fc2ブログ

古事記・日本書紀のなかの史実Ⅱ (7) 国譲り⑦ タケミナカタ

 タケミカヅチに対して、コトシロヌシは服従して隠れてしまいました。

タケミカヅチが「コトシロヌシは承知したが、他に意見を言う子はいるか」とオオクニヌシに訊ねると、オオクニヌシはもう一人の息子の建御名方神(タケミナカタ)にも訊くよう言った。その時、タケミナカタが千引石(ちびきのいわ)を手の先で持ち上げながらやって来て、「ここでひそひそ話すのは誰だ。それならば力競べをしようではないか」とタケミナカタの手を掴んだ。
タケミナカタは手をつららに変えて、さらに剣に変化させた。逆にタケミカヅチがタケミナカタの手を掴むと、若い葦を摘むように握りつぶして放り投げたので、タケミナカタは逃げ出した。

タケミカヅチはタケミナカタを追いかけ、科野国の州羽の海まで追い詰めて殺そうとした。すると、タケミナカタは「恐れ入りました。どうか殺さないでください。この土地以外のほかの場所には行きません。私の父・オオクニヌシや、コトシロヌシの言葉には背きません。天津神の御子の仰せの通りに、この葦原中国を譲ります」と言い、タケミカヅチに降参した。】

次の登場した神が、オオクニヌシの息子のタケミナカタです。タケミカヅチと力比べをして、タケミカヅチが勝利します。タケミナカタは、信州の諏訪湖まで逃げますが、ついに降参します。
ではなぜタケミナカタは、諏訪まで逃げたのでしょうか?
出雲からみて随分と遠く、出雲とは関係のない場所のように思えます。

ここで興味深い話があります。以前、オオクニヌシの妻問いの段で、越の国のヌナカハヒメを訪ね結ばれる話がありました。ここでヌナカハヒメですが、
”新潟県糸魚川市に残る伝承では、オオクニヌシのとヌナカハヒメとの間に生まれた子が建御名方(タケミナカタ)神で、姫川をさかのぼって諏訪に入り、諏訪大社の祭神になったという。また諏訪でもタケミナカタの母をヌナカハヒメとする。『先代旧事本紀』でもタケミナカタはヌナカハヒメの子となっている。

十日町市犬伏の松苧神社の縁起には、ヌナカハヒメが松と苧(カラムシ)を携えて南方からこの神社まで逃亡してきたことが伝えられている。
また、長野県にもヌナカハヒメを祭る神社があり、姫の乗っていた鹿のものとされる馬蹄石がのこされている。
諏訪大社の下社にも八坂刀売(ヤサカトメ)神やタケミナカタと共に祀られ、子宝・安産の神として信仰されている。

『万葉集』に詠まれた
渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜(あたら)しき君が 老ゆらく惜(を)しも」(巻十三 三二四七 作者未詳)
の歌において、「渟名河」は現在の姫川で、その名は奴奈川姫に由来し、「底なる玉」はヒスイ(翡翠)を指していると考えられ、沼河比売はこの地のヒスイを支配する祭祀女王であるとみられる。天沼矛の名に見られるように古語の「ぬ」には宝玉の意味があり、「ぬなかわ」とは「玉の川」となる。”(Wikipedia「
沼河比売」より)

ヌナカワヒメ

ヌナカワヒメは、新潟県糸魚川市の姫川流域を治めた女王であったようです。糸魚川といえば日本屈指のヒスイの産地ですから、ヒスイの女王であったともいえます。伝承では、その子がタケミナカタです。

そうであるなら、なぜ出雲での闘いに敗れたタケミナカタが、はるばる諏訪まで逃げてきたのかが理解できます。日本海を海流に乗って北上すれば、母の実家のあった越の国につきます。そこから姫川を遡上すれば、諏訪方面までたどり着けます。
糸魚川静岡構造線に沿ったルートで、比較的平坦な地勢です。古代から重要な交通ルートであり、人の行き来がありましたから、俄然リアリティのある話になりますね。

タケミナカタ逃亡ルート

姫川~諏訪
もうひとつ注目すべき話があります。
”『古事記』と『旧事本紀』では征服される神として描かれるタケミナカタは、諏訪地方に伝わる伝承では現地の神々を征服する神として登場する。
いわゆる明神入諏神話を記録した現存する最古の文献は、宝治3年(1249年)に上社大祝(おおほうり)の諏訪信重から鎌倉幕府に提出されたといわれている『諏訪信重解状』(『大祝信重解状』、『大祝信重申状』とも)である。これによると、神宝(鏡・鈴・唐鞍・轡)を持参して守屋山に天降った諏訪明神は、もともと諏訪にいた「守屋大臣」(守矢氏の遠祖とされる洩矢神、ミジャグジと同一視される)と争論・合戦・力競べをして、その領地を手に入れた。(Wikipedia「タケミナカタ」より)

洩矢神とは、
諏訪大社に祀られている建御名方神(諏訪明神)の諏訪入りに抵抗した土着神とされ、のちに服従し、諏訪上社の神官の一つである神長官を務めてきた守矢氏の始祖となったという。一説によると当初は現在の静岡県方面から入植した部族と言われている。
守矢氏が祀るミシャグジと同一視されることもあり、山の神や氏神として信仰されたこともある。”(Wikipedia「洩矢神」より)

ちなみに現神官は、第78代の守矢早苗氏です。神話の世界の洩矢神が今も守矢氏としてつながり、諏訪大社の神官を務めているとは、なんとも悠久の歴史を感じさせますね。

なおミシャグジとは、”中部地方を中心に関東・近畿地方の一部に広がる民間信仰(ミシャグジ信仰)で祀られる神(精霊)である。長野県にある諏訪地域はその震源地とされており、実際には諏訪大社の信仰(諏訪信仰)に関わっていると考えられる。全国各地にある霊石を神体として祀る石神信仰や、塞の神・道祖神信仰と関連があるとも考えられる。”(Wikipeda「ミシャグジ」より)

諏訪大社

守矢氏邸
↓ 新著です。よろしくお願い申し上げます!!

スライド1

https://amzn.to/4b4OkEZ


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
↓なるほどと思ったら、クリックくださると幸いです。皆様の応援が、励みになります。  


 
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ 
にほんブログ村 


スポンサーサイト



テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

青松光晴

Author:青松光晴
古代史研究家。理工系出身のビジネスマンとして一般企業に勤務する傍ら、古代史に関する情報を多方面から収集、独自の科学的アプローチにて、古代史の謎を解明中。特技は中国拳法。その他、現在はまっている趣味は、ハーブを栽培して料理をつくることです。

拙著です!
---
最新記事
最新コメント
読者登録
メールで更新情報をお知らせしますので、こちらに登録ください。
メルマガ購読・解除
図とデータで解き明かす日本古代史の謎
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
ブロとも一覧

アアト日曜画家

魏志倭人伝その他諸々をひもといて卑弥呼の都へたどりつこう

☆☆ まり姫のあれこれ見聞録 ☆☆&

中国通史で辿る名言・故事探訪

幕末多摩・ひがしやまと

客船の旅

黒田裕樹の歴史講座

しばやんの日々

Paradise of the Wild bird…野鳥の楽園…
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR