FC2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実 (20)~神生み⑤ 五行陰陽説

イザナギ・イザナミは、オオゲツヒメを生んだのち、火之夜藝速男神(ヒノヤギハヤヲ)を生みます。

ヒノヤギハヤヲは、古事記では、火之炫毘古神(ヒノカガビコ)・火之迦具土神(ヒノカグツチ;加具土命)と表記されます。また日本書紀では、軻遇突智(カグツチ)、火産霊(ホムスビ)と表記されます。

いずれも、火に関係した名前です。

イザナミは、ヒノヤギハヤヲを出産したとき女陰が焼け、病気になります。病に苦しむイザナミの吐瀉物などから次々と以下の神が生まれます。

金山毘古神(カナヤマビコ)・・イザナミの吐瀉物から生まれる、に関連
金山毘売神(カナヤマビメ)
・・イザナミの吐瀉物から生まれる、に関連

波邇夜須毘古神(ハニヤスビコ)
・・イザナミの大便から生まれる、に関連
波邇夜須毘売神(ハニヤスビメ)
・・イザナミの大便から生まれる、に関連

弥都波能売神(ミツハノメ)
・・イザナミの尿から生まれる、に関連

和久産巣日神(ワクムスヒ)
・・イザナミの尿から生まれる、に関連

以上、ヒノヤギハヤヲからワクムスビまで、7柱の神が生まれますが、
各神に関連するのが、それぞれ火、金、土、水、木です。

ここで何か気づかれた方は、東洋思想にかなり造詣の深い方と推察します。

実はこれが、陰陽五行説と同じなのです。
陰陽五行説とは、
”中国古代の宇宙観,世界観。陰陽説と五行説が結合したもの。陰陽説は宇宙の現象事物を陰と陽との働きによって説明する二元論。五行説は万物の根源を木火土金水の5元素におき,それらの関係,消長によって,宇宙は変化するという自然論的歴史観。天文,暦法,医学などに影響を与え,儒学とともに日本に入り大きな影響を与えた。”(ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典より)

”太極が陰陽に分離し、陰の中で特に冷たい部分が北に移動して水行を生じ、
次いで陽の中で特に熱い部分が南へ移動して火行を生じた。
さらに残った陽気は東に移動し風となって散って木行を生じ、
残った陰気が西に移動して金行を生じた。
そして四方の各行から余った気が中央に集まって土行が生じた。”

以上のとおり、
水→火→木→金→土
の順で、生じたたされています。

さらに
”五行の互いの関係には、「相生」「相剋」「比和」「相乗」「相侮」という性質が付与されている。”(Wikipedia「五行説」より)
とあるとおり、関係性は複雑です。

五行思想



ところで私は、社会人になって長らく中国拳法を習ってます。流派としては、内家拳と呼ばれるもので、そのなかに「形意拳」があります。
動物の動きを型に取り入れているなど、特徴的な拳法です。

その基本となる「五行拳」劈(へき)拳・鑚(さん)拳・蹦(ほう)拳・炮(ぱお)拳・横(おう)拳からなりますが、それぞれ
金、水、木、火、土
と関連付けられてます。
上の図の、相生と同じ順序ですね。

話を戻しますと、ヒノヤギハヤヲからワクムスヒまでは、火山噴火を象徴したものであるとか、焼畑農耕を表したものである、などの説があります。
確かにその可能性もありますが、いずれにしろ中国の陰陽五行説が影響していることは間違いありませんね。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。 



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR