FC2ブログ

纏向遺跡は邪馬台国か?(11)~発掘担当者が語る纏向遺跡の真実④

3回にわたり、実際に纏向遺跡を発掘調査された、関川氏(元橿原考古学研究所)の論文を、紹介してきました。その内容は、地元畿内の邪馬台国畿内説ではなく、逆にそれは成り立たない、という刺激的な内容でした。

最後に、纏向遺跡に対して興味深い指摘をしてます。
”纏向遺跡は庄内式から布留式にかけての時代であるが、この時期も、中国王朝と直接交渉の無かった時代とみることができ、卑弥呼の時代よりは後の遺跡とみることができる。”
【解説】
これはどういうことかというと、中国史書には、卑弥呼~壹與のあとの時代の話が全く出てこない、つまりその時代は倭国と中国で交流がなかった時代といえるわけです。一方、纏向遺跡には対外交流の痕跡がないので、纏向遺跡や初期大型古墳は、卑弥呼~ 與の時代のあと、すなわち3世紀終わりから4世紀頃のものだろう、という話です。一考に値する指摘です。

そしてさらに、邪馬台国問題の本質に切り込みます。

”邪馬台国問題は、歴代の中国王朝や中国文化というものに対し、どのように対応してきたのか、という日本古代史の根本にかかわることであるといってよい。邪馬台国問題の本質は、日本の古代史に通底している中国との関係史ということにあろう。”
”中国との通交形態からみると、すでに紀元前108年に、漢の武帝による朝鮮四郡の設置を契機として、楽浪郡を通じて漢王朝との通交が開始されている。、考古学資料では、これ以降、北部九州の首長墓では朝鮮半島遺物に代わり、中国・前漢時代の副葬品が現れる。このように、列島内の倭人の小国家においては、中国王朝の郡県が約400年もの間、朝鮮半島中部付近にまで及んだことの影響は、きわめて大きかった。”
【解説】
当然、邪馬台国卑弥呼の時代の中国王朝との通交も、この流れの中にあるわけです。それが、その後の古墳時代に、全く異なったものになります。

”古墳時代中期、5世紀のいわゆる「倭の五王」時代の段階では、すでに楽浪・帯方郡は消滅しており、朝鮮半島における対中国外交の基点が失われている。このため、これに代わるものとして、おそらく百済を介したであろう中国南朝との限定的な通交に変化している。
このように邪馬台国の外交方式で重要なことは、楽浪郡を介して中国王朝との直接交流を行うという、弥生時代を通じた北部九州の小国家による通交形態の延長上にあることである。
このことは邪馬台国の性格ばかりでなく、その所在地自体においても、これまでの弥生時代北部九州の小国家と基本的に大きく変わるものではない、ということを示しているのではなかろうか。”
【解説】
つまり、弥生時代を通じた中国との通交は北部九州が担っていたのであるから、邪馬台国の時代になっても同様のはずであり、そう考えると、邪馬台国の位置は北部九州となる、ということです。

ここで関川氏は、伊都国との関係にも触れ、
邪馬台国の位置は、伊都国と大きく離れない位置にあると思われ、地理的関係を考えても、北部九州に求めるのが妥当であろう。
【解説】
伊都国は現在の福岡県糸島市付近にあったとされてますので、邪馬台国もその近く、つまり九州北部にあったと考えるべきである、ということです。

このように関川氏は、邪馬台国は北部九州にあったとしてます。

そして「邪馬台国九州」説の最大の難点についても言及してます。
その最大の難点とは、「魏志倭人伝」にある邪馬台国の戸数「七万余戸」です。

”邪馬台国九州説の遺跡に対する異論の主な理由は、邪馬台国の時代の北部九州においては、奴国伊都国をはるかに超える遺跡は認めがたい、ということである。”
【解説】
ここでいう奴国とは、福岡平野に広がる遺跡群のことです。「魏志倭人伝」で、「二万余戸」と記載されてます。伊都国は、糸島市付近で、「千余戸」と記載されてます。邪馬台国は、「七万余戸」ですから、奴国の3倍を超える人口であり、そんな巨大な遺跡は九州にないではないか、というのが異論の根拠です。

これに対して、関川氏は、至極単純明快な反論をしてます。

”北部九州に奴国をはるかに上回る遺跡が見られない、というのであれば、それは、北部九州のみならず、近畿・大和でも同じことであろう。”
【解説】
つまり邪馬台国大和説の人は、人口を論拠に邪馬台国北部九州説を否定するが、大和についても同じことが言えるわけで、まさに「自分のことを棚にあげて」という論法になっているではないか、という反論です。まったくそのとおりですね。

そして最後に、極めて重要な指摘をしてます。それは、
”北部九州の弥生文化と近畿の前期古墳文化との連続性という考古学的事実”
です。

具体的にいうと、
”大和の前期大型古墳では、鏡の多量副葬や平原1号墳でみるような特大鏡の出土、また古墳の石室では朱が多用され、腕輪形石製品が多量出土するなど、中山(平次郎)が指摘した事実が今日に至ってもさらに事例を加えており、その関連性はもはや疑いえない。
”北部九州の弥生文化が、このような近畿の前期古墳文化の中にみられるとなれば、当然、北部九州を代表する邪馬台国の文化も継続しているものとみなくてはならないであろう。
”しかし、このような問題について、これまでに考古学、特に邪馬台国大和説の立場からは、明確な見解はみることはできない。”
”今後は、邪馬台国の地域内の位置問題と共に、邪馬台国からいわゆる大和政権への確立過程が、どのように検証できるのか、ということにかかってこよう。”
【解説】
大和の古墳というと、三角縁神獣鏡をはじめとする大型鏡の副葬が特徴とされ、それらがあたかも大和の専売特許のような捉えられです。ところがその風習は、大和で始まったのではなく、もともとは北部九州の風習だったわけです。そうなると、大和の文化は、北部九州の文化が継承されているとみるべきだ、ということです。

<平原1号墳>
平原遺跡
(Wikipediaより)

平原遺跡女王 
(伊都国歴史博物館「常設展示展図録より)

文化が継承されている、ということは、北部九州が大和に比べて先進的な文化であったことを示してますし、人の移動もあったことになります。

ここで、私のブログや著書を読まれている方の中には、ピンときた方もいらっしゃるのではないでしょうか?。

私はここまで、中国史書や古事記・日本書紀等を読む限り、少なくとも元前後より倭国の中枢は北部九州にあったと考えられると、お話してきました。そして、その権力の中枢は、7世紀終わりから8世紀にかけて、近畿の大和地方へと移動していったと推定しました。これらは、鉄器・銅矛・絹・玉・三種の神器・土器・銅鐸・イネ等、当時の文明といえるもののほとんどが、「西→東」へと移動していることなどからも推定できる、とお話してきました。

関川氏は、「西→東」への権力移動に関して、そこまで具体的には述べてませんが、方向性は一致してるといえましょう。

なお、移動時期については、関川氏の論文中には具体的には記載されてませんが、「倭の五王」の時代、すなわち5世紀から6世紀にかけての時期を示唆してます。

私の推定時期より2世紀ほど遡っており、諸々検証が必要ではありますが、大きな流れとしては同じと考えていいでしょう。

関川氏の名前は以前から聞いていましたが、論文を詳細に読み込んだのは、今回が初めてです。あらためて、奈良の「橿原考古学研究所」にて長年発掘調査に携わってこられた方の考えと、私の考え方が、同じ方向性を向いているとは、大きな驚きであったとともに、心強く思えた次第です。

倭国→日本国  



無料メルマガ(まぐまぐ)での配信を開始しました。
↓ 登録はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001682368.html

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

7,8世紀というと壬申の乱とか古事記日本書紀が書かれたころですが、そんな時代に九州から東遷してきたような記述もないし、あれば当然書かれているはずだと思うが

Re: No title

dedsさん
コメントありがとうございます。

> 7,8世紀というと壬申の乱とか古事記日本書紀が書かれたころですが、そんな時代に九州から東遷してきたような記述もないし、あれば当然書かれているはずだと思うが

この件は以前にお話してあったので、詳細は割愛しました。

旧唐書日本国伝を読む その1 ~ 倭国と日本国が別の国である決定的な証拠!
https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-39.html
を参照ください。

なお私は「東遷」とは一度も言ってません。九州北部の勢力から畿内の勢力に「権力が移動した」と言ってます。念のため・・・。

ただし誤解が生じやすい表現、図になっていたのは事実ですので、いずれ修正したいと思います。


No title

そうすると、神功皇后や仲哀天皇などは九州を成敗しにいったのではなく、中心地の九州に派遣させられ九州の王朝から新羅を打つ命令を受けた派遣軍であったとの考えですか?

Re: No title

dedsさんへ

> そうすると、神功皇后や仲哀天皇などは九州を成敗しにいったのではなく、中心地の九州に派遣させられ九州の王朝から新羅を打つ命令を受けた派遣軍であったとの考えですか?

答えるのには難しい質問です。なぜならその事績はあくまで古事記・日本書紀に記載されたものであり、それがどこまで史実なのかを究明するには、資料が不足しているからです。

「九州」の範囲によりますが、少なくとも九州全域でないことは明らかです。少なくとも博多湾岸に宮(香椎の宮)を構えたのですから、その周辺はもともと味方の勢力範囲です。ただし香椎の宮は、当時の中枢位置(比恵・那珂~筑後)からは外れてます。ではなぜか?、という疑問が湧きます。

そうなると、質問にもあるとおり、「中心地の九州に派遣させられ九州の王朝から新羅を打つ命令を受けた派遣軍であった」との説もありうることになります。
あるいは仲哀天皇は香椎の宮で敵の矢に当たって死んだことから、熊襲とは九州王朝であり、仲哀天皇は九州王朝に殺されたのだ、という推測もできます(「盗まれた神話」古田武彦)。

いずれにしろ、これだけの資料だけでは、これ以上いいようはありません。もう少し他資料を整理して論ずるべきでしょう。いずれこの件は取り上げたいと考えてます。



プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。

最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR