FC2ブログ

纏向遺跡は邪馬台国か?(16)~比恵・那珂遺跡周辺遺跡群と魏志倭人伝との関係は?

前回は、北部九州の博多湾岸にあった「クニ」についてみました。「クニ」は、通説では「奴国」とされてます。

その中枢は、須玖岡本遺跡周辺であり、その後比恵・那珂遺跡に移ったと考えられます。ということは、当然のことながら、比恵・那珂遺跡と須玖岡本遺跡は一体とみなしてよいでしょうし、博多湾岸の「クニ」-通説の「奴国」も同じ文化圏ということです。

ではこの前提で、魏志倭人伝の描く「倭国」「邪馬台国」とどのくらい一致しているでしょうか?。検証してみましょう。

魏志倭人伝の記載を再掲します。

1.紀元前後から継続している遺跡である。
2.周辺含めた全体領域は、少なく見積もっても33000ha以上,人口は40~50万人に及ぶ。
3.海辺にあり、漁業を中心としている。
4.稲・麻を栽培している。
5.養蚕を行い、絹織物を生産している。錦も生産している。はいない。
6.、盾、弓、鉄や骨の矢じりを兵器として、常備している。
7.南方系の風習である。
8.棺はあるが、
槨(かく)はない。埋葬してから盛り土する。
9.真珠・青玉が採れる。
10.丹(硫化水銀)が採れる。
11.宮殿・楼閣・倉庫(高床式)・城柵がある。
12.大きな戦いが幾度かあり、多くの戦死者が出た。


では一つずつみていきましょう。

1.紀元前後から継続している遺跡である。
遅くとも弥生時代前期から中期にかけて、人々が住み始めた集落であり、以降連綿と続いてますから、合致してます。

2.周辺含めた全体領域は、少なく見積もっても33000ha以上,人口は40~50万人に及ぶ。
「クニ」としては、福岡平野全体ですから、面積的には満たしてますね。なお畿内同様、「邪馬台国広域地域圏」という捉え方もあることは、前回お話しました。これだけの範囲であれば、人口の要件は満たせそうです。

3.海辺にあり、漁業を中心としている。
博多湾に面してますので、当然漁業が盛んだったことでしょうから、合致してます。

4.稲・麻を栽培している。

水田遺構が多くみつかってます。当時の庶民は麻の服をきていたと推定されてますから、麻も栽培してたでしょう。以上より、合致してます。

5.養蚕を行い、絹織物を生産している。錦も生産している。はいない。
福岡平野の遺跡からは、弥生時代の絹が出土してます。なかでも須玖岡本遺跡から出土した絹は、中国製ではないかともされており、大変貴重です。以上より、合致してます。

絹出土地 

絹製品出土地(弥生時代)
No時代(弥生)遺跡名所在
 ①前期末有田福岡市早良区
 ②中期初頭吉武高木福岡市西区
 ③中期前半比恵福岡市博多区
 ④中期前半および後半栗山福岡県甘木市
 ⑤中期中葉朝日北佐賀県神埼郡神埼町
 ⑥中期後半立岩福岡県飯塚市
 ⑦中期後半門田福岡県春日市
 ⑧中期後半須玖岡本福岡県春日市
 ⑨中期後半吉ケ浦福岡県太宰府市
 ⑩中期後半三会村長崎県島原市
 ⑪中期後半樋渡福岡市西区
 ⑫後期初頭栗山福岡県甘木市
 ⑬後期終末宮の前福岡市西区
  ⑭後期終末~古墳前期唐の原福岡市東区


6.、盾、弓、鉄や骨の矢じりを兵器として、常備している。
須玖岡本遺跡からは、大量の武器が出土してます。矛も数多く出土しており、合致してます。
参考までに、広形銅矛の全国的な分布は、下図のとおりです。
青銅器分布図 


上の図で、△は広形銅矛です。九州北部、対馬に集中しているのがわかります。ちなみに○は、突線紐式銅鐸です。畿内から三河地方にかけて分布してますね。

弥生時代の鉄出土状況を、県別にまとめたのが、下の図です。いずれも福岡県に集中してます。

以上から、明らかに合致してます。


弥生時代の鉄出土状況表①(都道府県別) 
順位弥生時代の鉄刀・鉄剣・鉄矛・鉄 
鉄の刀鉄剣鉄矛
都道府県個数都道府県個数都道府県個数都道府県個数
   1福岡県17福岡県46福岡県7福岡県70
   2鳥取県16京都府44佐賀・山口2京都府48
   3福井県6長崎県23  佐賀県25
   4佐賀県5兵庫県21長崎・長野1長崎県29
   5長崎県5佐賀県18  鳥取県16
   6京都府4群馬県16  兵庫県21
   7山口・広島3千葉県14  群馬県16
         
 奈良県0奈良県1奈良県0奈良県1
*「弥生時代鉄器総覧」(広島大学考古学研究室 川越哲志編、2002年2月刊行)による。

弥生時代の鉄出土状況表②(都道府県別)
順位鉄の鏃
都道府県個数
   1福岡県398
   2熊本県339
   3大分県241
   4京都府112
   5岡山県104
   6宮崎県100
   7山口県97
   
 奈良県4
*「弥生時代鉄器総覧」(広島大学考古学研究室 川越哲志編、2002年2月刊行)による。


7.南方・海洋系の風習である。
海に近接しており、
”現代の倭人は、潜るのが大好きで、魚やハマグリを採っている。”

という記載は現代でも通用しますから、合致してるとみていいでしょう。

8.棺はあるが、槨(かく)はない。埋葬してから盛り土する。
弥生時代の北部九州の墓には、槨がないのが一般的ですから、これも合致してます。

9.真珠・青玉が採れる。
青玉は諸説ありますが「碧(へき)玉」ではないか、ともいわれてます(寺村光晴氏、和洋女子大学名誉教授)。
”ジャスパーとも呼ぶ。不純で不透明な玉髄。多くは酸化鉄によって紅,黄,褐,緑,黒などの色を呈する。硬さは石英よりやや低い。比重は 2.6~2.9で不純物が多いほど重い。色やつやにより次の種類がある。赤碧玉は俗に赤玉といい,象眼 (ぞうがん) 細工に使われ (佐渡の岩首,石川県国府) ,また庭石として珍重される。緑・青色碧玉島根県出雲地方の玉造石 (たまつくりいし) が名高く,歴代玉造りの中心素材であるため特に出雲石とも呼ばれる。”(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

それはそれとして、玉の県別産地は下表のとおりです。
真珠もとれたでしょうから、合致してるとみていいでしょう。

<弥生時代勾玉都府県別出土数>

硬玉製勾玉ガラス製勾玉
都府県個数都府県個数
  1佐賀6福岡18
  2福岡4佐賀1
  3島根・長野1  
(水野祐著「評釈魏志倭人伝」より)




10.丹(硫化水銀)が採れる。
墳墓の内部を赤く塗るのにも使われました。魔よけの意味もあったとされます。
流化水銀は、国内に多くの産地がありますので、合致としていいでしょう。

11.宮殿・楼閣・倉庫(高床式)・城柵がある。
比恵・那珂遺跡で、建物跡と推定される遺構が発掘されてます。柵列も検出されてますので、合致してます。
吉野ヶ里遺跡でも同様の建物跡が発掘されてますね。

<吉野ヶ里遺跡、北内郭の大型建物 >

吉野ヶ里遺跡
(Wikipediaより)

<吉野ヶ里遺跡の柵>
吉野ヶ里、柵 
(筆者撮影)


12.大きな戦いが幾度かあり、多くの戦死者が出た。

防衛機能があった集落ですから、戦いがあったことを推定させます。また近隣にある「隈・西小田(くま・にしおだ)遺跡」(福岡県筑紫野市)からは、殺傷跡のある人骨が多数出土しており、大きな戦いがあったことを示してます(「弥生時代の戦闘戦術」(藤原哲)より)。
吉野ヶ里遺跡の甕棺には、頭骨のない人骨が埋葬されてます。首は切断されてもっていかれたとみられます。
以上から、合致とみていいでしょう。

<吉野ヶ里遺跡、頭骨のない人骨>
吉野ヶ里人骨 

(「Archeologyue 創刊号」(2004年7月28日発行、三重大学人文学部考古学研究室・山中章研究室)より)

以上より、比恵・那珂遺跡周辺遺跡群(奴国(通説)含む)の場合は、魏志倭人伝の記載に、何と100%合致していることが確認できました。


無料メルマガ(まぐまぐ)での配信を開始しました。
↓ 登録はこちらから

http://www.mag2.com/m/0001682368.html

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

奴国は邪馬台国か

>以上より、比恵・那珂遺跡周辺遺跡群(奴国(通説)含む)の場合は、魏志倭人伝の記載に、何と100%合致していることが確認できました。

〇なるほど、説得力がありますね。
 奴国は邪馬台国、問題点は水行10日、陸行30日でしょうか。
 草々

Re: 奴国は邪馬台国か

レインボーさんへ
コメントありがとうございます。

>  奴国は邪馬台国、問題点は水行10日、陸行30日でしょうか。

この点に関しては、かなり前にお話してますので、参照ください。

「邪馬台国までの道程をたどる(9)~「水行10日、陸行1月」の中身はこれだ!!」
https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

同じ九州説でも、筑後地方と考える論者も多いです。
広域地域圏という考え方をとれば筑後地方も入るので、包含されますね。


プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR