FC2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実 (17)~神生み② ハヤアキツヒメ

十神の最後に生まれたのが、速秋津比古神(ハヤアキツヒコ)・速秋津比売神(ハヤアキツヒメ)の二神です。男女一対の神で、水戸神とあることから、河口を掌る神ともされてます。

「大祓詞」では、川上にいる瀬織津比売(セオリツヒメ)神によって海に流された罪・穢を、「荒潮の潮の八百道の八潮道の潮の八百会に坐す速開津比売(はやあきつひめ)と云ふ神」が呑み込んでしまうと記されている。” 

神社で唱えられる「大祓詞」に、
瀬織津比売(セオリツヒメ)とともに登場します。

「大祓詞」とは、
”元々は毎年6月と12月の末日に行われる大祓で、犯した罪(神道の観念による「罪」であり、犯罪とは意味合いが異なる神道の観念による「罪」であり、犯罪とは意味合いが異なる)・穢れを祓うために唱えられた祝詞である。”

セオリツヒメは、古事記・日本書紀には登場せず、謎の神です。

水神や祓神、瀧神、川神である。九州以南では海の神ともされる。祓戸四神の一柱で祓い浄めの女神。人の穢れを早川の瀬で浄めるとあり、これは治水神としての特性である。”

人の穢れを水で浄める神ですが、これだけにとどまりません。

”『倭姫命世記』『天照坐伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記』『伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記』『中臣祓訓解』においては、伊勢神宮内宮別宮荒祭宮の祭神の別名が「瀬織津姫」であると記述される。
なお、荒祭宮は、かつては正宮に位置していたと推定される。伊勢神宮公式の由緒書きに、「その御魂をこのように二宮に並べてお祭りするのは、皇大神宮に天照大神を、同別宮に天照大神の荒御魂を奉祀する姿の古い形と言われています。」と記されている。
このとおりであれば、正宮は、式年遷宮のたびに位置を替えるのではなく、常に東に位置する正宮は天照大神、西に位置する正宮は瀬織津姫を祀っていたこととなる。” (以上Wikipediaより)

セオリツヒメは、伊勢神宮においては、天照(アマテラス)大神と並ぶ存在であることがわかります。
では、なぜこれほどまでの神が、古事記・日本書紀に出てこないのか、謎とされてます。

以前、セオリツは、宗像三女神の一人タギツヒメではないか、という説を紹介しました。

説の提唱者である矢田氏は、多くの神社で祀られているものの謎の神とされている比咩(ヒミ)神との関連について、
ヒミ(比咩)⇒ヒメ⇒(セオリツ)ヒメ
と変化したのではないか、としてます。
そして、セオリツとは「ソウル」のことであり、セオリツヒメは、「ソウルのヒメ」という意味ではないか、としてます。
詳細は、
宗像と宇佐の女神(8)~「比咩」は卑弥呼?
宗像三女神と沖ノ島祭祀の始まり(9)~タギツはセオリツ?
を参照ください。

真実はどうなのか、なんともいえないところです。いずれにしろ、セオリツヒメの実態がよくわかっていないことだけは確かです。

ハヤアキツヒメは、そのセオリツヒメとセットなわけですから、セオリツヒメ同様に、よくわからない神となるもの、いたしかたないところです。

そもそも「大祓詞」に出てくるのは、「ハヤアキツヒメ」であり、「ハヤアキツヒコ」は出てきません。それもなぜなのか、よくわかってません。

ところで、
「速秋津日売(ハヤアキツヒメ)」という表記にある「秋津」といえば、国生みの大倭豐秋津嶋(おおやまととよあきつしま)」の「秋津」があります。

国生みの話のなかでは、通説では
「大倭豐秋津嶋(おおやまととよあきつしま)」=本州
ですが、
秋津=大分県別府湾
であり、
「大倭豐秋津嶋(おおやまととよあきつしま)」=豊の国
との説を紹介しました。

もし同じ「秋津」であるなら、ハヤアキヅヒメも、豊の国(大分県)の神となります。大祓詞に出てくる川は、安岐川の可能性が出てきます。

このように実態のよくわからない、ハヤアキツヒメコ、ハヤアキツヒメですが、『古事記』では、二神の間には以下の四対八柱の神が産まれたと記してます。

沫那藝(アワナギ)・沫那美(アワナミ)
頬那藝(ツラナギ)・頬那美(ツラナミ)
天之水分(アメノミクマリ)・国之水分(クニノミクマリ)
天之久比奢母智(アメノキヒザモチ)・国之久比奢母智(クニノクヒザモチ)


いずれも水に関係のある神です。
注目は、アワナギです。

前にお話した神代七代のなかで、日本書紀の異伝である一書の第二において、アワナギがイザナギ
を生んだ、
となっています。
古事記では、ハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメは、イザナギ・イザナミの子供ですから、アワナギは、イザナギの孫に当たります。
このように、逆転現象が起こってます。

日本書紀の一書(第二)は、中国において後年編纂された「宋史倭国伝」の系譜と同じです。その系譜は、雍熈元年(984年)に宋に渡った東大寺の僧「奝然(ちょうねん)」が持って行った年代記に記されていた、と書かれてます。
つまり、神系統というのも、いくつかの伝承があったということになります。
奝然(ちょうねん)は、自ら藤原氏と名乗ってますので、古事記編纂との関連において、興味深いところではあります。

神生み1 


↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (16)~神生み① オオワダツミ

 国生みが終わり、神生みです。

まず古事記からです。
はじめに、大事忍男神(オホコトオシヲノカミ)が生まれます。この神はよくわかっていません。

次に、六柱の神が生まれます。
石土毘古神(イハツチビコノカミ)・ 石巣比売神(イハスヒメニカミ)・大戸日別神(オホトヒワケノカミ)・ 天之吹男神(アメノフキヲノカミ)・大屋毘古神(オホヤビコノカミ)・ 風木津別之忍男神(カザモツワケノオシヲノカミ)

いずれも家宅を表すあるいは守る神で、
「家宅六神」とよばれます。

次に海を統べる神、大綿津見神(オホワタツミノカミ)が生まれます。この神はたいへん重要な神で、こののちたびたび登場します。

”伊邪那岐命が黄泉から帰って禊をした時に、ソコツワタツミ(底津綿津見神、底津少童命)、ナカツワタツミ(中津綿津見神、中津少童命)、ウワツワタツミ(上津綿津見神、表津少童命)の三神が生まれ、この三神を総称して綿津見三神と呼んでいる。この三神はオオワタツミとは別神であるとの説や、同神との説がある。
この時、ソコツツノオノカミ(底筒之男神)、ナカツツノオノカミ(中筒之男神)、ウワツツノオノカミ(上筒之男神)住吉三神(住吉大神)も一緒に生まれている。”

綿津見三神とはワタツミという名前が同じであることから、同神か別神かという説があります。
たしかに二度生まれているので、別神とも考えられますが、そうであったとしても同系列であることは間違いありません。

”また、綿津見神三神の子の宇都志日金析命(ウツシヒカナサクノミコト、穂高見命)が九州北部の海人族であったとされる阿曇連(阿曇氏)の祖神であると記している。現在も末裔が宮司を務める志賀海神社は安曇氏伝承の地である。
また高見命は穂高の峯に降臨したとの伝説があり、信濃にも安曇氏が進出している。

福岡市の志賀海神社の宮司が安曇氏末裔であり、綿津見三神系統とされてます。志賀島には、イザナギが禊をしたとの伝承も伝わっており、強い関連性が推測できます。
安曇氏は信州にも進出したとされ、安曇野(あずみの)はその名残との説があります。

”山幸彦と海幸彦の段では、火照命又は火須勢理命(海幸彦)の釣針をなくして困っていた火遠理命(山幸彦)が、塩土老翁の助言に従って綿津見大神(豊玉彦)の元を訪れ、綿津見大神の娘である豊玉毘売(トヨタマヒメ)と結婚している。
二神の間の子である鵜草葺不合(ウガヤフキアエズ)命は豊玉毘売の妹である玉依毘売(タマヨリヒメ)に育てられ、後に結婚して若御毛沼命(神倭伊波礼琵古命・かむやまといわれひこ・のちの神武天皇)らを生んでいる。
綿津見大神の出自は書かれていないが、一般にはオオワタツミと同一神と考えられている。"

さらに有名な海幸彦・山幸彦神話にも登場します。
綿津見大神は、神武天皇の父親であるウガヤフキアエズの妻タマヨリヒメの父親ですから、神武天皇の祖父にあたります。

”伊邪那岐命、または同神と伊邪那美命の子に置かれる神で、子には宇都志日金析命(穂高見命)、布留多摩命(振玉命)、豊玉毘売命、玉依毘売命の四兄妹がいる。
この内、宇都志日金析命は阿曇氏の祖神で、布留多摩命は倭国造、八木氏、尾張氏の祖神とされる。なお豊玉毘売命と玉依毘売命の姉妹は、火遠理命の妻になったという世代を考えて、実際には宇都志日金析命の妹ではなく娘であったと見る説があるる。”(以上Wikipediaより)

以上、いくつかの場面に登場し、話がたいへんややこしくなってます。また、多くの豪族の祖神にもなっていることがわかります。
時代も異なっているので、同神とは考えにくいですが、同系統であることは間違いないでしょう。

古事記・日本書紀における最重要神の一柱といえますね。

神生み1

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (15)~「六嶋」はどこか?

 前回・前々回と、「大八州」についてみてきました。

古事記には、イザナギ・イザナミが「大八州」を生み終えてからオノゴロ島に戻るときに、「六嶋」を生んだ、と記載されています
今回は、「六嶋」はどこかについてみていきましょう。


大八州


まず吉備児嶋ですが、通説では児島半島とされていますが、日本書紀には「吉備子州」とあるように「州」であり、「州=クニ」であることから、吉備のクニとなります。ただし「子」とあるので、そのうちの一領域かもしれません。

次に、小豆嶋ですが、これは瀬戸内海の小豆島としていいでしょう。

大嶋以下が、問題です。

まず大嶋です。
通説では、周防大島とされています。古田氏は、日本書紀の「大州」として、「オオクニ」すなわち出雲のクニとしています。たしかにそのようにもとれますが、他の「嶋」に比べて「大嶋」の規模が突出して大きくなり、バランスに欠けます。また日本書紀の「大八州」のうち、「越州」すなわちコシノクニだけ該当がないことになります。
他にも候補はあり、どことも言い難いといったところです。

女嶋ですが、通説では大分県の姫島とされています。
姫島には黒曜石が産出し、石器の貴重な材料として、遅くとも縄文時代から利用されました。東九州を中心に、中国地方や四国地方をはじめ、鹿児島県種子島から大阪府に至る広域で使用が確認されています。
このように歴史ある島ですから、古事記に記載されてもおかしくありません。
古田氏も当初は大分の姫島としていましたが、その後、糸島の姫島、後年には北九州の白島の姫島ではないか、と変遷しています。
亦の名が「天一根」であり、これを「天(海人)族」の古い支配領域ということなら、北部九州の日本海にある島が可能性が高いということになります。
いずれにしろ、そもそも「女嶋」を「ひめじま」と読んでいいのか、という問題もあり、断定し難いところです。

知訶嶋(ちかのしま)・両児嶋(ふたごのしま)もよくわかりません。通説では、前者が値賀島(ちかのしま)、後者が男女諸島(いずれも五島列島)とされています。
しかしながら、古事記・日本書紀で全く舞台となっていない五島列島に、なぜ二つも該当する島があるのか、という疑問が湧きます。
またイザナギ・イザナミが大八嶋を生み、戻ってくるときに六嶋を生むわけですから、最後に生む島は、オノゴロ島に近いところとするのが自然です。この条件にも合っていません。

ではどこと考えるのが妥当でしょうか。

まず両児嶋ですが、古田氏は北部九州「沖ノ島」「小屋島」としています。先般世界遺産登録された島で、多くの祭祀遺跡があることから神々の宿る島とも呼ばれるなど、ふさわしいともいえます。
しかしながら、オノゴロ島のある博多湾岸からはやや外れています。また祭祀が始まったのは4世紀後半からとみなされており、神話の時代とはいえません。

ここで興味深い説をネットで見つけたので、紹介します。棟上寅七という方の私的論考「道草」の「国生み私論」からです。
棟上氏は、”大八嶋や六嶋に、由緒ある志賀海神社がありかつ金印出土した北部九州の歴史の島「志賀島(しかのしま)」が入っていないのは、不自然である。”という視点から入ります。
すぐに思いつくのは、「知訶嶋(ちかしま)=志賀島(しかしま)」ですが、古代そのように読まれたという論拠もないことから、別の仮説を提示しています。

それは、海の中道を挟んで「志賀島」と「大岳(西戸埼)」があり、それが両児嶋(ふたごのしま)と呼ばれたのではないか、というものです。両児嶋の亦の名「天両屋(あめのふたつや)」とは、”二つの家の形をした”という意味であり、遠くから見た「志賀島」と「大岳(西戸埼)」は、そのように見える、と述べています。

では「知訶嶋(ちかのしま)」はどうなるのでしょう。棟上氏は、それは「近つ島」と呼ばれ、”オノゴロ島からみて近い島”の意ではないか、としてます。具体的には福岡市の西隣にある糸島市「志摩半島」ではないか、と推測しています。志摩半島も、多くの古代遺跡があることで知られてますから、条件としては申し分ありません。

以上、通説はじめいくつかの説を紹介しました。断定できないものもありますが、限られた資料しかないなか、致し方ないところです。まずは、全体感をつかんでいただければと思います。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (14)~「亦の名」が示すこと

 前回は、イザナギ・イザナミが生んだ8つのクニ「大八州(おおやしま)」がどこか、についてでした。

さらに古事記では、大八嶋國(大八州)と六嶋について「亦の名」という名前を挙げてます。

古事記亦の名

亦の名クニ位置
以下考察です。

1.亦の名は、たとえば愛比賣(えひめ)・飯依比古(いいよりひこ)など人名が多いことが特徴であり、古い時代の国名ではないか、と考えられます。

2.伊豫之筑紫嶋と伊予の二名嶋のみ、4つの亦の名があります。
これは前回お話したように、古事記(あるいはその元となる史書)の編者は、日本書紀の大八州を「八つの島」と解釈したために、四国島・九州島に、それぞれの島にあった古い国名を当てたのではないか、と推測されます。

3.肥國には建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよくじひぬわけ)という、長たらしい亦の名がついてます。
これも難解で、通説でもすっきりした解釈がされてません。
古田氏は、豊を豊国、久士比を「クシニ」「奇し火」(有明海の有名な不知火)、泥別を「ネワケ」(分国)と解釈して、
「建日別(熊襲國)に向かう(途中に当たる)不知火の燃える、豊国の分国」
としてます。
そしてその起点を、北に位置する天比登都柱(あめのひとつばしら、壱岐島)ではないか、と推測してます。
そして"「天比登都柱」とは、尋常ならざる名前だ”と述べてます(同書P368)。たしかに、「天(海人)族」の「天」、一つの「比登都」、神を意味する「柱」から構成されてるわけで、なるほどといったところです。

4.「天」のつくクニが、大八嶋で4つ、六嶋で3つあります。古田氏はこれを、「天(海人)族」の古い時代の支配領域ではないか、と推測してます。その範囲は、大八嶋では、隠岐の島、壱岐、津島となります。これは図をみれば明らかなように、北部九州~出雲の日本海にある島々です。
なお、天御虚空豊秋津根別(大倭豐秋津嶋)については、他の一連の名前とは別格の荘重さが備わっていることから、あとから挿入された「新名」ではないか、としてます。六嶋については、後述します。

5.「天」のつくクニが「天族」の古い支配領域であるなら、それ以外は、その当時支配領域でなかったことになります。具体的には、淡路島・四国・九州島・佐渡・吉備児島・小豆島などです。たしかにこれらの領域は、北部九州~出雲の日本海にある島々の領域からは外れてることがわかります。

以上いかがでしたでしょうか?

このように解釈すれば、通説ではきれいに説明できない事柄が、すっきり整理できますね。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR