FC2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実 (32)~神生み⑰ 小船越

 
もうひとつアマテル神社については、注目すべき点があります。

アマテル神社のある位置です。
対馬本島は、北部の上島(うえじま)と南部の下島(しもじま)に分かれており、ちょうどその間に位置しています。そして西に深浦、東に小船越浦という浦(入り江)に挟まれており、地名は「小船越」です。

対馬は、古代においては中国大陸や朝鮮半島への行き来の中継点でした。朝鮮半島からやってくる場合は、舟は上島と下島の間の浅茅(あそう)湾に入ってきます。深浦まできたところで一度陸に上がり、舟をかついで歩きます。そして小船越浦に出たところで舟を海に降ろし、そこからまた船に乗り日本列島に向かいました。

ですから地名が「船越」となっているわけです。

その「船越」を見下ろす丘にアマテル神社は立地してます。

ということは、アマテル神社とは、航海をする人々にとっての守り神だったのでしょう。

そしてこの場所を支配する豪族が、アマテルを信仰する海人(天孫)族であり、ホアカリであったという可能性が考えられます。

アマテル神社位置











アマテル神社・古代港跡

西漕手(にしのこいで)は、いかにも古代の港をほうふつとさせる風情です。
そしてアマテル神社は、あっけないほどこじんまりとしてますが、逆に素朴で原初的な風景ともいえますね、。





↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR