FC2ブログ

沖ノ島祭祀を執り行ったのはだれか?(3)~祭祀の4段階

では4世紀以降の沖ノ島祭祀について、みていきましょう。

”沖ノ島で確認されている祭祀遺跡は図 5 に示すように 23 箇所あるが、すべてが詳しく調査されているわけではない。これらの遺跡は、祭祀の推定年代により次の4段階に分類されている。”

沖ノ島祭祀遺跡位置



沖ノ島祭祀遺跡位置図 
【解説】
沖ノ島は、1平方キロメートルほどの小さな島です。そこに8万点を越える国宝があったのですから、沖ノ島祭祀遺跡は、島全体にわたって広がっていると、以前の私は思ってました。
ところが23箇所の遺跡は、島の一ヵ所に集中しているのです。範囲でいうと、横幅50メートル、縦幅200メートルほどです。もしかしたら他にもあり、まだ発掘されていない可能性もりますが、少なくとも現在わかっている範囲でいえば、想像していたよりかなり、狭い範囲に集中してます。
それだけ濃い遺跡群といえますね。

そして4世紀以降に始まった祭祀ですが、次の4段階に分かれてるとされてます。

①岩上祭祀(4世紀後半~5世紀)
②岩陰祭祀(5世紀後半~7世紀)

③半岩陰・半露天祭祀(7世紀後半~8世紀前半)
④露天祭祀(8世紀~9世紀末)

詳しくは次回以降としますが、こんなイメージです。

沖の島祭祀4段階 
★無料メルマガ(まぐまぐ)での配信を開始しました。
↓ 登録はこちらから

http://www.mag2.com/m/0001682368.html

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR