FC2ブログ

旧唐書日本国伝を読む その1 ~ 倭国と日本国が別の国である決定的な証拠!

前回は、旧唐書倭国伝を見ました。今回は、それと対比の関係となっている旧唐書日本国伝を見ていきます。

【現代訳】
日本国倭国の別種である。その国が太陽の昇るかなたにあるので、日本という名をつけたのである。あるいは、
「倭国では、倭国という名が雅美でないことを彼ら自身がいやがって、そこで日本と改めたのだ。」
とも言われるし、また
日本は、古くは小国であったが、その後倭国の地を併合した。」
とも言われる。
日本人で唐に入朝した者の多くは、自分たちの国土が広いと自慢するが、信用のおける事実を挙げて質問に答えようとはしない。だから中国では、彼らの言うことがどこまで真実を伝えているのか疑わしい、と思っている。また
「その国境は、東西・南北数千里、西界と南界はいずれも大海に達し、東界と北界にはそれぞれ大きな山があって境界をつくっている。その向こう側が、毛深い人の住む国なのである。」
とも言う。
【解説】
前回に続き、今回も冒頭に衝撃的な文章が出てきます。
「日本国は、倭国の別種である。」
と。
ここでは、日本国倭国は明らかに別の国であり、かつ倭国を中心として位置づけています。
そして、日本国の名前の由来として、
「日の出の場所、つまり東にあるから」
あるいは
「倭国の名前が雅びやかでないから」
と、二つの理由を挙げています。
そして、歴史的経緯として、
「日本は昔、小国だったが、倭国を併合した」
としています。
これはどういうことでしょうか?。
素直に読めば、「もともと倭国という国があり、そのなかのひとつの小国であった国が、倭国を支配した、つまり政権交代が起こり、国名を日本国と改名した。」
ということでしょう。

ここで、これまでこのブログを読まれている方はピンとくると思います。
つまり、もともと
「倭国=九州王朝」
であり、それが
「日本国=畿内(大和朝廷)」
にとって変わられたということです。
なお、読みようによっては、
「もともと倭国という国があり、日本国に改名した。それを小国が支配した。」
とも解釈できますが、全体の流れとしては大同小異でしょう。

いずれにせよ、前回、倭国の記載が以後史書に出てこなくなる、とお話ししましたが、その理由がおわかりになるかと思います。ようするに、倭国が消滅した、ということです。

面白いのは、日本国の人が、自惚れが強く不誠実な態度だったので、疑いをもった、と記載していることです。今まで倭国の人に対して、このような表現をしたことはありませんでした。
ここからも、倭国と日本国が別の国であることがわかります。

倭国から日本国への変遷を地図で表すと、こんなイメージです。

<前>倭国
倭国領域 (2) 

<後>倭国から日本国へ
倭国から日本国へ

★当ブログをメールで読むことができます。左欄で読者登録してくだされば、更新するたびにメールを送信いたします。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


日本史 ブログランキングへ








スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

日本は関東

正統竹内文書が祭祀王と統治王がいたと言ってます。
九州と出雲にいたそうですが、
言ってる場所と地位は実はまったく違うのではと考えます。
祭祀王は大和にいて倭王は物部氏、
統治王は北関東にいて日本王は天皇家
蘇我氏が物部氏を滅ぼすというのがまさに政権交代なのかなと。
厩戸皇子なんていかにも騎馬民族とつながる名だし
騎馬民族征服説もすんなり当てはまる。
古墳の副葬品の東西差も説明出来そう。

Re: 日本は関東

さららさんへ
コメントありがとうございます。
竹内文書については、内容を把握してないので、何とも言えませんが、当時の日本全体には、九州王朝のみならず、畿内王朝の他、関東、東北にも、王朝とも呼べるべき巨大勢力があったと考えています。
いずれ、取り上げたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

匿名希望さま
「日木国」という国名?ですが、その出典は何でしょうか?。それがわからないと、コメントのしようがないので。教えてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

日本

日本ってどうも蝦夷地を指す言葉のようですね。
倭国の東にあった日本国は岩手辺りにあった小国なのかも。
その日本国はもとは神武に敗れて大和を逃れたものの国なのだとか。
すべてを素直に先入観なしで読むと旧唐書にいう日本国の日本とは蝦夷地を指す日本ですので日本国は蝦夷にあったとするのが妥当。
近畿に日本はあるはずもなく。
日本といえば蝦夷どうも豊臣秀吉の時代ですらそうであった昔の常識。
倭国は蝦夷にあった日本国に呑まれたそして彼らは先祖の地大和に帰ってきた。日本国の王は藤原不比等。
鎌足が茨城の鹿島生まれという説もこの辺りも当時日本国の領域となってた可能性があることを考えると納得がいく。

Re: 日本

さるさんへ
コメントありがとうございます。

> 日本ってどうも蝦夷地を指す言葉のようですね。
> 倭国の東にあった日本国は岩手辺りにあった小国なのかも。
> その日本国はもとは神武に敗れて大和を逃れたものの国なのだとか。
> すべてを素直に先入観なしで読むと旧唐書にいう日本国の日本とは蝦夷地を指す日本ですので日本国は蝦夷にあったとするのが妥当。
> 近畿に日本はあるはずもなく。

日高見国あたりの話でしょうか? 日高見国については、いまのところ何ともいえませんが、東北地方に大きな勢力があったのは間違いないでしょう。
ただし私は倭国の中心は北部九州との立場なので、中国史書でいう日本は畿内を指すと考えてます。

> 日本といえば蝦夷どうも豊臣秀吉の時代ですらそうであった昔の常識。
> 倭国は蝦夷にあった日本国に呑まれたそして彼らは先祖の地大和に帰ってきた。日本国の王は藤原不比等。
> 鎌足が茨城の鹿島生まれという説もこの辺りも当時日本国の領域となってた可能性があることを考えると納得がいく。

どなたの説でしょうか? 出典を教示ください。

日本

お返事ありがとうございます。
私も倭国の中心は北部九州だと思ってます。

蝦夷は日本(ひのもと)は
https://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/series/37/pdf/kokugo_series_037_05.pdf#search='%E6%97%A5%E3%83%8E%E6%9C%AC+%E6%97%A5%E9%AB%98%E8%A6%8B+%E6%9D%B1%E3%81%AE%E6%84%8F%E5%91%B3'

旧唐書に出てくる日本は「ひのもと」として日本の意味を紹介していると思われます。
なので大和は倭国の領域です。
日本国はもっと東の東北にあったと。
倭王武のころが倭国最盛期で日本国は北に追いやられたと見ています。
倭国から国号が日本にということは国が倒れて新国家樹立その中心が藤原不比等。
天皇家と大王家は別という考えです。
平群、大伴、物部、蘇我は倭国の歴代大王家というふうに今の時点で見てます。
まだまだ勉強中の身でいろんな人の意見を吸収中です。


Re: 日本

さるさん

> 旧唐書に出てくる日本は「ひのもと」として日本の意味を紹介していると思われます。
> なので大和は倭国の領域です。
> 日本国はもっと東の東北にあったと。
> 倭王武のころが倭国最盛期で日本国は北に追いやられたと見ています。
> 倭国から国号が日本にということは国が倒れて新国家樹立その中心が藤原不比等。
> 天皇家と大王家は別という考えです。
> 平群、大伴、物部、蘇我は倭国の歴代大王家というふうに今の時点で見てます。
> まだまだ勉強中の身でいろんな人の意見を吸収中です。

倭国の中心は北部九州ということは共有できてるようです。
ただしさるさんは、日本国を東北すなわち蝦夷とみてます。

そうなると、蝦夷が倭国を吸収したことになり、その後の日本は蝦夷中心の国という
ことになります。

ところが日本書記では、蝦夷の国を朝廷に反抗する文明の遅れた民族のように描いてます。
蝦夷が倭国を吸収したなら、もっと蝦夷を英雄視する表現にするはずです。

そもそもなぜ蝦夷が倭国を吸収したことをはっきり記載しないのか、不明です。

面白い発想ですが、こうしたことの説明がつかないと思われます。




日本

お返事ありがとうございます。
蝦夷に日本国に関して単純に考えてるだけですね。
日高見国とは日本国のことであったと。
日本と日高見は実は同じことを差す。これも単純な話。
倭国の東に日本国があったと旧唐書はいう。
そして昔の人は蝦夷が日本であったと認識してる。
これも単純に考えています。
難しく考えなければ答えはすでに出てると思います。
蝦夷を差す日本が突然8世紀にこの国を指す日本に代わる。
そして決して「ひのもと」と読ませずやまとと読ませのちににほんと読ませる。「日の本」書いてもやまとと読ませる。
どんなにないと思いたくても答えは単純明快。
日高見国として知ってる国が倭国を倒したと単純に考えるしかないという結論です。それが日本国の正体なのだろうと。
ホームズ的思考ですかね。ないと思ってもそこにしか行かないならそれが答え。
倭国のそばに日本はあったでもそこは思いもしない東北だった。

倭国

各地の神社伝承によれば、九州を西倭国、中国地方・四国を東倭国、近畿〜関東をヒノモト(日本)と呼んでたそうです。※兵庫と京都の県境が東倭国とヒノモトの境界線です。
出雲神話の時代(1世紀前半頃)、西倭の首都が日向に、東倭の首都が出雲に、両倭国連合の首都が大分県北部に、ヒノモトの首都が奈良に有りました。宇佐神宮が八幡神社の総本山なのはその為です。
詳しくは、小椋一葉著「消された覇王―伝承が語るスサノオとニギハヤヒ (伝承が語る古代史 1)」(1988)、をご参照下さい。

倭国の本来の語源は輪国(ワノクニ)、つまり瀬戸内海をグルッと囲うように出来た集合体という意味です。
プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。
著書です。



最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
amazon business
おすすめの本
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR