FC2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実 (34)~神生み⑲ 月読神社 

ではツクヨミを祭っている月読神社をみてみましょう。

月読神社といえば、京都の神社が有名です。

”京都府京都市西京区松室山添町にある神社。式内社(名神大社)で、現在は松尾大社摂社。
「松尾七社」の一社。祭神は月読尊

『日本書紀』顕宗天皇3年2月条における月読神社の創建伝承では、高皇産霊(タカミムスビ)を祖とする「月神」は壱岐県主(いきのあがたぬし)に奉斎されたとある。また『先代旧事本紀』では、「天月神命」の神名で壱岐県主祖と見える。これらから、当社祭神の神格は海人の壱岐氏(いきうじ)によって祀られた月神(海の干満を司る神)と推定される。また別の神格として、壱岐氏が卜部を輩出したことから亀卜の神とする説もある。

顕宗天皇3年の記事は壱岐氏の伝承と考えられており、本拠地の壱岐島にある月読神社からの勧請(分祠)を伝えるものとされる。山城への勧請には、中央政権と朝鮮半島との関係において対馬・壱岐の重要視が背景にあるとされる。壱岐・対馬の氏族が卜部として中央の祭祀に携わるようになった時期を併せ考えると、月読神社の実際の創建は6世紀中頃から後半と推測されている。”
(Wikipedia「月読神社(京都市)」より)


月読神社・京都


顕宗天皇3年記事とは、
”顕宗(けんぞう)天皇三年春二月一日、阿閉臣事主(あへのおみことしろ)が、命をうけ任那に使いした。このとき月の神が人に憑いて、「わが祖タカムスヒノミコトは、天地をお造りになった功がある。田地をわが月の神に奉れ。求めのままに献上すれば、慶福が得られるだろう」といわれた。事代(ことしろ)は京に帰って、詳しく申し上げた。山城国葛野郡の歌荒樔(ウタアラス)田を奉られた。壱岐の県主の先祖の、押見宿禰(おしみのすくね)がそこにお祀りして仕えた。”
(全現代語訳「日本書記」(宇治谷孟)より)

というものです。元々壱岐に祭られていたツクヨミを、京都の地に分祠した経緯とされてます。
では壱岐の月読神社をみてみましょう。

”長崎県壱岐市芦辺町国分東触に鎮座する神社である。橘三喜により延喜式内社(名神大社)と査定したとされる。月夜見命、月弓命、月読命の3柱を祀るがいずれも同神である。古くは「山の神」と称されていた。”(Wikipedia「月読神社「壱岐市」より)

三喜の査定には疑問も持たれているようですが、少なくとも月読を祭る神社が壱岐にあったことは間違いありません。

月読神社・壱岐
そして、日本書紀顕宗天皇3年記事では、引き続いて、
”夏四月五日、日の神が人に憑かれて、阿閉臣事主(あへのおみことことしろ)にいわれ、「倭の磐余(いわれ)の田を、わが祖タカムスヒノミコトに奉れ」と。事代は奏上し、神の求められるままに、田十四町を奉った。対馬の下県直(しもあがたのあたい)が、これをお祠しお仕えした。”

とあり、対馬のアマテル神を大和の磐余に祭った記載があることは、前に触れました。

以上のとおり、
壱岐のツクヨミ ⇒ 京都の月読神社
対馬のアマテル ⇒ 大和の磐余

と対比をなしています。

そして祭祀が
北部九州⇒畿内
と移動していることは明らかですね。


↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 


スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (33)~神生み⑱ ツクヨミ 

 三貴神のアマテラスをみてきましたが、次は月読(ツクヨミ)命です。

アマテラスが、左の眼を洗ったときに生まれたのに対して、右の眼を洗ったときに生まれたのがツクヨミです。アマテラスの日に対して、月に対応しているわけですから、アマテラスとセットの神です。

そして支配領域として、古事記では、
アマテラス・・高天原
ツクヨミ・・夜の食国(をすくに、世界)、滄海原(日本書紀一書)
スサノオ・・海原、根の国(日本書紀本文・一書)

となっていることからも、きわめて重要な神といえます。

ツキヨミ系統

ところがです。ツクヨミは、その後ほとんど登場しません。

”日本神話において、ツクヨミは古事記・日本書紀の神話にはあまり登場せず、全般的に活躍に乏しい。わずかに日本書紀・第五段第十一の一書で、穀物の起源として語られるぐらいである。
これはアマテラスとスサノオという対照的な性格を持った神の間に静かなる存在を置くことでバランスをとっているとする説がある。同様の構造は、高皇産霊尊(高御産巣日神・たかみむすび)と神皇産霊神(神産巣日神・かみむすび)に対する天之御中主神(あめのみなかぬし)、火折尊(火遠理命(ほおり)・山幸彦)と火照命(ほでり・海幸彦)に対する火酢芹命(火須勢理命・ほすせり)などにも見られる。”(Wikipedia「ツクヨミ」より)


皇祖神であるアマテラスと乱暴者のスサノオの間の緩衝としての役割を担っている、という解釈です。

ところで、
世界の神話をみると、
太陽、月とその弟ないし妹という組み合わせは比較神話学の分野では、他国の神話にも見られると指摘されている。”(「日本神話の起源」(大林太良)、Wikipedia同上より)
とあるとおり、アマテラス・ツクヨミ・スサノオの組み合わせは、よくみられるパターンです。

一方で、
太陽よりもむしろ数量的に月の神話のほうが多く、昔から、月に対する人々の関心が高い。”
との指摘もあります。
その理由として、
”月は太陽に比較して変化のサイクルが明確で、記紀神話でツクヨミ神が海の神でもあるように、海潮の干満とも、またその周期が女性の生理とも類洞し、暦や農耕・漁労活動とも関連性をもち、人間生活と深く結びついている。
と述べられています(「世界神話事典 創成神話と英雄伝説」(伊藤清司ほか)P430より)。

ようは、月は人間生活に深く結びついていることから、太陽より月の神話のほうが多い、ということです。

このようにみてくるとやはり、ツクヨミの登場がほとんどないのは、違和感を感じます。

ではなぜツクヨミは、古事記・日本書紀では、ほとんど触れられていないのでしょうか?

可能性のひとつとしては、もともとはツクヨミの神話があったのだが、何かの都合で削除した、あるいは伝わらなかったのではないか、というのが考えられます。

「何かの都合」とは、「伝えると都合の悪いことになるから」ということですが、どういうことでしょうか?

私のブログや著書をお読みいただいている方にはピンときたと思います。

そうです。「九州王朝」の人々が信仰していたからではないか、という疑いです。

古事記・日本書紀は、ヤマト王権の歴史書です。そこでは「九州王朝はなかった」ことになってます。そうであれば、九州王朝にまつわる話はすべてカットされたはずです。

あるいは、九州王朝が滅亡して、九州王朝にかかわる信仰も消えてしまった、という解釈もできます。

これは、前回までみてきたホアカリも同様です。ホアカリもアマテラス系の本流でありながら、記紀にはその後全く登場しません。これも、ホアカリの伝承をカットしなくてはならない事情があったのではないか、という疑いがあります。

次回さらにみていきましょう。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (32)~神生み⑰ 小船越

 
もうひとつアマテル神社については、注目すべき点があります。

アマテル神社のある位置です。
対馬本島は、北部の上島(うえじま)と南部の下島(しもじま)に分かれており、ちょうどその間に位置しています。そして西に深浦、東に小船越浦という浦(入り江)に挟まれており、地名は「小船越」です。

対馬は、古代においては中国大陸や朝鮮半島への行き来の中継点でした。朝鮮半島からやってくる場合は、舟は上島と下島の間の浅茅(あそう)湾に入ってきます。深浦まできたところで一度陸に上がり、舟をかついで歩きます。そして小船越浦に出たところで舟を海に降ろし、そこからまた船に乗り日本列島に向かいました。

ですから地名が「船越」となっているわけです。

その「船越」を見下ろす丘にアマテル神社は立地してます。

ということは、アマテル神社とは、航海をする人々にとっての守り神だったのでしょう。

そしてこの場所を支配する豪族が、アマテルを信仰する海人(天孫)族であり、ホアカリであったという可能性が考えられます。

アマテル神社位置











アマテル神社・古代港跡

西漕手(にしのこいで)は、いかにも古代の港をほうふつとさせる風情です。
そしてアマテル神社は、あっけないほどこじんまりとしてますが、逆に素朴で原初的な風景ともいえますね、。





↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (31)~神生み⑯ アマテル神社とホアカリ

前回は、日神(アマテル)の源流は対馬であり、なかでも阿麻氐留(アマテル)神社ではないかという話でした。

今回は、そのアマテル神社をみていきましょう。

所在 長崎県対馬市美津島町小船越字河岸川三五二

式内社・阿麻氐留神社に比定されている古社で、貞観十二年三月、正五位下に叙されている。
天日神命(ヒニミタマ)津嶋縣直の祖神として、『神名帳考 證』にも「阿麻氐留神是天日神命也」とあり、『特撰神名 牒』は、山城の天照御魂神社、丹波の天照玉命神社等と同 じく、当社も天照國照彦火明命なるべし、と考定してゐる。
阿麻氐留といふのは天照であり、それは本来この地方の神 名で、「天照神」だつたのではないか。それはまた照日神(テルヒノカミ) とも称したことは、『対馬神社誌』に明らかである。”
-『式内社調査報告』-


”「則〔日神命が〕御住地也。高御魂尊之孫裔也。皇孫降臨之時供奉之神也。古事本紀曰、天日神津島縣主等祖云々」”(「大帳」より)

祭神は諸説あります。
天津向津姫神 ・・・ 「大小神社帳」による
「対馬下県主、「日神命」またの名は「天照魂命」 ・・・ 「神社大帳」による
「天日神命(ヒニミタマ)」 ・・・ 「明細帳」による
(玄松子の記憶「
阿麻氐留神社」より genbu.net/data/tusima/amateru_title.htm)

注目は、天日神命(ヒニミタマ)が、
火明命(ホアカリ)ではないかとされていることです。前回も、全国のアマテル系神社とホアカリとの強い関連について触れました。

ホアカリは、古事記によれば、アマテラスとスサノオの誓約で生まれた子アメノオシホミミの子です。ホアカリの弟にニニギがおり、ニニギが天孫降臨して日本を支配します。ニニギの子がホオリ(山幸彦)であり、ホオリの孫が神倭伊波毘古命(のちの神武天皇)です。
つまりホアカリは天皇家の親戚になります。

タカムスヒ・ホアカリ系統

これだけみると、ホアカリは傍系のようですが、はたしてそうでしょうか?

ホアカリの正式名称は、
天照国照彦火明命(アマテラスクニテラスヒコホノホアカリノミコト)・・日本書記
です。

通常は、アマテルクニテルと呼ぶのですが、天照大神をアマテラスと呼ぶなら、アマテラスクニテラスと呼んでもいいでしょう。
ホアカリの場合は、アマテラスにさらにクニテラスまでついているのですから、
”祖母のアマテラス以上の広範な「天」と「地」との両域にまたがる支配権を象徴した名だといえよう。”(「盗まれた神話 記・紀の秘密」(古田武彦)P235より

並々ならぬ名前であり、いかにもアマテラスの本流にふさわしい名前です。

一方のニニギの名称のひとつは、
天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギノミコト)・・古事記
です。
いろいろな解釈はできますが、ホアカリに比べると、見劣りすることは否めません。

そもそもホアカリは長男であり、ニニギは弟です。
こうしたことから古田武彦氏は、もともとはホアカリが本流であったのではないか、と推論してます。

ではなぜホアカリ系統の話が古事記・日本書紀には記載されていないのかといえば、傍系であるニニギが天皇家につながったためカットされたのではないか、と述べています。
(同上P235より)

なるほどと思わせる仮説です。

ところで、
天日神命は対馬県主の祖であり、対馬県主は、姓氏録未定雑姓・摂津国神別に津島直・津島朝臣が天児屋根(アマノコヤネ)命〔神事の宗家〕から出るとあります。

アマノコヤネとは、『古事記』には岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、アマテラスが岩戸を少し開いたときに布刀玉命(フトダマ)とともに鏡を差し出した。天孫降臨の際ニニギに随伴し、中臣連の祖となったとあります。

中臣氏といえば、のちの藤原氏につながる名家です。

一方、ホアカリは、「先代旧事本紀」によれば、
邇芸速日命(ニギハヤヒ)と同一とされています。
ニギハヤヒといえば、物部氏・尾張氏・海部氏の祖とされています。

こうした系譜がどれだけ史実を反映しているのかはさておいて、のちの世に大きな勢力をもった氏族たちが、ホアカリを強く信奉していたことは間違いありません。

ところでここで大きな疑問が残ります。

アマテル神社の祭神に、アマテラスの名前がありません。天日神命(ヒニミタマ)がアマテラスを連想させますが、これまでみてきたようにそれはホアカリとされているわけです。となると、アマテラスはどこからきたのか、という疑問です。

千田氏は、松前健氏の説に従い、ホアカリをアマテラスの原型と位置づけています。
そして、
”ニニギノミコトをタカムスヒとする別伝があり、おそらく、このほうが降臨神話の本来の型を保っている。(千田氏同書P35)
としています。

系譜上は、ホアカリの外祖父が高木神であり、高木神は一般的にタカムスヒと同神とされてますので、タカムスヒ系統ということはいえます。

ただしそれにしても、アマテラスの名前が出てこないのには、疑問が残ります。

それに対する答えとして、次のようにも考えられます。

もともと対馬には太陽(アマテル)信仰があった。アマテルは神代の信仰だったが、ホアカリという英雄が登場して、時代を経るにしたがいホアカリが人格神として祀られるようになった。

一方アマテル信仰は海人族の活動とともに各地に広がり、丹波や尾張、畿内や伊勢にも伝わった。いつのころからかアマテラスと呼ばれるようになった。ヤマト王権が信仰したことにより、全国的に広まっていった。


というものです。

もちろん推測であり、断定には慎重であるべきですが、一つの仮説として提示したいと思います。


↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

古事記・日本書紀のなかの史実 (30)~神生み⑮ アマテラスの淵源

 
イザナギの禊ぎ払いにより、次々と神が生まれましたが、最後に生まれたのが、天照大御神(アマテラス)、月読命(ツクヨミ)、建速須佐之男命(タケハヤスサノオ)の、三貴神です。

この三貴神についてみていきましょう。

まずはアマテラスです。

ここまで禊ぎ払いの行われた場所について、北部九州の海峡で、ワタツミ神については志賀島、住吉神については博多の住吉神社等を候補地として挙げました。

ではアマテラスはどうでしょうか?

アマテラスというと、伊勢神宮が思い浮かびますが、ことはそう簡単ではありません。
「伊勢神宮」(千田稔)を参照します。

”いつ、どのような契機でなぜ伊勢の地に鎮座したのかについても明確に説いた資料はない。『日本書記』には垂仁天皇の時代にアマテラス大神が伊勢にまつられた事情が語られているが、『日本書記』の編纂という政治的行為によって組みこまれた虚構性を念頭におくと、無批判に信用できるものではないことはいうまでもない”(同書P6)

アマテラス大神の原型となる神の信仰がやがて王権のなかにとりいれられ、王権の祖神となっていくプロセスがあったにちがいない。”(「伊勢神宮」(千田稔)P5)



ここでいう「アマテラスの原型となる神の信仰」がどこにあったのかを探れば、おぼろげながら見えてくるはずです。

その「アマテラスの原型」ともいうべき「アマテル」系神社がどのように分布しているのかを示したのが、下図です。



アマテル神社分布


上の図に挙げた「アマテル」系神社について、次のように述べてます。

”太陽神をまつることは認めてよく、さらにそれらのなかから一つのキーワードを指摘するとすれば「火明命」という神の名前であろう。”

”いま一つ私の興味を引くのは、対馬のアマテル神社だけが「阿麻氐留」と仮名表記をしている点である。”

”もし「アマテル」信仰が畿内あたりから伝搬して対馬に受け入れられたとしたら、対馬のアマテル神社は「天照神社」と漢字で表記されていた可能性も考えられるが、実はそうではなかった。「アマテル」という本来の音だけが今日まで伝えられたということは、「アマテル」系信仰の源流をこのあたりに求めうるという、一つの仮説を導くことができる。


ポイントは、
太陽神信仰であること
「火明命(ホアカリノミコト)」がキーワードとなっていること
・アマテル系信仰の源流が対馬あたりであること

です。

太陽神信仰といえば、対馬には、天道(天童)信仰があります。
私たちは子供のころ、太陽のことを「おてんとうさん」と呼んだりしますが、天道信仰と関係があるのでは、と述べています。

天道信仰については、
1300年ほど昔、海の向こうから来たというひとりの女性が、太陽の光を浴びて子をはらんだといいます。生まれた子が、太陽を父に持つ「天道法師」。人々の病をたちどころに治すという不思議な力を宿していました。天道法師が亡くなったとされる聖地・八丁角(はっちょうかく)にある石積みの塔は、天道法師が自らつくり、中に入って即身成仏したとされています。”(NHK 新日本風土記アーカイブス「対馬の天道さま」より)

このように、1300年ほどの歴史とされています。

ところがもっと昔にまでさかのぼるという説があります。千田氏は、永留久恵氏の著書「古代日本と対馬」から、
「天道と別に天神、天之神、阿麻氐留神社、照日権現、お日照様などと称する天神系祭祀が二十七ケ所あり、これらの天神が、天道と何等かの関係をもった例が多いことから、この両者は同一の信仰体系にあったものと推察される。」
と引用してます(千田同書P26)

つまりもともと天神の信仰ーアマテル信仰などの太陽信仰ーがあり、それに後年、天道信仰が習合していったという説です。これが史実に近いと考えられます。

千田氏は、アマテラス信仰の淵源について、中国の道教、ことに西王母伝説などとの関連も指摘したうえで、中国南部、長江流域ではないか、と推測しています(同書P42)。

ここでは、ホアカリがアマテラスという名の皇祖神へと昇格した、としているのですが、ホアカリについては、次回とりあげます。

ところで、日本書紀には興味深い記載があります。

”顕宗(けんぞう)天皇三年春二月一日、阿閉臣事主(あへのおみことしろ)が、命をうけ任那に使いした。このとき月の神が人に憑いて、「わが祖タカムスヒノミコトは、天地をお造りになった功がある。田地をわが月の神に奉れ。求めのままに献上すれば、慶福が得られるだろう」といわれた。事代(ことしろ)は京に帰って、詳しく申し上げた。山城国葛野郡の歌荒樔(ウタアラス)田を奉られた。壱岐の県主の先祖の、押見宿禰(おしみのすくね)がそこにお祀りして仕えた。”

”夏四月五日、日の神が人に憑かれて
、阿閉臣事主(あへのおみことことしろ)にいわれ、「倭の磐余(いわれ)の田を、わが祖タカムスヒノミコトに奉れ」と。事代は奏上し、神の求められるままに、田十四町を奉った。対馬の下県直(しもあがたのあたい)が、これをお祠しお仕えした。”
(全現代語訳「日本書記」(宇治谷孟)より)

前段は、月の神を京都のウタアラス田に祭った経緯を記載しています。これは月読神社の本拠地の壱岐島にある月読神社から、京都の月読神社への勧請(分祠)を伝えるものとされています。

後段の
日の神について千田氏は、対馬のアマテル神社の祭神のこととみてよい、としています(同書P22)。

磐余は、大和王権にとって重要な場所です。

”奈良盆地桜井市中部(阿部・池之内)から橿原市南東部(池尻)にかけての古地名。天香具山北東山麓を指す。
神武天皇の和風諡号、「神日本磐余彦天皇」の中にこの地名が含まれる。
古くから皇居が営まれてきたところで、神功皇后の磐余若桜宮(いわれわかさくらのみや)、履中天皇の磐余稚桜宮、清寧天皇の磐余甕栗宮(いわれみかくりのみや)、継体天皇の磐余玉穂宮、用明天皇の磐余池辺双槻宮(いわれいけのへなみつきのみや)が置かれてきている。
5世紀から6世紀にかけての大和政権の政治の中心地で、履中天皇の時代には磐余池が築造されている。『万葉集』巻第三には大津皇子の辞世の句が詠まれており、歌枕でもあった。”(Wikipedia「磐余」より)


月の神を祀った場所が、京都の月読神社になっているわけですから、奈良の磐余の地にも同様に祀られた場所があったことになります。それは目原坐高御魂(メハラニマスタカムスヒ)神社といわれており、その論社として、天満神社、耳成山口神社、山之坊山口神社が挙げられています。いずれも奈良県の橿原市にあります(
www.y-tohara.com/nara-mehara.htmlより)

以上の記載から、月神は壱岐に、日神は対馬にそれぞれ源流があるとされていたと、「日本書記」の記事を解釈することができる。”と述べています(同書P24)。

対馬・壱岐にはどこから伝わったのかについてはここではおいておきますが、大きな流れとして、
北部九州(対馬・壱岐)→畿内
という流れがみてとれますね。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR