古墳は語る(4) ~ 甕棺葬の起源地

次に「甕棺墓」です。

「甕棺墓」は、縄文時代からありましたが、縄文時代は、主として乳幼児の埋葬に使用されていました。弥生時代に入り、特に九州北部を中心にして、成人の埋葬用に広く採用されました。甕のなかに、うずくまるように埋葬されており(屈葬)、まるで胎児が、母親の胎内にいるときのような形ですね。

地上に大石を載せた「支石墓」であったり、墳丘を盛り土する「墳丘墓」であるものもあります。それらは身分の高い人の墓であったと考えられます。

そして何と言っても、特徴的なのは、副葬品の豪華さでしょう。
鏡・玉・剣の三種の神器をはじめとして、様々な品が、遺骸とともに副葬されていた墓もありました。

甕棺墓 

(吉野ヶ里遺跡展示より)

ところで、この「甕棺墓」ですが、どこから伝わったのでしょうか?


縄文時代にも、乳幼児を甕棺に入れて埋葬する風習はありましたから、それが発展したとも思えます。しかしながら、大人を埋葬する「甕棺墓」は、九州北部を中心として分布してますから、大陸の影響を受けたことは間違いありません。


では、中国には、「甕棺墓」はあったのでしょうか?


まず黄河流域ですが、中流域で仰韶(ぎょうしょう)文化が栄えました(紀元前4800年-同2700年頃)。そのなかの陝西省西安市の半坡(はんぱ)遺跡は、環濠で囲まれた集落ですが、墓も発見され、成人が土壙墓、幼児や子供は甕棺に入れられていました。

また、同じ中流域の河南省鄭州市の西山遺跡(紀元前3300年-同2700年)は、中国最古の城塞都市として話題になりました。そこからも、子供を埋葬した甕棺が出土しました。ちなみにこの遺跡は、「史記」に登場する五帝の初代「黄帝」の城跡ではないか、との説も出されました。


南の長江流域では、中流域で屈家嶺(くつかれい)文化が栄えました(紀元前2600年前-同2000年前頃)。その湖北省京山県屈家嶺遺跡は、城壁都市であり、甕棺墓も発見されました。成人が埋葬されていたかは、不明です。


以上みてきたとおり、古代中国においても、甕棺墓は存在してました。ただし、成人が埋葬されたかは不明で、子供・乳幼児用ということなら、日本の縄文時代と同じです。また、何と言っても、弥生時代からみると、時代が古すぎて、関連がよくわかりません。


そんななか、昨年中国で、甕棺発見のニュースがありました。

”河北省黄■市(■は馬へんに華)の郛堤城遺跡付近で、今年5月に初めて甕棺が埋葬された甕棺墓が見つかった。数カ月にわたる発掘調査を経て、現在まで113の甕棺墓が見つかっている。考古学者によると、同遺跡から出土した甕棺は戦国時代から漢代までの棺で、吉林大学辺境考古研究センターによってそのうち6基は一次葬として埋葬された大人の甕棺墓で、残りの107基は子供の墓と鑑定されている。新華社が伝えた。”(Record China、2016年10月12日、より)

<出土した甕棺>
中国甕棺1

中国甕棺2 

弥生時代と同時代であり、しかも大人用にも使用されていた点も、同じ
です。


このことから、古代中国甕棺埋葬の風習は途切れることなく伝えられ、少なくとも戦国時代(紀元前403年-同221年)から漢代(前漢として紀元前206年-8年)までは、風習として残っていたと考えられます。


そうした戦乱を逃れて、多くの人々が日本列島にやってきたことは、繰り返しお話ししてきましたが、彼らが甕棺葬(特に成人の)の風習ももってきたのでしょう。


河北省黄驊市は、黄河河口北側にありますが、そこから南の揚子江下流域にかけてにも、甕棺葬の風習が残っていた可能性もあります。


朝鮮半島には、南部を除いて甕棺は発掘されてませんから、朝鮮半島経由陸路ではなく、海路で伝わった可能性が高いと考えられます。

<古代中国甕棺出土地>
中国甕棺分布

なお、甕棺墓の風習は、東南アジアへも伝播したと考えられてますので、そのルートも図に記載しました。

↓ 新著です。購読いただければ幸いです。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おきてがみ
こちらにもお立ち寄りください。私からも訪問させていただきます。
twitter
おすすめの本
PR
PR
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。


提供:PINGOO!
旅情報
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
おすすめ
自分を不幸にしない13の習慣、今なら無料! 年収1000万以上っていい目標だと思っていた。この事実を知るまでは・・・
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR