FC2ブログ

謎の国々は実在したか?(3) ~ 古代日本人は太平洋を舟で渡った!?

さて、「侏儒(しゅじゅ)国」を探し求めて、高知県は土佐清水市、足摺岬までやってきました。問題は、この先です。ここで、もう一度、三国志魏志倭人伝をみてみましょう。


【現代訳】
女王国から東へ千里ほど海を渡ると、また国がある。みな倭と同じ人種である。その南に侏儒国(しゅじゅこく)がある。身長は、三、四尺である。女王国から四千里ちょっと離れている。さらに裸国(らこく)、黒歯国(こくしこく)があるが、どれも東南にあたる。一年も航海すれば、たどりつけるだろう。

すなわち、”裸国、黒歯国は、侏儒国の東南、舟で1年航海したところにある”、とあります。こうした記述から、一般的には、
「だから、魏志倭人伝の記載はいい加減なのだ。」
「倭人のほら吹きを、そのまま記載しただけだ」
と言われているわけです。

ところで、裸国、黒歯国という文字を見て、皆さんは、どんなイメージをもつでしょうか?。

そのまま読めば、”裸の国”、”歯が黒い国”ですから、何となく、南方の国を思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか?。

では、侏儒国の東南に、そのような国があったのでしょうか?
地図でみてみましょう。

侏儒国東南

侏儒国から東南の方向は、太平洋ですが、太平洋を横断してさらに東南へ行くと、南アメリカ大陸へと到着します。

古田武彦氏は、南米「エクアドルの辺り」と主張しました。

あまりに突飛なので、驚かれた方もいると思います。なかには、
「小さい舟で1年かけて、そんなに遠い国へ、本当にたどりつくのか?」
と思われた方も多いでしょう。
また、
「具体的証拠はあるのか?」
というのも、もっともな指摘です。

では、科学的視点をもって、見ていきましょう。

当時は、帆船ではなく、手漕ぎの舟です。手漕ぎだけでは、そんなに遠くへ行けませんから、潮の流れ、すなわち海流に乗ることになります。そこで、太平洋の海流の流れを見ます。
海流1 
海流2

図の通り、足摺岬を舟で出れば、黒潮に乗り、日本列島に沿い、北東の方向へ運ばれます。そこから太平洋の大海原を、海流に乗り、ひたすら東の方向へ進みます。

北アメリカ大陸に近づくと、カリフォルニア海流が、南に向かって流れています。その流れに乗り、次第に大陸に近づきながら、南下していきます。赤道を越えたあたりで、今度は、南から北上してくるペルー海流(図には記載されてません)とぶつかります。したがって、これ以上、南へは進めず、ここでストップすることになります。ここが、ちょうど、南米エクアドルなのです。

つまり、海流の流れにうまく乗れば、自然とアメリカ大陸に到着する、というわけです。実際、東日本大震災において大量のがれきが太平洋に流れだし、北米大陸のカリフォルニア沿岸に到着したことが、報道されました。巨大ながれきが、自然とアメリカ大陸に流れ着いたのですから、もともと潮の流れにうまく乗るように作られた舟であれば、もっと容易にたどりつくことでしょう。

ところで、実際に舟で太平洋を横断した勇気ある人が、現代にもいました。
・堀江謙一氏 (1962年) 西宮⇒サンフランシシコ 3ケ月と1日
・牛島龍介氏  (1969年)   博多⇒サンフランシスコ 2ケ月と20日
です。 
いずれもヨットですが、日本〜サンフランシスコまでほぼ3ケ月です。サンフランシシコから南下して、エクアドルまで同じくらいかかるとして、約3ケ月かかるとすると、
侏儒国からエクアドルまでは、
3 +3 = 6ケ月
かかることになります。

また、1980年に興味深い実験が行われました。「太平洋古代文化の会」による古代航海実験です。
下田~サンフランシスコ~アカプルコ~グアヤキル~リマ~アリカ(チリ)
の18000kmを.野性号Ⅲにて航海しました。
日本〜サンフランシスコが、50日
日本〜チリ最北端の町アリカが、207日
でした。

この実験からも、侏儒国からエクアドルまで、6ケ月という数字は、妥当なものと言っていいでしょう。

ところで、魏志倭人伝を見ると、
”侏儒国から裸国、黒歯国まで1年かかる
とあります。

「何だ、月数が倍も違って、合わないじゃないか」
との考えをもたれた方もいると思います。

ここで、「いや、そうではないよ」と、反応された方は、このブログをよくよく読まれて理解されている方です。

そうです。ここで、あの「二倍年歴」の登場です。
つまり、「二倍年歴」を考慮すると、
1年÷2=6ケ月
となり、魏志倭人伝の記載(1年)が、実際の月数(6ケ月)と、ピタリと合ってくるのです。

「こんな計算は、単なるこじつけだ。」
とか、
「たまたま偶然、合っただけだ」
という方も、多いでしょう。

当然予想される意見ですが、ここで、この解釈についていくら議論したところで、水掛け論で終わってしまいます。そこで、次回からは、別の視点から、みていきます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

日本史 ブログランキングへ
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
等身大フィギュアに囲まれてセレブ体験! マダム・タッソー東京

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

裸国、黒歯国

漁労に従事してた縄文人が海流に乗って遥々エクアドルまで辿り着いたのは分かりますが、南米から縄文人が日本に戻って来た痕跡はまだ見つかってない。
中島信文氏の本『甦る三国志魏志倭人伝』で指摘されてる通り、東夷伝の原本には《日本列島を船であちこち旅して回って1年》という趣旨で書かれてあったのを、後の時代に《侏儒国から船で旅して1年》という意味に誤写されてしまった可能性の方がより高い。 
          
https://www.google.com/amp/s/gamp.ameblo.jp/yamatai-nihongi/entry-12408311302.html

昔の中国はヨーロッパ以上に多言語社会、内戦や民族移動が激しく、公用語が何回も入れ変わってる。 

Re: 裸国、黒歯国

独り言さんへ
お答えします。

> 漁労に従事してた縄文人が海流に乗って遥々エクアドルまで辿り着いたのは分かりますが、南米から縄文人が日本に戻って来た痕跡はまだ見つかってない。

ご指摘のとおり、南米まで行ったとしても、日本に戻ってきた人がいなければ、船で1年かかることの情報は得られません。ただしここで注意しなくてはいけないのは、南米に行くことを、現代の旅行や交易のように考えてはいけない、ということです。おそらく縄文人たちは、たとえば火山の噴火などを逃れるために、命からがら住んでいたところを舟で脱出し、そのうちのごくごくわずかな人々が、偶然にも運よく南米にたどりついたのではないか、という考えてます。
そしてそのうちのごくわずかな人々が(もしかしたら1人)、故郷を懐かしみ舟で南周りで戻ったのではないか、という可能性です。そうした話が、もしかしたら浦島太郎伝説のモチーフになったのかもしれません。そうであれば、ごくごく限られた人数でしょうから、痕跡が何ら残らなくとも不思議ではないでしょう。

> 中島信文氏の本『甦る三国志魏志倭人伝』で指摘されてる通り、東夷伝の原本には《日本列島を船であちこち旅して回って1年》という趣旨で書かれてあったのを、後の時代に《侏儒国から船で旅して1年》という意味に誤写されてしまった可能性の方がより高い。 

ブログを見ますと、
”「又有裸国 黒歯国 復在其東南 船行一年可至参問 倭地絶在海中洲島之上 或絶或連 周旋可五千余里」は次のように訳すことができます。
「また、その(倭種の国々の)東南には裸国、黒歯国がある(らしい)*。倭の旅はここ(邪馬台国)まで一年以上の期間を要した。倭の地は、遠く離れた海の中の洲島の上にあり、あるいは海で隔てられたり、あるいは陸続きであった。めぐり歩いた距離は五千余里ほどであった。」”
とあります。
”倭の旅はここ(邪馬台国)まで一年以上の期間を要した。”とありますが、中国からの使者が倭国中を方々旅したとの記載はありませんので、単純に、帯方郡から邪馬台国まで1年以上かかった、となります。となると水行10日陸行1月等との整合性がつきません。それ以前に、”郡から邪馬台国まで1年以上”というのは、常識的にみても、あまりにも日数がかかりすぎと考えます。

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR