FC2ブログ

日本神話の源流(29)~「世界神話」のなかの天地創造

前回は、現生人類がアフリカを出る前にもっていた神話があり、それが人類の拡散とともに世界に広がり各地域で発展した、という「世界神話」仮説についてでした。
具体的には、
1.パン・ガイア神話
 アフリカにいた人々が、出アフリカ前にもっていた神話
2.出アフリカ神話
 アフリカを出て、アラビア半島からインドに到達した人々がもっていた神話
3.ゴンドワナ神話
 アラビア半島・インドから東へ向かい、ニューギニア・オーストラリアに到達した人々がもっていた神話
4.ローラシア神話
(1)アラビア半島・インドから東へ向かい、東南アジア~中国~シベリア~北米~南米と到達した人々がもっていた神話
(2)アラビア半島・インドから北へ向かい、中央アジアステップ地帯にと到達した人々がもっていた神話
(3)アラビア半島・インドから北東に向かい、ヨーロッパや、アフリカ北部に到達した人々がもっていた神話
です。
 
このうち、このなかで3番目に古いゴンドワナ神話と、もっとも新しいローラシア神話について、みていきます。

 まずゴンドワナ神話ですが、特徴として、
1.創造神話の欠如(すでに存在する世界に人類が出現するという形が一般的)
2.女性呪術師の欠如

が挙げられてます。

ローラシア神話では、
1.宇宙と世界の起源
2.神々の系譜
3.半神的英雄の時代
4.人類の出現
5.王の系譜の起源
6.世界の終末(と場合によってはそこからの復活)

という一連の連続性がある、としてます。

ゴンドワナ神話では「創造神話が欠如」しているのに対して、ローラシア神話では「宇宙と世界の起源」があり、対照的です。

創造神話というと、聖書を思い出します。聖書においては、この世の初めに存在するものは、神のみです。

"はじめに神は天と地とを創造された。 
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。4 神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。 
神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。"(創世記 1章1-8節(口語訳聖書)、Wikipediaより) 
 
このように聖書では、神が天地を創造します。創造神話があるので、ローラシア神話ということになります。

天地創造


一方、日本の神話はどうでしょうか。古事記を読み下しします。

天地初めて發けし時、高天原に成りし神の名は、天之御中主神、次に高御産巣日神、次に神産巣日神、この三柱の神は、みな獨神と成りまして、身を隱したまひき。
次に国稚く浮ける脂の如くして、海月なす漂えるとき、葦牙の如く萌え騰る物によりて、成りし神の名は宇摩志阿斯訶備比古遲神、次に天之常立神。”

聖書のように、神が天地を創造した、という形にはなってません。天地ができたあとに天之御中主神(あめのなかぬし)高御産巣日神(たかむすび)神産巣日神(かみむすび)の三神が生まれてます。

では、創造神話がないといえるのかというと、そうではありません。

冒頭に「天地が初めて撥けし」とあります。創造神話の欠如を、
すでに存在する世界に人類が出現するという形」
と定義すれば、これにはあてはまりません。
逆にきわめて短い描写ですが、ローラシア神話の条件である「宇宙と世界の起源」が語られています。つまり創造神話があるといえます。

日本書紀では、もう少し詳細に表現されてます。これは次回、とりあげます。

このように見てくると、日本神話はローラシア神話の特徴をもっている、といえます。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR