魏志倭人伝を読む その2 ~ 邪馬台国までの道程 ここが長年の論争の天王山!

前回は、帯方郡から始まり、海を渡り、九州の末盧国(唐津市)に上陸しました。今回はそこから徒歩の旅となり、邪馬台国を目指します。ご存じの方も多いと思いますが、次の伊都国からの読み方が定まらないために、邪馬台国がどこにあるかの論争がいまだに継続しているわけです。
その意味では、まさに魏志倭人伝最大の山場と言えます。


東南に向かって陸上を行くと、五百里ほどで伊都国(いとこく)に着く。長官を爾支(にし)といい、次官を泄謨觚(せもく)、柄渠觚(へこく)という。千戸ちょっとである。代々、王がいるが、女王国に統属している。帯方郡の使節は、行き帰りに必ずここに滞在する。
【解説】
伊都国は今の糸島半島付近でほぼ決まりと言ってよいでしょう。なお王がいること、また帯方郡の使節が必ず滞在するなど、他の国々とは一線を画していることは注目すべき点です。さて問題はここからです。


東南へ行くと奴国(ぬこく)に着く。百里である。長官を兕馬觚(じまく)と言い、次官を卑奴母離と言う。二万戸ちょっとである。
東へ行くと、不弥国(ふみこく)に着く。百里である。長官を多模(たも)と言い、次官を卑奴母離と言う。千戸あまりの家がある。
南へ行くと、投馬国(つまこく)に着く。水上を行くと二十日かかる。長官を弥弥(みみ)と言い、次官を弥弥那利(みみなり)と言う。五万戸ちょっとである。
【解説】
伊都国から各国への道程が書かれてます。奴国は二万戸とあります。一戸当たり何人で計算するかによりますが、かなりの人口をもった都市であったことがわかります。
以下、不弥国、投馬国と続きます。投馬国は、五万戸と奴国を上回る大都市であることがわかります。


南へ行くと、邪馬壹国(やまいちこく)に着く。女王の都のあるところである。水上を行くこと十日、陸上を行くこと一月かかる。伊支馬(いきま)という官吏がいて、次の官吏を弥馬升(やまし)、その次を弥馬獲支(みまかき)と言い、そのまた次を奴佳鞮(ぬかて)と言う。七万戸ちょっとである。女王国から北の国々については、その戸数や道程は、簡単ながら記録することができるが、しかし、それ以外の第三者的な国々は、とても遠くにあるため詳しく調べることができない。
【解説】
いよいよ邪馬台国に到着します。さきの伊都国からの記載をそのまま足していくと、南へ、しかもかなりの遠方にあることになります。ここが邪馬台国の位置がいまだに定まらない理由の一つです。実は、単純にそうはならないのですが、今回は、魏志倭人伝の全体像をつかんでもらうのが目的なので、ここでは、ここが最大の論点である、ということをお話しすることにとどめます。


次に斯馬国(しまこく)がある。次に已百支国(いはきこく)がある。次に伊邪国(いやこく)がある。次に郡支国(ぐんきこく)がある。次に弥奴国(みぬこく)がある。次に好古都国(こうことこく)がある。次に不呼国(ふかこく)がある。次に姐奴国(せぬこく)がある。次に対蘇国(たいそこく)がある。次に蘇奴国(そぬこく)がある。次に呼邑国(かいふこく)がある。次に華奴蘇奴国(かぬそぬこく)がある。次に鬼国(きこく)がある。次に為吾国(ゐごこく)がある。次に鬼奴国(きぬこく)がある。次に邪馬国(やまこく)がある。次に躬臣国(くしこく)がある。次に巴利国(はりこく)がある。次に支惟国(きゐこく)がある。次に鳥奴国(うぬこく)がある。次に奴国(ぬこく)がある。ここが女王国の境界の尽きるところである。この南に狗奴国(こぬこく)があり、男子を王としている。ここには、狗古智卑狗(ここちひこ)という官吏がいる。女王国には所属していない。
帯方郡から女王国に着くまでに、一万二千里である。
【解説】
次に、国の名前が続きます。女王国の境界が奴国とありますが、さきの奴国とは別の国でしょう。ちなみに、ここまでで30国です。そして奴国の南に邪馬台国のライバル国である狗奴国があります。狗奴国の存在がのちの卑弥呼に大きな影響を与えることになります。そして最後に帯方郡から邪馬台国までの距離が記載されてます。

ここまでの道程を地図に示すと、下記の通りとなります。古田武彦氏(元昭和薬科大学教授)の説を基にしてますが、ここが議論百出のところなので、仮説ということにしておきます。
それぞれの国のエリアを点線で示してますが、実際にどれくらいだったのかは定かではありません。奴国が二万戸、邪馬台国が七万戸とあり、かなりの人口であったとすると、エリアがもっと広大であった可能性はあります。


末蘆国~邪馬台国3


なぜ奴国から邪馬台国へと進まないのか、とか投馬国へはどのように行くのか、あるいはその他の国はどこにあるのか、等々は、回を改めて詳しくお話しします。

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓お手数ですが、クリックお願いします。クリックするたびに、幸せの輪がどんどん広がりますように・・・!!



にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>伊都国は今の糸島半島付近でほぼ決まりと言ってよいでしょう。


地名(イト・ナ・フミ)の類似と遺跡からはそのように考えたいことは解りますが・・・・・
唐津からの方角が違っているし、糸島半島へ行くなら陸行でなく(荷物あったことだろうし)、そのまま船で行くのが自然だと思いますが?
「ほぼ決まり」には疑問を持っています。



Re: No title

ほけ老さんへ

コメントありがとうございます。

> 唐津からの方角が違っているし、糸島半島へ行くなら陸行でなく(荷物あったことだろうし)、そのまま船で行くのが自然だと思いますが?
> 「ほぼ決まり」には疑問を持っています。

唐津からの方向ですが、唐津からの道は出発地点では南東方向です。そのまま海岸沿いに進めば伊都国にたどり着く、という理解です。
また、壱岐から糸島へ直接舟で行けばいい、という疑問についてですが、それは現代人の発想だと思います。現代においてさえも、壱岐と本土との間は交通の難所とされているわけで、当時は命がけであったと考えられます。そのような状況ですから、日常の渡航ルートとしては、壱岐~松浦・唐津が開設されていおり、そのルートを利用した、と考えてます。

もちろん。あくまで推定です。しかしながら、では諸々の条件をすべて満たす候補地が他にあるのか、となるとなかなか無いのが実情です。

またほとんどの論者が「糸島」としており、遺跡との一致もみられるので、ここではこれを「決まり」と考えましょう、ということです。もちろん遠い古代の話ですから、確定ということは難しいのは事実です。そういう意味で、「ほぼ」という表現にしました。




Re: Re:No title 伊都国

丁寧なご説明ありがとうございます。
成程とは思いますが・・・

>壱岐と本土との間は交通の難所とされ・・・。日常の渡航ルートとしては、壱岐~松浦・唐津が開設され、そのルートを利用した、・・・・」
 とのこと。

3点ほど新たに疑問が・・・・
①伝の松羅国の情景は場末・山合の漁村を想像させます。
  松羅国(の.この津)が半島との日常的な渡航の玄関口であるならば多少の賑わいらしきモノがあるはずであり、伝の表現と整合しない感じがしますが?。
②当時状況からしても、博多辺りは半島との日常的な渡航ルートがあったのではないでしょうか?
  ②-1、であれば、唐津でなく、この航路を利用し、博多辺りまたは直接伊都国で上陸したのではないか?と。
  ②-2、唐津~糸島の海沿い陸路はかなりの難路かと?。博多辺りで上陸ならば楽な陸路だったのでは?と。

>唐津からの道は出発地点では南東方向です
 とのこと。
ひとつの見方としてはあり得、否定は出来ないと思います。
 呼子辺り?~唐津湾奥まで、「東」に糸島半島を眺めながら歩くのではありますが・・・。
(独立峰可也山(糸島富士)は見えるのだろうか?、もし見えたなら伊都国行きの目印になっていたかも?。)


>・・・ほとんどの論者が「糸島」としており、遺跡との一致もみられるので、ここではこれを「決まり」と考えましょう、ということです。もちろん遠い古代の話ですから、確定ということは難しいのは事実です。そういう意味で、「ほぼ」という表現にしました。
 とのこと。
「ほとんどの論者の説」は尊重すべきではありますが、基本的には傍証のツールと位置付けるべきかと思っています。
日本の遺跡や地名の名残にとらわれるべきでないと思っています。遺跡や地名の名残には、「それ」を彷彿させるものはありますが、今のところ「それそのもの」である証にはならないと感じています。
伊都国に関する(直接的な)史書が日本にはなく、中国の倭人伝に記された国。先ずは、倭人伝による推測を最優先すべきと思っています。
伊都国の場所をどこに比定するかにより、他の倭国の国々の比定地は一変してしまいます。伊都国には、特に拘りたいと思っています。

それにしても、位置関係や地名の名残・遺跡など・・・糸島を伊都国と比定したくはなります。

No title

前日辺り、他の「科学的」に関してのコメのやり取りに気付いてしまいましたので・・・・。

誤解なきようにと・・・・。決して批判をしているわけではありませんので。

伊都国については、仰られている通り「確実」はないと思います。
本記事の説も、多数説他も、すべては「仮説」と解釈しております。
現在に於いてはこれらを「実証」できる確実なモノはないと思っています。(傍証に値するものはあるように思いますが・・・)

私のコメは、その「仮説」に対する(否定でなく)、私なりの疑問を投げかけさせていただいたモノです。

恥ずかしながら、私も(とんでも)仮説」を持ってはいます。
邪馬台国論は「実証」の術がなく、「仮説」主体の世界と感じています。
勿論、論理性は不可欠ですが、・・・不謹慎かもしれませんがフリーハンドの世界と感じています。
この自由な世界を自分なりに楽しみたいと思っています。

もし、不躾な表現がありましてもそれは私の表現力の拙さであり、おおらかな心で許容いただきたく、よろしくお願いいたします。

前コメの補足ですが、遺跡などについては「魏志倭人伝から導き出し比定した伊都国の地=仮説=を傍証・補完など重要な役割をするモノ」と考えています。(無視しても構わないと言っているわけではありません。)
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR