FC2ブログ

古墳は語る(14)~前方後円墳分布の不可思議

新年明けましておめでとうございます。

今年も精魂こめて発信していきたいと考えてます。
よろしくお願いいたします。

さて、前回は、前方後円墳の分布について、データを基にした全体的な傾向をみてきました。
前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴であるなら、常識的に考えれば、その分布の傾向として、

1.数量は、大和を中心とした畿内(中枢域)が最も多いはずである。
2.時代の推移に伴う築造数は、中枢域から同心円的に波及するはずである。たとえば、中枢域での築造が減少するに連れ、その他の地域でも減少していくはずである。

という視点で、解析しました。

すると、私たちの予想とは大きく反し、
1.数量が最も多い地域は、東国(千葉・茨城・群馬県)である。
2.中枢域での築造が減少した古墳時代後期に、東国で最も盛んに築造された。

という事実が、浮かび上がってきました。

さて前回は、主として中枢域と東国との比較をメインとしましたが、西国特に私が九州王朝があったと考えている、九州北部との比較をします。

まず数量ですが、福岡県が267基と、奈良県(312基)に迫り、大阪府(202基)・京都府(128基)を上回っていることは、前回グラフの通りです。
次に、数量の推移です。果たして、中枢域が減少していくにしたがい、九州北部でも、減少しているでしょうか?
図でみてみましょう。

下図は、中枢域である畿内(摂津・和泉・河内・大和・山城)における主な前方後円墳を記載したものです。
畿内前方後円墳 
 

ご覧のとおり、3世紀中頃(古墳時代前期)、大和において大型前方後円墳の築造が始まり、4世紀後半(古墳時代中期)になり、河内・和泉において、大仙陵古墳、誉田御陵山古墳をはじめとした巨大前方後円墳が築造されます。ところが、突然5世紀終わりごろ(古墳時代後期)には大古墳は築造されなくなります。以後、大規模な前方後円墳は築造されなくなります。例外として、大和最大の前方後円墳である見瀬丸山古墳(318m)が、終末期の6世紀後半に築造されます。なぜこの時期に突然築造されたのか、「?」ですね。

では次に、九州北部ではどうだったのか、みてみましょう。
九州前方後円墳1 

九州前方後円墳2 九州前方後円墳3


見ての通り、1期(古墳時代初頭)には、糸島~今宿平野、早良~福岡~糠屋平野、遠賀川流域で、多くの前方後円墳が築造されてます。その後大きな古墳(銚子塚古墳など)が築造されますが、5期(古墳時代中期)あたりから数が減り、規模も小さくなっていきます。

そのまま衰退に向かうのかと思いきや、再び築造数が増え始めます。その後の最大規模の前方後円墳も、
糸島~今宿平野では、今宿大塚古墳(9期)
早良~福岡~糠屋平野では、東光寺剣塚古墳(9期)
津屋崎・宗像・遠賀川下流域では、在自剣塚古墳(9期)
遠賀川中流では、桂川大塚古墳(9期)

と、終末期に築造されます。

また、久留米、八女地方では、前方後円墳築造が中期以降活発になりますが、最大のものは、筑紫の君磐井の墓として有名な岩戸山古墳(9期)です。ちなみに岩戸山古墳は、墳長138mで、北部九州最大の前方後円墳です。

以上みてきたとおり、畿内において前方後円墳築造が隆盛を極める古墳時代中期(5世紀、5・6・7期)に、九州北部では築造が衰退し、畿内で衰退する古墳時代後期(6世紀、8・9・10期)において、九州北部で再び活発化することが、わかります。

この事実を、どのように解釈すればいいのでしょうか?

これに対して、たとえば
「畿内で大古墳が築造されていた中期は、他の地方では築造が規制されたが、畿内で築造されなくなった後期は、規制がなくなり、各地方で自由に築造できるようになったのだ。」
という説明がされるかもしれません。

実際、天皇陵も、用明天皇(587年没)以降は、方墳・八角墳へと変遷します。それに伴い、前方後円墳は全国支配の象徴ではなくなった、という解釈です。

しかしながら、そのようなことが現実的にありうるでしょうか?

”畿内においては、後期になって前方後円墳に対する興味がなくなり、各地方の豪族に対して、
「以後、ご自由に造ってくださって結構です。」
などという詔でも出した。”
ということでしょうか?。
それほど大和朝廷は、地方豪族に寛容で心優しい人々の集団だったのでしょうか。

そんなことはありえないでしょう。

たとえ築造を自由に許すにしても、少なくとも「天皇陵を上回るものは築造してはならない。」程度の規制はかけるはずです。そうでなければ、過去の天皇陵の権威を、貶めてしまいかねないからです。

ところが実際には、八女の岩戸山古墳(9期)は、墳長138mであり、同年代の天皇陵の墳長を上回ってます。他にも、同時代の天皇陵を上回る古墳が数多くあります。こんなことを、当時の大和朝廷が、やすやすと認めたのでしょうか?。

こうなってくると、そもそも「前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴であった。」という前提自体、「?」ということになってこざるをえません。

↓ シリーズ第二弾を電子書籍でも出版しました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴

>こうなってくると、そもそも「前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴であった。」という前提自体、「?」ということになってこざるをえません。

〇新年あけましておめでとうございます。
 記事、早速拝見しました。そして、前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴ではなかった、という指摘は、たいへん説得力があり、そのとおりだと思いました。
 今年も、興味深い記事、楽しみにしております。
 草々

古墳は支配の証なのか?

墓を造るにも人手や投資が必要な訳ですから、当然ながら戦争が続いて戦死者が多数出たり予算不足に陥れば墓の築造に割く予算を減らすのではないでしょうか?墓って国家運営に直接関係無い経費の筈です。卑弥呼のように墓ではなく塚を造ったという記録も一例ではないかと思います。北九州では外征続きで兵士の戦死や戦費が重なって余力が無かったが外征が減少したか無くなったりして墓の築造に余裕が出来た。逆に畿内では権力闘争が進み勢力が大きくなり、大きな墓を築造する余裕が出来たが、統一が進み新たな征服地が増えなくなって墓に割く予算が不足した。よって大きな墓を築造する余裕は無くなった。というのが基本的な時代の流れではないかと私は考えます。当然、飢饉や不況もその時その時で起こった可能性を否定しません。

Re: 前方後円墳が大和朝廷の全国支配の象徴

レインボーさんへ

明けましておめでとうございます。

前方後円墳に限らず、他のすべてのことにも共通しますが、古事記・日本書記などの史書の内容を一度すべて忘れて、考古学など科学的データを純粋な気持ちで眺めてみれば、真実の姿はおのずと見えてくると考えてます。その材料提供ができればと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

Re: 古墳は支配の証なのか?

コメントありがとうございます。

> 墓を造るにも人手や投資が必要な訳ですから、当然ながら戦争が続いて戦死者が多数出たり予算不足に陥れば墓の築造に割く予算を減らすのではないでしょうか?墓って国家運営に直接関係無い経費の筈です。

面白い表現ですね。ご指摘の面も確かにあると思います。その一方でやはり巨大な古墳を造ったのには、何か大きな理由があるはずです。権力の誇示というのももちろんあったでしょうが、それだけであれだけの巨額の経費をかけるものなのかという疑問もあります。それが宗教的なものなのか何なのか、は興味をそそるところですね。そのあたりはいずれブログでも触れたいと思います。



プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR