元200年と見てその間を土器の種類で均等に割ることにより、それぞれの土器が、実際の年代のいつ頃にあたるかをあてはめる”ということをやっているのです。その200年間を、なぜ均等に割ることができるのか、というところに、根拠はないようです。

随分と乱暴なやり方に思えますね。

では、「土器の編年表」をみていきましょう。多くの研究者が発表してますが、ここでは柳田康雄氏(国学院大学教授)のものを紹介します。

土器編年

柳田氏によれば、弥生時代は紀元前4世紀頃からとして、九州では夜臼式、板付式、となり、古墳時代が始まる紀元後3世紀頃から、土師器が登場します。一方畿内は、弥生時代初めが、船橋式、以下、第一様式から第五様式、古墳時代に入り、庄内式、布留式と並行して、纏向1式~5式まで、細かく分類されています。

見事と言っていいくらいきれいにまた詳細に整理されています。一見すると、これで何も問題なさそうです。しかしながら、いつかの問題があります。

ひとつは、それぞれの土器の製作時期の設定です。弥生時代の初めを紀元前4世紀頃、終わりを紀元後2世紀頃と設定していますが、その根拠は何なのか、ということです。

もうひとつは、分類の仕方が、かなり恣意的というか機械的にされていることです。つまり、時代の初めと終わりを設定して、その間をほぼ等分していることです。

これは一般的に指摘されていることですが、さらにもっと大きな問題があります。

ある地方で土器(Aとします)が出土した場合、その土器Aの製作時期を推定する際、”畿内で同じ種類の土器(たとえば庄内式土器)があれば、それを基準にして、当時は畿内が土器の製作がもっとも進んでいたから、その土器Aの製作時期は、畿内の土器よりやや遅い時期のはずだ。”と類推していきます。

このやり方は、はたしてどうでしょうか?

もちろんこのやり方で正しい製作時期が出る場合もあるでしょうが、ではそもそも”畿内の土器製作がもっとも進んでいた”という前提が成り立たなかったら、どうでしょう。すべては破たんしてしまします。実際、庄内土器の製作技術は、少なくとも播磨からもたらされたことがわかっていますし、さらにはもっと西、具体的には九州北部からという可能性もあるのです。


前に、”太宰府遺構には、古墳時代のものがない”、という話を紹介しましたが、こういうことが起こるわけです。

このように、「土器編年」というものは、私など理工系の頭の人間からみても、どうもしっくりいきません。もっと科学的に、明確なものはないのか、と誰でも考えてしまいます。

そうしたことから、近年は、各土器に付着した物質を科学的に分析して、製作時期を推定する研究が進んできました。

具体的には、土器の外面に付着したスス、吹きこぼれ、内面に付着した煮焦げなどを科学的に分析する炭素14年代測定法で、年代の測定を行います。

ここで炭素14年代測定法ですが(以下、小難しい話になりますので、興味のない方は飛ばしてください)、

”一般に地球自然の生物圏内では炭素14の存在比率がほぼ一定である。動植物の内部における存在比率も、死ぬまで変わらないが、死後は新しい炭素の補給が止まり、存在比率が下がり始める。この性質と炭素14の半減期が5730年であることから年代測定が可能となる。なお、厳密には炭素14の生成量は地球磁場や太陽活動の変動の影響を受けるため、大気中の濃度は年毎に変化している。また、北半球と南半球では大気中の濃度が異なっている。”(Wikipediaより)

簡単に解説すると、自然界のなかには炭素が存在してます。その炭素も、12C,13C,14Cの3種類があります。一番多いのが教科書で習う12Cで約99%、原子番号12の炭素ですね。次が13Cで約1%、一番少ないのが14Cで、その含有量は1.2×10のマイナス12乗と、ごくごくわずかしか含まれていません。
その14Cは、放射性同位体と呼ばれ、半減期5730年つまり約5730年ごとに数が半分に減少します。
生物は生きている限り、外界から炭素を取り込みますが、取り込む炭素の構成割合は、生物がもともともっている炭素の構成割合と同じですから、変わりません。
ところがその生物が死んでしまうと、外界から炭素を取り込まなくなります、すると生物内の炭素のうちC14だけは、放射性同位体ですから、約5730年ごとに、半分の割合になっていきます。
ですから、死んだ生物のC14の割合を調べれば、死んでからの時間が正確にわかる、というしくみです。

さらに、今までは採取できる量が少なくて測定ができなかった試料もありましたが、試料中の14Cの数そのものを直接数える加速器質量分析法(AMS法)が開発されたことから、分析が急速に進みました。

また、大気中の大気中の炭素14量は、宇宙線の変動や、海洋に蓄積された炭素放出事件を反映して変動してきたため、計測結果には誤差が生じます。そこで、年輪年代などで年代を較正します。これを較正年代と言います。

難しい話はこれくらいにして、話をもとに戻します。

こうしてまとめられたものが、下の表です。
「弥生時代の開始年代―AMS -炭素14年代測定による高精度年代体系の構築―」(国立歴史民俗博物館 学術創成研究グループ 藤尾 慎一郎・今村 峯雄・西本 豊弘)より

<較正年代による土器の実年代表>

  土器編年表2

弥生時代が紀元前10世紀頃から始まっているのがわかります。柳田氏の「土器編年表」では、紀元前4世紀頃からでしたから、600年もさかのぼっている、つまり古い時代となってます。

ここで注意が必要なのは、”弥生時代の定義が異なっている”ことです。ここでは、
”日本列島で初めて灌漑施設を備えた水田で稲作が始まった時代”
としています。したがって従来は縄文土器とされた山の寺式が、早期弥生土器となってます。同じく夜臼式Ⅱaも早期、その後の前期に夜臼式Ⅱb、板付式が続きます。

ところで、従来は弥生時代の開始年代を、紀元前4世紀としていましたが、その根拠は何でしょうか?。

同上論文からです。やや長くなりますが、興味深い内容です。

”弥生時代の開始年代にもっとも近くて製作年代の明らかな資料は、前漢時代の前1世紀前半に作られた鏡、いわゆる青銅で作られた前漢鏡である。この鏡は弥生時代中期後半に属する須玖式とよばれる甕棺に副葬品として納められている。日常土器では須玖Ⅱ式の中間の段階にあたる。したがって須玖式の時期が鏡の製作年代をさかのぼることはないので、中期後半が前1世紀前半を上限とすることがまず決定された。弥生時代の開始年代は、前1世紀前半から考古学的にどこまでさかのぼりうるかを検討した上で決定されることになるので、あくまでも推定値である。したがって推定のための仮定が崩れれば、開始年代も変わることになる。

推定のための仮定とは次のようなものである。
須玖式以降、九州北部の甕棺からは、作られた年代の間隔がおおよそ50年はなれた鏡が、甕棺の型式ごとに、製作年代順に出土することから、甕棺1型式の存続幅は、50年前後と推定された。また民族例から、一般に土器は母から娘へと世代を追って製作技法が引き継がれることが知られており、土器一型式=一世代=約25年という存続幅が推定された。このため、中期後半以降の弥生土器一型式の存続幅は25 ~50年と仮定されたのである。

前漢鏡が出土する須玖式の前には順に
汲田(くんでん)式→ 城(じょう)ノの越(こし)式→金海(きんかい)式→伯(はく)玄(げん)社(しゃ)式→板付Ⅰ式
という5つの甕棺型式があるので、25~50年×5型式=125~250年で、前1世紀前半から125年~250年さかのぼった前350~275年の前4~3世紀という開始年代が導き出される。これには中期前半以前の土器型式の存続幅も、中期後半以降の土器の存続幅と同じであるという第2の仮定も加わっている。”

簡単に言うと、中国の前漢時代に作られた鏡(前漢鏡)の製作年代である紀元前1世紀前半を基準に、その時代より古い甕棺型式が5つあり、1型式25~50年としてさかのぼると、紀元前4~同3世紀頃になる、ということです。

土器の製作技法は母から娘に伝えられ、それを1世代25年とするなど、興味深いところもありますが、随分といろいろの前提を積み上げて算出してますね。そのうち一つでも前提が崩れると成立しなくなってしまうわけであり、不安定な論理に感じます。

昔のように、科学的分析ができなかった時代はそれで仕方なかったと思いますが、分析技術が近年めざましい発展を遂げているわけですから、それを使わない手はないでしょう。

ただし、日本の考古学会では、未だに否定的な意見も多いようです。日本人は科学的思考能力に欠けている、などと揶揄されるのも、やむおえませんね。

もちろん炭素14年代測定法は万能ではありませんし、多方面にわたる検証とそれに伴う修正は必要でしょう。ただしそれはあくまで科学の世界の話であって、情緒的にあるいは権威主義から否定すべきものではないことは明らかです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(3) ~ 縄文土器から弥生土器、土師器、須恵器への変遷

前回、縄文土器と弥生土器の決定的な違いが、製作方法であることをお話ししました。具体的には、縄文土器が、地面上、掘った穴から、直接焼く「野焼き」であるのに対し、縄文土器は、草や土で覆って焼く「覆い焼き」であるということです。


さて、縄文土器から弥生土器は、そのように変遷を遂げていくわけですが、もう少し詳しく見ていきましょう。


縄文末期の土器として、「突帯文(とつたいもん)土器」があります。”直口縁をもつ煮沸用土器の口縁部や胴部に突帯を貼り付けて めぐらせる文様を主文様とする土器”で、その名のとおり、口縁部や肩部に突帯(とったい)と呼ばれる粘土の帯を貼り付けた特徴をもつ土器です。


九州北部で言えば、「夜臼(ゆうす)式土器」があたります。「夜臼式土器」とは、福岡県糟谷(かすや)郡新宮町の夜臼遺跡から出土した土器です。そして、それが弥生土器である「板付(いたづけ)式土器」へ変遷していきます。

「板付式土器」とは、福岡市博多区にある板付遺跡から出土した土器です。板付遺跡は、佐賀県唐津市の菜畑(なばた)遺跡に次ぐ、日本で二番目に古い水稲耕作跡があった遺跡です。また最初期の環濠集落があったことでも知られてます。

<夜臼式土器(右)と板付式土器(左)>

夜臼・板付式土器 


(福岡市埋蔵文化財センターHPより)

”煮沸用の土器、甕の口縁部と胴部に刻目のある突帯文をめぐらすタイプ(正面右)は、夜臼式(ゆうすしき)とよばれる。ゆるく外反する口縁端部に刻目を加えるタイプは、板付式土器とよばれ、両者は、縄文時代から弥生時代へ移行する過渡期において共存することが確認されている。”

とあります。

ここで注目すべきは、夜臼式土器から板付式土器は、急激に変化したのではなく、並行して使用されていた、という点です。夜臼式土器は、板付式土器より古いタイプですから、縄文系の人々が使用していたことになります。一方、板付式土器は、弥生系の人々が使用していたわけです。

二つの土器が併存していたということは、”縄文系の人々と弥生系の人々が、共存していた”ことになります。つまり、新しい文明(弥生土器)が入ってきた際、ただちに古い文明(縄文土器)を破壊・消滅させるのではなく、ゆるやかに移行していったということです。このあたりに、縄文時代→弥生時代への移行の特徴が表れていると言えます。

板付式土器ののち、九州北部においては、掘ノ越式→須玖式→高三潴式→下大隈式→西新式を経て、よく知られている土師器となります。土師器あたりから、古墳時代(3世紀中頃?~)にはいります。

一方、畿内では、まったく別の分類(編年)をしています。夜臼式の時代は、船橋式、板付式の時代が第一様式、以下第Ⅵ様式まであり、これが下大隈式の時代です。古墳時代に入り、よく知られている庄内式→布留式へとなります。庄内式・布留式は、また纏向1式~5式と分かれます。

<庄内式土器>

庄内式土器(豊中市) 

(大阪府豊中市HPより)

”底の形が尖りぎみで、底にも煤(すす)がべっとりと付いています。これは煮炊きをする時に、土器を台のようなものに載せて浮かし、土器の真下で火を炊いたことを示しています。弥生時代の平底から古墳時代の丸底へという、移り変わりの中間の特徴を示しています。
庄内式の甕は、弥生時代後期の伝統的な甕のつくり方の上に、ケズリや底を丸くするといった新たなわざを取り入れてできました。そのわざとは、当時最も発達した土器文化をもった吉備地方(現在の岡山県)からもたらされたものでした。庄内式の甕は、当時としては最先端の土器だったのです。
土器を薄くし、真下から火をあてることで、より早く煮ることができる…。この炊事時間の短縮という変化は、単に生活文化の変化というにとどまらず、それを必要とした社会の要請があったことを示しています。”(大阪府豊中市HPより)

庄内式土器2 

                                                          (大阪府豊中市HPより)




厚さが非常に薄い(なかには2~3mmのものもある)という技術の進歩もさることながら、その技が吉備地方(岡山県)からもたらされたというところに注目です。吉備と言えば、神武天皇が九州から東征した際の中間居留地であり、また「桃太郎」の伝説地でもあります。巨大古墳があることでも知られていますね。つまり、吉備は当時、畿内をもしのぐ巨大な支配勢力があった可能性があるということです。


<布留式土器>


布留式土器

(天理参考館HPより)

布留式土器は、奈良県天理市の布留遺跡から出土した土器です。布留遺跡は、初期大和王権の軍事を担った物部氏が本拠を置いた集落遺跡と言われています。初期大和政権の拠点とされる纏向遺跡の北方にあり、東側には、物部氏が古くから祭祀を司った石上神社があります。玉工房や武器工房との関連を示す遺物や渡来人とのかかわりを示す遺物も多数出土しており、布留式土器がどのように伝わったかについて、ヒントがあると思われます。

庄内土器、布留土器などの土師器ののち、須恵器の時代となります。
須恵器とは、
”日本で古墳時代から平安時代まで生産された陶質土器(炻器)である。土師器までの土器が日本列島固有の特徴(紐状の粘土を積み上げる)を色濃く残しているのに対し、須恵器は全く異なる技術(ろくろ技術)を用い、登窯と呼ばれる地下式・半地下式の窯を用いて還元炎により焼いて製作された。考古学的には、須恵器の出現は古墳時代中期、5世紀中頃とされる。日本列島で最古の窯は大阪府堺市大庭寺窯跡であるが、最初に須恵器生産が始まった場所(窯跡)として大阪府堺市南部、和泉市、大阪狭山市、岸和田市、にまたがる丘陵地帯に分布する陶邑窯跡群、福岡県の小隈・山隈・八並窯跡群が知られている。これらの系譜は、いずれも伽耶系である。”(Wikipediaより)

とあります。土師器までと違い、ろくろを使い窯で焼くという当時としては画期的な製法です。最初に須恵器生産が始まった場所として、大阪府の陶邑(すえむら)窯跡群が有名ですが、福岡県にも当初期の窯跡群があります。いずれも朝鮮半島南部の伽耶系であることは、ポイントですね。
 
<日下部遺跡(兵庫県神戸市)から出土した飛鳥時代の甕>
須恵器 


(兵庫県立考古博物館蔵、Wikipediaより)

以上、一通り、土器の変遷をみてきました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

土器が語ること(2) ~ 縄文土器と弥生土器は何が違う?

前回、一口に縄文土器、弥生土器と言っても、外見だけからは、その違いは一般人にはよくわからない、という話をしました。

では、縄文土器と弥生土器は、具体的にどのように違うのでしょうか?。ここで整理します。

■形
縄文土器は、口が広くて底が深い形(深鉢形(ふかばちがた))が多いといわれますが、壺型や注口型(上写真)、浅鉢、香炉形、高杯、、皿形など様々な形があります。
弥生土器は、壷・甕(かめ)・鉢、皿を台の上に載せた形状の高坏(たかつき)などの簡素な形をしたものが多いです。

■模様
縄文土器は、名前の通り、縄を押し付けてつける縄目の模様がありますが、縄文を使わないものもあります。
弥生土器は、シンプルなデザインが多くなりました。

■製作方法
どちらも紐作りで作成します。紐作りとは、ひも状に伸ばした粘土を積み上げていく技法のことです。
縄文土器は、窯を使わない平らな地面あるいは凹地の中で、やや低温(600℃~800℃)の酸化焼成します(野焼き)。そのため赤褐色系で、比較的軟質です。
弥生土器は、藁や土をかぶせる焼成法でした(覆い焼き)。これが窯の役目を果たし、焼成温度が一定に保たれて縄文土器にくらべて、良好な焼き上がりを実現できました。縄文土器と比べて、明るく褐色で、薄くて堅くなってます。

■使用目的
どちらも、食料資源の調理・加工・盛り付け・貯蔵、祭祀目的で使用されたようです。弥生時代に特徴的なものといえば、九州北部の墓で多くみられる甕棺としての利用でしょう。

<弥生土器>

弥生土器 高松市 
(高松市HPより)

この写真をご覧になればわかるとおり、縄文土器と同じような形のものも多いわけです。他にも、縄文土器、弥生土器とも似たような特徴をもっており、明確な差がはっきりしません。

もちろん、専門家から見れば、いろいろあるのでしょうが、正直一般人からみて、よくわからないと感じます。

その要因は、「弥生土器」の定義があいまいだからではないでしょうか?

「弥生土器」とは、
” 縄文土器のあとに続き ,古墳時代の土師器 (はじき) や須恵器より古い土器。弥生時代を通じて製作,使用され た。”(「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」より)
とあります。

以上のとおり、”弥生時代に作られた土器”としかないわけです。その弥生時代すら時代が数百年遡るなどの議論が出ており、弥生時代の定義があいまいになってます。

その弥生時代ですが、
”日本において縄文時代に続く時代で,弥生土器が使用された時代。”(同上より)
です。

ようは、
「弥生土器とは、弥生時代につくられた土器」
であり、
「弥生時代とは、弥生土器がつくられた時代」
としています。

これは、数学的に見ると、不思議な定義です。お互いにお互いを定義し合ってますね。議論があやふやになるのも頷けます。

最近、日本における水耕稲作の時期が、従来より数百年さかのぼり、紀元前1000年頃とする説が発表されました。

こうしたことから、最近は、

”弥生時代の開始時期=水耕稲作が開始された時期”

となってきてます。
そうなると、

”弥生土器=水耕稲作の時代に作られた土器”

となります。だいぶ、すっきりしてきました。

とはいえ、当時の人々が、”今日から弥生時代になった。今までの土器作り(縄文土器)をやめて、新しい土器(弥生土器)を作ろう。”などと考えて、日本国中、突然弥生土器を作り始めたなどということが起こりうるはずがありません。

弥生時代に入り、弥生土器を作り始めた人々がいた一方で、頑なに縄文土器を作り続けた人々が多数いたはずです。むしろ初めは、そのような人々の方が多かったはずです。そうなると、その土器は、何と呼ぶのか、という問題が出てきます。

ようするに、肝心の土器の実態としての定義がないと、このような混乱が起こるわけです。もう少し、科学的に明確化する必要があると考えます。


では、二つの土器の決定的な違いとは何か、です。

もちろん、弥生土器は、水耕稲作用に作られた土器とも言えますが、祭祀などに使用される場合もあったわけですから、そうとも言い切れません。形、模様、、使用法による分類など
は、先にみてきたとおり、たいへんわかりにくいです。私は、もっとも特徴的なことは、製作法の違いにあるのではないか、と考えます。

つまり、縄文土器が「野焼き」なのに対して、弥生土器は藁や土をかぶせる「覆い焼き」です。その違いこそ、薄手で硬質な品質を可能にしたわけです。まさに、技術革新、イノベーションですね。

<覆い焼きの窯作成の様子>
弥生土器(覆い焼き) 
(秋田県秋田市HPより)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村











テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR