FC2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実 (33)~神生み⑱ ツクヨミ 

 三貴神のアマテラスをみてきましたが、次は月読(ツクヨミ)命です。

アマテラスが、左の眼を洗ったときに生まれたのに対して、右の眼を洗ったときに生まれたのがツクヨミです。アマテラスの日に対して、月に対応しているわけですから、アマテラスとセットの神です。

そして支配領域として、古事記では、
アマテラス・・高天原
ツクヨミ・・夜の食国(をすくに、世界)、滄海原(日本書紀一書)
スサノオ・・海原、根の国(日本書紀本文・一書)

となっていることからも、きわめて重要な神といえます。

ツキヨミ系統

ところがです。ツクヨミは、その後ほとんど登場しません。

”日本神話において、ツクヨミは古事記・日本書紀の神話にはあまり登場せず、全般的に活躍に乏しい。わずかに日本書紀・第五段第十一の一書で、穀物の起源として語られるぐらいである。
これはアマテラスとスサノオという対照的な性格を持った神の間に静かなる存在を置くことでバランスをとっているとする説がある。同様の構造は、高皇産霊尊(高御産巣日神・たかみむすび)と神皇産霊神(神産巣日神・かみむすび)に対する天之御中主神(あめのみなかぬし)、火折尊(火遠理命(ほおり)・山幸彦)と火照命(ほでり・海幸彦)に対する火酢芹命(火須勢理命・ほすせり)などにも見られる。”(Wikipedia「ツクヨミ」より)


皇祖神であるアマテラスと乱暴者のスサノオの間の緩衝としての役割を担っている、という解釈です。

ところで、
世界の神話をみると、
太陽、月とその弟ないし妹という組み合わせは比較神話学の分野では、他国の神話にも見られると指摘されている。”(「日本神話の起源」(大林太良)、Wikipedia同上より)
とあるとおり、アマテラス・ツクヨミ・スサノオの組み合わせは、よくみられるパターンです。

一方で、
太陽よりもむしろ数量的に月の神話のほうが多く、昔から、月に対する人々の関心が高い。”
との指摘もあります。
その理由として、
”月は太陽に比較して変化のサイクルが明確で、記紀神話でツクヨミ神が海の神でもあるように、海潮の干満とも、またその周期が女性の生理とも類洞し、暦や農耕・漁労活動とも関連性をもち、人間生活と深く結びついている。
と述べられています(「世界神話事典 創成神話と英雄伝説」(伊藤清司ほか)P430より)。

ようは、月は人間生活に深く結びついていることから、太陽より月の神話のほうが多い、ということです。

このようにみてくるとやはり、ツクヨミの登場がほとんどないのは、違和感を感じます。

ではなぜツクヨミは、古事記・日本書紀では、ほとんど触れられていないのでしょうか?

可能性のひとつとしては、もともとはツクヨミの神話があったのだが、何かの都合で削除した、あるいは伝わらなかったのではないか、というのが考えられます。

「何かの都合」とは、「伝えると都合の悪いことになるから」ということですが、どういうことでしょうか?

私のブログや著書をお読みいただいている方にはピンときたと思います。

そうです。「九州王朝」の人々が信仰していたからではないか、という疑いです。

古事記・日本書紀は、ヤマト王権の歴史書です。そこでは「九州王朝はなかった」ことになってます。そうであれば、九州王朝にまつわる話はすべてカットされたはずです。

あるいは、九州王朝が滅亡して、九州王朝にかかわる信仰も消えてしまった、という解釈もできます。

これは、前回までみてきたホアカリも同様です。ホアカリもアマテラス系の本流でありながら、記紀にはその後全く登場しません。これも、ホアカリの伝承をカットしなくてはならない事情があったのではないか、という疑いがあります。

次回さらにみていきましょう。

↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!




最後まで読んでくださり最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 

スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR